しなのさかいの駅前広場

ご無沙汰しています

素材として楽しむKATO「地上駅舎」

おはようございます。しなのさかいです。




「竹」をしっかりと作ってみたいなぁと考えて撮った画像です。
そのうち製作方法を考えてみましょうか…



前回に少しばかり触れた、カトーの「地上駅舎」をどうにかするお話の、その続きです。

先日、丸1日を趣味の時間に当てることができましたので、プラ材を駅舎に貼り付けいく作業をサクサクと進めることができました。





地上駅舎があやしい倉庫に変身?

1㎜厚のプラ板で外壁を貼り直してみました。
建物の高さはグリーンマックスの「プラント工場」(のジャンクパーツ)を参考としてみたので、そんなに破綻はないと思います。

採光ガラスはカトーの「デニーズ」のもので、何故かこちらもジャンクパーツを持っていましたのでそれを流用。
ずいぶん前の「カントリーエレベーター」の製作でも使っていまして、そのときの残りものです。

正面のシャッターはエバーグリーンのスジ彫り付きの板の端材を使っていて、その上部の巻き上げ部分、それから左右のガイドレール部分も同様にエバーグリーンの端材を使いました。

どんだけ端材があるんだよっていうことですよ(^^)

建物の中には4.8㎜の(これまたエバーグリーンの)角棒を骨組みにして、裾や角の柱などに接着しています。
自作ストラクチャーで気をつけていることは「歪み」ですから。

角のエッジの出し方にも気をつけて、削りすぎて直線が弓状にならないように。





で、この週末は天気も良かったので、一気に塗装も終えてしまったんですねー。

本体はクリーム10号、シャッターはタミヤの適当なミディアムグレー(忘れました)、屋根は青22号です。

青22号を塗装に使ったのは、確か30年くらい前。
グリーンマックスの201系の板キットに吹いてみたとき以来かと。
クレオスのスカイブルーでも良かったんですけど、鉄道カラーはほぼつや消し仕上げですから何かと都合が良いのです。





側面、つまりレイアウト上に置いたときに自分の正面に位置する面には、アクセントとなる小窓とドアを備えました。
小さい二つの窓は、やはり「デニーズ」のやつで、正面の窓との統一感を求めてのことです。

ドアはプラ板で適当に。
ちなみにドアのノブは1ミリのドリルで穴を開けて、プラ棒を突っ込んで接着剤を流し込んで余分なところを切り飛ばしておしまい…という簡素な作り方です。

先ほどの塗装前の画像には付いていませんでしたが、建物の裾にはエバーグリーンの帯材を接着しておきましたので、少しだけ見栄えが変化しています。
この裾をグレーに塗装しても良かったんですけど、同じ色に塗装しちゃっている建物も多いですから。





正面から見てみました。

ストラクチャーの自作にあたっては、輪郭などに直線を出すことができるかどうかで完成度の半分くらいが決まると思います。

サーフェイサーで下地を作っておいたので、クリーム10号は難なく乗ってくれました。
屋根も含めて念のためにクレオスのスーパークリア・つや消しを吹いて。
ウェザリングまでやっちまいたいところですけど、そこはレイアウト全体を見ながらということにしましょう。
やり過ぎが怖いのです。

あ、それから基礎部分もプラ板の自作で、カラーはタミヤのAS-16ライトグレイです。
この色は乾いたコンクリートの色にイイかなということで、ローカルホームの側壁などに使っていることは以前にもお話していました。
4.8㎜の角棒を四角く接着して、上に乗せた倉庫の位置がズレないようにしています。





レイアウトの地面を基礎部分の寸法どおりにくり抜いて、基礎部分がきれいに収まるようにしました。

「使われているかどうか疑わしい倉庫」という設定なんで、正面には雑草が生えまくりということにしています(そういう場所に後から倉庫などを置くからそうなるだけのコトでして)。

娘たちに見せたら「中でヤバそうな取引をやってそう」と仰るので、まぁまぁ狙い通りのようです。





電化されている山岳モジュール(右側)から、非電化の直接モジュール(左側)へ視線を移すときの「区切り」として、線路の前にこの程度の障害物を置く、という狙いもありました。
倉庫の周りにはもう少し木(低い落葉樹?)を生やしてみましょうか。
それにしてもこの倉庫はキレイ過ぎます。



⬜︎ ⬜︎ ⬜︎





久しぶりに、レイアウト上に少し目立つストラクチャーを増やしました。
2020年にも草原の中の廃事務所を製作しましたが、あれはとにかく小さなものでしたから。

ジオコレの「倉庫B」もなかなかの出来で、そちらを買ってきてドンと置いちゃうことも考えたんですけど、どうしても大きさが持て余し気味だったんです。

で、出した結論は「そんなら自分で作るか」。

とはいえ、特に屋根については何らかのステップ、流用ネタがある方が楽だと思い、この「地上駅舎」の存在を素材として思い出した…というワケでした。

こう見ると、自然ばかりの景色の中に視線の置き場としてちょうど良いようです。





ここまでやって思い出すのは、黎明期のトミックスのカタログ。
メーカー自身が(?)「橋上駅舎」や「木造駅舎」をフル活用して、さまざまな用途の建物として演じさせていました。

「なければ作る」ということなのでしょうか、大胆に切断されてから連結されたらしき木造駅舎などには「へぇー」としか言いようがなく、どんなモノにも可能性はあるのだなぁと感心したものです。

今回の改造でこの頃の気持ちを思い出したような気もして、滅入っていた気分が少し持ち直しました。
脳内は早速次のストラクチャーへと移行しています。





(おまけコーナー)



この1980年版には、今話題のアイツが載っているんですよ。
品番2002は買いましたね。

「シゴゴ」は元々トミックスの公約だったとはいえ、復活蒸気なんかに着目していないで、さっさとカトーにやってもらいたかったネタでした。


ではまた。


スポンサーサイト



  1. 2022/05/25(水) 09:00:00|
  2. 鉄道模型(レイアウト)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

静岡には行きませんでした

おはようございます。しなのさかいです。




静岡ホビーショーの賑わいぶりをネット上で確認しながら近所の公園を散策していたこの週末でした。


仲間うちでは「数年ぶりに行ってみようか」という声も上がったんですけど、高額の旅費を投じてまで見に行く対象が見当たらなくなったし、それよりも、最近の各社の発表内容から担当さんに聞いてみたいことも浮かばなくて。

ていうか、数年前から“立っているだけ”の担当さんが多くなっていましたから。
「余計なことはしゃべるな」ってクギを刺されているのかな。
出展者と来場者が互いにアイデアを確認したりすることができる貴重な場ではないかと思っていたんですけど。

様々な方のレポートを拝見して(本当にありがとうございます)、やはり当方にとっては概ねそんな内容だったのかなぁと思ったり、思わなかったり。
難しいですね。


イベントは復活する傾向が見えてきましたから、今年の夏は近場で開催されれば、もう少し前向きに考えてみるつもりです。






今回は、静岡には行かなかったけれど、地味に「レイアウト工事を少し進めたよ」というお話。
さらに濃緑色の木を増やしながら、生えている位置を整えて、全体的に再チェックしてみました。


当方が作る木の形には否定的な見方が多いだろうと想像していますが、以前にも申したとおり、ホコリを被ったときの耐久性(掃除機で吸い取れるとか、スポンジ粒がポロポロ落ちないとか)を最優先で考えた結果なんです。

それと、大量に、かつ密集させて植えればそれなりに見えるでしょうということです(ムリかな)。





それから。
この手前、直線モジュールの始まりの部分には、以前から空き地があります。

「空き地」は、レイアウトの中ではとても大事で、建物ばかりで埋め尽くすよりも結果としては効果が大きいと考えています。
何かを語る空き地、ということになりましょうか。

しかしながら、当方のレイアウトでは木を増やしたこともあり、建物の屋根をアクセントとして使うこともアリかと考え直しました。

面積を考えると、こんなモノがちょうど良さそうです…





カトーの23-210「地上駅舎」。
昭和の時代から続く超ロングセラー商品であることは言うに及ばず。
カメラ屋での価格であることを前提としても、今どき583円で手に入る駅舎…という事実は素晴らしい。
ジオコレでもこうは行かないでしょう。

これを使うこととしました。





土台を外して建屋部分だけを置いてみると、おおよそ良さそうなのです。

線路の手前にストラクチャーを置く場合は、線路、つまり列車が見えにくくなることを覚悟、熟考しなければなりませんね。

特に、視線が真横からとなるか、斜め上からとしてもどのくらいの高さからの視線となるかを考えて、線路際からストラクチャーを離す距離を決める必要があります。





表面の凸凹を平滑にして、サクサクとプラ板を貼り始めました。

駅のまま使うことなど最初から全く考えておりませんで、ココは北海道っぽい原野なので、何らかの用途の倉庫を置いてみます(またです)。
未活用の土地がたくさんあるのに、わざわざ線路際に民家を置くというのは少々説得力がありませんし。

もう後戻りはできませんけど、なんてったって素材が583円ですから(笑)
上手くまとまれば、続編をやらせていただきます。





こんな小細工も始めています。
“モナカ”のときから久しぶりに。
分かる人には分かるはず。
それでいいんです。







(おまけコーナー)

「583円」という金額で思い出しました。
ちょうど583系の自由研究をしていたところなんです。

御存知のとおり、この形式には「クハネ581」と「クハネ583」という二つの先頭車が存在した訳ですが、当然ながら国鉄時代にはどちらにもJNRマークが掲げられていました。
その位置は「結局どちらも同じだったのでは…」という研究です。





カトーのクハネ583です。
この位置で正解だと思います。
クハネ581とはそもそも青い帯の描かれ方(位置)が違うようですから、帯との相対関係でマークの位置を決めてはいけないのではと。

クハネ581を含む12連については、次の再生産があれば手に入れてみようと企てでいます。



ではまた。

  1. 2022/05/17(火) 09:30:00|
  2. 鉄道模型(レイアウト)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

KATO 20系寝台特急「あさかぜ」(初期編成)

おはようございます。しなのさかいです。




GW後半の関東平野は比較的さわやかな空気に覆われたようで、隣町にある公営公園はいわゆる「自然観察型」であるからなのか、来場者がとても少なく見えました。

芝生の上にシートを敷いてのんびりと過ごすことができてしまい、渋滞情報とは無縁な、時間を使う上ではなんだか得した気分になりましたね。

テントの類も一切設営が禁止されているようで、見回りの人が注意している場面もチラホラ。
流行りのアウトドアスタイルを実践できない点も来場者が少ない理由の一つなのかもしれません。

こーゆーところ、わざわざ遠くに行かなくても、意外と至近距離にあるものなのです。





久しぶりにレイアウトの上で列車を走らせた、という、ごく普通の話題になりますので御容赦ください。

今回の主役となる列車は、先月末にカトーから発売されたEF60 500、EF61(茶)、そして20系「あさかぜ」(初期編成)。
予約していたので、迷うことなく早々にお店から持ち帰っていたのでした。

ポスター発表時に概ね企画化を歓迎していたところで、持ち帰ってみた後の感想も満足できるレベルだったところは大事。
品質としての「ハズレ」はまずないカトーの電気機関車、そして20系客車ですから。
ギャンブル性のない買い物、最近少なくなりました。





今回の20系「あさかぜ」は1963(昭和38)年頃の編成とされていて、「走るホテル」と持ち上げられてから約5年の時間が経過した、少し変化を経た姿となります。

ビジネスマンの出張旅費の都合から連結されていた3等座席車(ナハフ20とナハ20)が編成端に見られる列車…という点が、旧型客車による長距離優等列車の名残り。
座席車の寝台車化改造は1964(昭和39)年からとなります。

ナハフ20とナハ20はファンから敬遠される傾向もあるようですけど、当方は小窓が並んだブルーの客車が大好物です。





そのナハフ20とナハ20は、今回の製品のために新しい金型が起こされたようで、非常口が落下式から外開き式に改められたボディとなりました。
1960(昭和35)年に20系に置き換えられた「はやぶさ」用の新製客車から外開き式に改められ、先行していた「あさかぜ」用の客車にも同様の改造が施されたんだそうです。

「落下式」と言っても、車両の内側(通路側)に落ちるというものだったそうですので、割れるようなリスクはあまりなかったのかナ。





念のため、過去のカトー製ナハフ20を見ておきましょうか。

一番下が10-368「20系 初期『あさかぜ』」のナハフ20。
真ん中が10-367「20系〈さくら〉」のナハフ20で、2010年頃に改修されたボディ。
一番上が10-1518「20系『ゆうづる・はくつる』」のナハフ20。

上の二つはボディが同じもののようで、洗面所寄りの窓をよく見ると外開き式の非常口となっています。
今回の「あさかぜ」は落下式からの改造によるものなので、新製時に設けられたこれらのナハフ20とは扉の位置が違う…ということなのでしょうね。
車番もそれを示唆しています(一番上が5、真ん中が53)。

初期「あさかぜ」のナハフ20は外観からでは見分けがつかないので、これこそが落下式のボディと言って良いようです。

それから、初期「あさかぜ」に含まれていたマニ20は全長17m・3t積みという小柄な電源荷物車だったので、東京から輸送する新聞の量が増えると5t積みのカニ21という新形式が必要となりました。
寝台特急に別の使命が備わり、それが本格化した時代を振り返ることもアリですね。





茶色いEF61から、青いEF60 500へ牽引機交代。

どちらも安定した品質により安心して買えるカトーの電気機関車ではありますが、ヘッドマークをランナーから切り離すときのゲート跡が上手く処理できません。
どうも、切り離したランナーがヘッドマークの周りの(厚い)塗膜まで余計に連れて行ってしまうようなのです。

それ故に今回もGMカラーの白3号でタッチアップしました。
丸い輪郭は成形処理のみで成立するようにしてもらえると助かりますね。





EF65 500のようで、でもよく見るとライトが1灯で「あれ、60じゃん」と気づく。
この違和感が楽しい。

パンタグラフ付のカニ22が入った「さくら」ととも1999年に製品化されたカトーのEF60も、ついに適正なサイズに補正されました。
2008年のEF65のフルリニューアルに遅れること約15年。



⬜︎ ⬜︎ ⬜︎





今回のまとめです。

我が国における鉄道輸送が最も華やかな頃の20系「あさかぜ」とその牽引機たち。
この列車も1/150の世界で残さなければならない対象だったと言って良いでしょう。

しかし、あえてセットの購入は見送って、ASSYパーツ組立品での数両導入で済ませてしまった方々も多いようです。
2015年発売の“殿様編成”を再活用して…という狙いもあるのなら仕方ないことでしょうか。

当方も初期あさかぜと殿様あさかぜを持つ身なので、今回のセットを導入すれば3本目の20系「あさかぜ」になってしまう訳で、増やし方を抑制するためにASSYパーツだけで済まそうとする考えにも理解する部分があります。

ただ、1958年の姿と1972年の姿とでは、同じ20系の編成と言えども変化が大きく、その間に位置するはずの今回の編成を導入することで20系「あさかぜ」の変遷を比較することもできそう。
あえてそう捉えてみることとしました。

そしてまた、繰り返しになりますが、安心して買える品質を想定して…ということもありました。
カトーの20系客車に対しては、中毒症状とも言えそうな(?)塗装質感へのリスペクトが当方の中にありまして。
少なくとも、この客車たちが座布団式のインレタの対象となることは想像できへん(笑)

ちょっと紛らわしかった点は「初期」というサブタイトルが今回また使われたことですかね。
「初期あさかぜ」を持つ者としては、今回が「初期」とはどうしても思えず…
「トイレ設置車」「小窓あり」などのときもそうで、もう少し買う側の気分が高揚する、刺激されるようなネーミングは採用できなかったものかと思っちゃう訳です。
こんな点も商品価値に影響するんじゃないでしょうか。





10-1591のときに「20系客車」というシリーズが記号的に、編成をユーザー任せにする傾向が見え始めましたけど、やっぱり20系はネームドセットにしてもらうと買う楽しみが倍増します。

この傾向で、今度はナハ21を含む急行「だいせん」をやってもらいたいですね。

ではまた。

  1. 2022/05/07(土) 09:20:00|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12