しなのさかいの駅前広場

またリニューアルですか、そうですか

新しいサウンドカードたち

おはようございます。しなのさかいです。




この週末は、所用により少しだけ信州方面へ出かけてきました。
これにて当方の「繁忙期」は終了で、普通の模型生活に戻ります。

小淵沢付近がちょうど紅葉の見頃のようでした。
そこよりもさらに数百メートル高い富士見高原の風景はすっかり「冬」だったので、上から下に向けて紅葉の範囲が移動していることがしっかりと分かりまして。
関東平野もそろそろ、でしょうか。



Nゲージ界隈ではトミックスの221系が大きな話題となっているようですが、当方はスルーしてしまいました。
カトーのリニューアル品でもう十分ですし、もちろん転落防止ホロがないスタイルでも持っておきたいところですが、当方にとっては登場時の短いスカートのスタイルで「新快速」の運用に就いていた姿の方がベスト。
それだけでなくて、4+2で「大和路快速」というのも良きですね。
のんびりと待つつもりで、そうやって取捨選択していかないと、そろそろ模型部屋が爆発すること間違いなし、という結論です。
インレタ貼りが面倒なのも大きな要因で、カトーが製品化してくれればありがたいんですけど(どうでしょう?)





そんな話題を片目で見ながら、カトーから新しいサウンドカードが発売されたので、都会の模型店で引き取ってきました。

今回は無難で渋めのラインナップ。
当方の所有車両群との親和性も高く、この先に活かせる投資となるような気がして、容赦なく買ってきました。





ただ、その中の「205系」だけは謎。
211系とのダブルネームとするなら分かるんですけど、今回はそうはしていない。
さすがに今のカトーの205系を生産し続けても…という気がしていて。
長年この趣味を続けていると、こういう電波にセンシティブになるんですよ。
よろしくないですねー。





差しました。





「キーン」という高音が混ざりながら、11両のコキ50000を牽いた列車が走り出しました。
模型人間としてはホッとするひとときです。





こんな鉄道シーンもそろそろ過去のものになろうとしています。
過酷な運用の連続であるDF200もダメージが相当なのでしょう。
「引退」という足音が聞こえてきたようです。


ミニチュアとして目に見える形で残すことを重視しながら、リアルな音を添えることも選択肢として提供し続ける。
このカトーの「遊び方の提案」はどこか狂気地味ていて(褒めています)企画発表当初には完全に惹かれてしまいました。

そして2014年12月、カトーが毎月のように買いたくなる車両を発売していた最中に「サウンドボックス」もドカンと発売されまして「えいやあ」と。

2014年12月28日「 KATO サウンドボックス」

その発売当初からカトーの音へのこだわりを応援し続けていて、今では複線用に2台持ちとなっています。
10年経っても第一線で遊び続けられているんですから、お金の使い方としてはまずまず…でしょう。









(おまけコーナー)



何やらまたまた印刷。





うーん、少し違うなぁ。





悩みながら、貨物ホーム前に置いてあった木材の山に程よく着色してみました。





こんな感じかな。
ま、いいか。


ではまた。


スポンサーサイト



  1. 2023/11/29(水) 09:00:00|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12