しなのさかいの駅前広場

ユートピアもモーターなしのままでしょうね

KATO 287系「こうのとり」

こんばんは。しなのさかいです。




先日は、また新たに民家改造型の飲食店を開拓しました。

一級河川を挟んだ隣町の段丘の上にあり、隣接した斜面に続く土地は市街化調整区域だそうです。
こうして格子の窓からは色鮮やかな緑が鑑賞できるという点が素晴らしい。
焚き木ストーブは12月になれば確実に使い始めるとのことで、これもまた楽しみとなりました。

実は近所のホームセンターに行った帰り道なんですけど(^^)
灯台下暗しと言いますか、こちらが開拓してきたお店の中では我が家から一番近く、今後もお世話になろうかと思いながら後にしました。

それにしても、アイデアで勝負できてしまう時代なのですね。
ココ、住宅街の奥にあるのです。




今回は「最近の買い物でも」と考えてカタカタと打ち始めた次第です。





カトーの287系「こうのとり」。
関東平野の住民には何ら関係ない列車なんですけど、密かに再生産を待っていました。
初回品は「自分には関係ないかなぁ」と見送ったものの、2018年に関西を旅したときの実体験として、JR宝塚線(福知山線)の様子に少々面白みを感じたからでした。





かつての「福知山線」、DD51が渓谷沿いを客車を牽引してした時代と比べると、今は都心と郊外を往復する通勤電車がビュンビュン走り続ける私鉄風な路線なんです。
そこに、たまに特急電車がやってくる。
こういう優等列車がスパイスのように効く路線には何故か親近感があります。





321系は旧製品とリニューアル品の2本を持っています。
旧製品と言っても先頭車の前面運番表示器が撤去される前の姿であり、側面の行先表示部分は別パーツによるはめ込み式。
この程度のことですから、あまり遜色感がありません。

少々持ち腐れ感があった321系ですけど、ようやく使い道が見えてきたようで、ちょっと当レイアウトでは活躍し始めています。
こういうの、なんだか嬉しいですよね。





中間部の先頭車同士にはヘッドライト点灯化基盤を装着しました。
流行りの貫通扉開パーツは発売されていませんが、そのうちどうにかなるかもしれません。





再生産を機にスロットレスモーター化されました。
確かに走行面では従来のGM-3を上回る静粛性とスムーズ性が見られ、これはこれで良い買い物です。

磁石が強いことで起こる幾つかの現象は評価が難しいところですが。
今のところ、当方が経験した不都合な現象は、近所の量販店で買い物をした後、出入口の防犯センサーが作動してしまったことくらい。





てなとこです。




(おまけコーナー)



先日の金曜日。
カトーが283系「オーシャンアロー」の製品化を発表しまして、この週末、ネット上と大阪・日本橋界隈では話題の中心だったようです。
11月発売予定とのことですが、事実上はカトーが年末商戦に放つメイン企画なのでしょう。

アーバンネットワークのエリアでは、新幹線システムが東西に延びるだけですから、なんだかんだで在来線特急の活躍は首都圏と比べて衰えておらず、普段の通勤通学の途中でも観察できる馴染み深い存在と言えましょう。
今回御案内した「こうのとり」もその中の一つでして、そうした点で一定の理解は寄せることができる企画です。


ですが。


Nゲージの283系は蕨方面の方々によって20年前から度々生産されてきたのですから、ソレをお持ちの方も多いはず。
主観として、それほど評判が悪い訳でもなかったようですから、おそらくですが、買い直しをするとかしないとかで迷われているのではないかと思います(当方は買ったことがないので…)


ということもあり、カトーの年末アイテムを気にし続けている者としてはいささか引っかかることがありまして、以下にメモです。

① 買い直しを迫るような企画を年末商戦にぶつけることへの「?」

2年前の年末アイテム「スーパーはくと」も蕨製品の買い直しを迫るものだったように見えました。
振り子機構を持っているカトーとしてはいつかはやろうとしていたのかもしれませんけど…


② 一気に18両を買うように迫る売り方への「?」

昨今の事情から、いやもっと前からですが、鉄道模型市場では「お店からなくなってしまうかも」という切迫感が当たり前。
だから「後でいいや」という気持ちがなかなか制御しにくいのです。
せめて半年程度のインターバルを空けていただきながら9両ずつ、という生産スケジュールでも良かったのでは。
年末に他に何にも買えなくなってしまうユーザーが多くなりそう。
同じデザインの車両を一度に18両も買うことへの(自分と家族に対する)後ろめたさもあるような。

ということで、当方はもうしばらく考えることとします。
単なる独り言でした。




(おまけコーナー・おかわり)



お友達のキハ181つばささんにお借りして、過去の『鉄道ファン』の特集記事で流電のことを調べていました。
クモハ52006の写真を初めて見まして、それだけでも貴重な資料だと思いました。
2枚掲載されていまして、うち1枚は戦災にあった後の黒焦げの様子ですから間違いなく006です(キャプションにもそう買いてあります)

いわゆる“急電色”を纏った4両編成の姿は、戦後の電車(小田急SE車とか)と比べても遜色ありません。
こちらの蕨方面の模型はアレですが、手元に置いてまじまじと見てみたくなりました。
117系の原点回帰的なカラーリングは偉大でしたね。
それがまた221系、223系、225系の帯の色に受け継がれていることも素晴らしい。


ではまた。


スポンサーサイト



  1. 2023/07/03(月) 23:00:00|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4