しなのさかいの駅前広場

細かいことばかりでよく分かりません。

運転再開に向けて3

おはようございます。しなのさかいです。




今年の春は、無理をしてでも外へ出てみようと思い、御殿場線の山北まで女房殿と出掛けてみました。
地域的には関東・神奈川県でありながらJR東海の東端という奇妙なところです。

比較的近所でありながら、散策するにはちょうどいい規模の桜並木が線路沿いにあることについては長年片目で見続けてきたこともあり、反省を込めて儚い春の風景を目に焼き付けたことです。


313系が向かうその先には、アップトリムがかけられた2本のレールが見えます。
かつてこの線路が「東海道本線」と呼ばれていた頃、多くの列車がこの駅から後補機の助けを受けて箱根越えへ挑んでいた営みを想像できる訳ですが、そんなことに関心を持つ人は、この淡い雰囲気で覆われた日にはほとんどいなかったのかもしれません。





その後は松田で降りて、徒歩で斜面をよじ登って小田原平野を俯瞰。
1590年当時も、同じようにこの景色を見渡していた人がいたのでしょう(おそらく団体さん)。
真下には東名高速道路があって、ツーリングバイク軍団がビュンビュン走っていました。

まだまだフィールドワークをしていない場所がたくさんあるようで、ボーッとしていてはダメですね。




さて、レイアウト工事。
2月上旬に開始した(北海道風)直線モジュールの線路交換は、フレキシブルレールの敷設、バラスト撒きなどなど、試行錯誤を繰り返していました。





途中の作業の様子もいくつか画像に残してみたものの、その過程を逐一説明することにどこか虚しさを感じまして、結局は更新をサボリ続けてしまいました。
どうも当方にはその手の記録が苦手のようです。





位置決めのチェックも細かく繰り返し。
カトーのリレーラーに秘められた特殊能力(?)を活用している様子も御覧くださいね(知らない人が多くなりました?)。







線路の垂直方向の歪みは、レール踏面にアクリル定規を乗せて、カタカタ的な違和感をチェックするほかに、ワキのような箱型の貨車を何度も滑空往復させて、連結面の挙動を観察すると良いです。
車間短縮ナックルにしておいて連結間隔を詰めておくと、より歪みのチェックが効きますね。

という具合に歪みを“可能な限り”抑えることとし、バラスト撒きまでやってからそれに気づいて再び枕木を剥がす…というサイクルを何度も何度もやってしまいました。
これ、精神的に追い詰められることが必至でしてオススメできません。

ただ、以前に直線区間にフレキシブルレールを使うことには「どうもね」と言いましたところ、一つだけ利点があると気付いたことを申し添えます。
それはレールの引き抜きが容易であることです。
したがって、歪みや傷みが気になるようであれば後から交換することが簡単にできてしまう。

そればかりでなく、あらかじめレール側面に筆でプライマーを塗布し、缶スプレーでサーっと吹いて、それから差し込むことも可能。
こんなことはカーブ区間ではなかなか難しいのでは(塗膜がガリガリになりまっせ)。

プライマー塗布をやらないで塗料を吹くと、吹いた数日後には塗膜がパリパリと剥がれ落ちてしまうとこがありますから、当方は面倒でもまずはこの塗布を行うこととしています。





てなことで、やっと敷設替えが終わりました。
田園モジュールの線路の全面交換から、かれこれ4か月間を線路作業に費やしてしまいました。
昨年の12月からのことです。

それも、週末だけでなく平日の夜間もですから。
その間に買ってきた車両も平積みのまま。
これではココロが荒みます。
レイアウトのリニューアルは持ち時間との相談もしてからでないとダメですね。



⬜︎ ⬜︎ ⬜︎



最近、Nゲージメーカー各社の新製品発表直後において、企画内容よりも価格設定に対する反応、違和感の声を読んだり、耳にするようになりました。

この場ではずいぶん前からその兆候を感じ取って「あれ?」と言ってきましたが、まだまだその頃はメーカーの判断に一定の理解を示すコメントもいただいたものです(懐かしい)。



さて。
当方はそろそろ、この趣味活動が周囲の人にバレることを恐れるようになってきました。

どういうことでしょうか。

女房殿や娘たちが友人や知人との会話の中で「ウチにはとんでもない部屋がある」という類のことを語るとしましょう(まぁよくあることです)。
そのとき、友人さんらの反応は決まって「あの“Nゲージ”って結構お金がかかるんでしょう?」です。

今まではこんな反応について「何十年もやっていればそんなにお金は必要ないですよ」とか言わせるようにして済ませて(ごまかして)きましたが、もはやそれは難しい状況かと。

年末の静岡のお店で見た風景。
ちびっ子がお父さんとレンタルレイアウトではしゃいでいる、そのすぐそばには、6両で3万円もするNゲージがアクリルケースに囲われて展示されている。
その傍にはプラのフックでぶら下げられた痛々しい車両たちが◯◯のように並べられている…。

この風景には、どう考えても矛盾のようなものが内在されています。

当方が幼少期から続けてきた「Nゲージ」って、こんな残酷な趣味ではなかったはずなんですが。





とにかく、これまでに適切と思われる価格で買い集めた手元のNゲージ車両を活かさなければなりません。
「活かす」ことは人それぞれなれど、少なくともケースにしまいっぱなしであることは「活かしている」とは言えないでしょう。

当方は20年以上、何の目論見もなくちまちまと続けてきたレイアウトの建設工事を、現在の新製品高価格化の影響を避ける意味で再定義しているところです。

車両を増やし続けること自体を趣味の根幹にしていられなくなっているとしたら。
Nゲージ趣味を続ける上で、気持ちの方向性や定位置をどこかにオフセットする必要はあるような気がしているこの頃です。


ではまた。



スポンサーサイト



  1. 2023/04/14(金) 09:10:00|
  2. 鉄道模型(レイアウト)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

最果て鈍行列車


線路際の住民です、久しぶりの投稿になりました。
昨年、ファイターズをキーワードに北海道に関する楽しい話題が多くなにかと注目されていますね。
そんな北海道の最果てをテーマにしたC55型蒸気機関車や宗谷本線普通列車 北海道貨物列車の製品化の発表、そしてそのメーカーがトミックスである事に驚きと同時に本来ならこの最果ての…世界観の展開はカトーの領域と理解していたこともありメーカーへの失望を実感しました。
北海道客車列車セットについて2009年頃トミックスから発売されたスハ32の車番インレタの記事北のスハ32系のなかで宗谷本線について触れてたんですが、まさかの現実となってしまいました。

早速パーツを取り付け客車と繋げるとSL列車らしくなりますね。
さて、宗谷本線最果て鈍行列車というと旭川ー稚内 321レ324レを思い浮かべますが、客車セットにスユニがない事から旭川ー名寄 322レ323レが無難な処でしょうか。



しかしやっぱり最果ての鈍行らしく稚内まで行きたいので手持ちのリトルジャパン製キットを組み立てたスユニ61を室内灯を組み込んだ上で編成に加えてみました、台車をトミックス製にした事もあり違和感なく走らせます。
スユニだけなんですけどね… まさかのマニ61スユニ改を考えてるとか?その時は室蘭本線客車列車セットとか出したりしてね。

北の駅らしく無いのですが、ホームに据え付けると見ていてシビレます。既に動画サイト等で詳細について解説されているので、そちらの方を見ていただければ良いと思います。


私のお気に入りとしてこのキャブの出来は良いですね 敢えて言えば乗務員窓を開放状態にすればよりイキイキとした感じになるでしょう。また水掻きスポーク動輪もしっかり抜けている様はトミックスの意気込みを感じます。

キャブ下の薄っぺらい感が気になったので2mm角棒を下側に貼り付け改善してみましたが如何でしょう、この位置から見ないと分からないのですけどね。

今回は客車セットのパーツを使い49号機を仕立てて並べると表情の違いがわかります、この為に機関車2両も購入してしまいましたので、手持ちのオロハネを使い重連で利尻を牽かせようかと考えてます。
塩狩峠では後部補機が付いていたのですが、重連でも付いていたのでしょうか?



貨物列車セットを使い稚内からの貨物列車をイメージして見ました、やっぱり9600欲しいですね

北海道貨物列車セットの車掌車の札標記が泣かせます、色々と考えるとこの貨物列車セットは特定の線区というよりもセット車両を使う事で北海道の貨物列車が出来る様にしたのでしょう
北海道のC58や9600を期待したいところです。


北海道の最果ての地へ向かう鉄道の製品化について単に車両の製品化というだけではなく重要なインフラとして使命を果たしてゆく鉄道の姿を如何にユーザーにアピール出来るか企画担当者の腕の見せどころでしょう、既にSL銀河ではありますが、C58の製品化がリリースされております いっそのこと急行大雪を終点に連れて行って貰えれば…なんて考えてますけど
ではでは

  1. 2023/04/07(金) 22:09:13|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3