しなのさかいの駅前広場

ユートピアもモーターなしのままでしょうね

KATO 2019年1月分ポスターを見て愕然とする。

こんにちは。しなのさかいです。


これまで当ブログでは、メーカー各社が普段アナウンスする新製品情報には一喜一憂することなく淡々と過ごしてきました。
しかしながら、今回のカトーの発表は、ある意味で「事件性」を帯びていましたので、この段階でメモすることにします。
木曜日の発表後から見ていると、他のユーザーの方々の反応も似たようなものであり、「まさかこれだけじゃないでしょ?」という反応の後に「ここまで変わってしまったのか」といった絶望感で満たされる様子は、ほぼ共通。

では、その内容をあらためて確認しておきましょう。





JR九州の黒いDE10、ただそれだけ(笑)
「1月分」となっていますので、既に生産予定表にある1月分に追加された形となりましたが、“例月の発表分”が塗り替えアイテム1つだけということはここ10年くらいの間で記憶にありません。
90年代から2000年代にかけて続いてきた「上半期」「下半期」だけのポスターの時代に戻ったか、あるいはその頃よりもひどい有様です。

しかもこれ、12月と1月に分納されるらしい「ななつ星」を購入したユーザー向けの「参加賞」的アイテムというべきで、一般的には、その豪華列車を買わない限り、手を伸ばすことにはならないでしょう。


おそらく「ななつ星」は12月の年末特需が爆発的に膨らむだけで、年を越したら一気にその需要がしぼむのではないかと思います。
つまり、その後は小売店を主とした流通段階で長期在庫化するのです。
“黒いDE10”は、そうした不良在庫を動かすための起爆剤として、しばらく時間を置いてから市場に流せばいいわけで、なんならば、お得意の「鉄道模型コンテスト」の会場販売分として、来夏にでも企画すればよかったのではないでしょうか。
2両セットなどとせず、1両単位で販売すれば価格的にも手にしやすい限定アイテムになったと思います。

どうして塗り替えの1アイテムだけ、それも正真正銘の「入替機」を、という事態になってしまったのか。
発売されている「カタログ2018」のp122~123を眺めていると、モヤ-ッと見えてくるようです。

いずれにしても、ユーザーが小売店に行かなくなる傾向は一段と強まりそう。
市場規模の維持を全てカトーの責任にしてしまうのは暴論なれど、これまでの立ち位置からすれば大きい割合でその責任は持っているといえましょう。
ここんとこの新製品のラインナップに以前のような相互関連性が見られないことを危惧し続けてきましたけど、「発表できるニューアイテムはこれだけです」という事態はもっと深刻です。
パトレイバーとかパンダとかを企画している場合ではありませんよね、間違いなく。


トミーテックが「鉄道コレクション」だらけとなり、
グリーンマックスが中途半端な自称「完成品」だらけとなり、
マイクロエースが価格の高騰による“改良品”だらけとなっている中で、
カトーがこういうことになっています。


ではまた。

スポンサーサイト



  1. 2018/09/08(土) 12:00:00|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6