しなのさかいの駅前広場

やっと来るのは、青い空。

第52回全日本模型ホビーショー(その1)

こんばんは、しなのさかいです。


CIMG0632.jpg

静岡ホビーショー、全日本鉄道模型ショウ、国際鉄道模型コンベンションと続いた模型ショー巡礼。
いよいよ今年の最後となります。
千葉・幕張メッセで開催中の「第52回全日本模型ホビーショー」に行ってきました。
同行していただいた線路際の住民さん、イケレクさん、お疲れ様でした。

今回も、ちょっとだけ感想をまとめてみようかと思います。
浅い知識による駄文ばかりで恐縮ですが、お付き合いいただければ幸いです。




【トミーテック】

今となっては当たり前ですが、もう鉄道コレクションがメインアイテムです。
この動向を見極めることは模型ショー巡礼の必須。
今回は、待望の路面電車系2種が着色の上で展示されていました。


CIMG0682.jpg

CIMG0683.jpg

東京都交通局6000形と東武日光軌道線100形。
都電は黄色の色調がちょっとレモン系のような気もしましたが、これで正解なのでしょうか。
路面系でも都電はまた別格のジャンルですから、意見をお持ちの方が大勢おられることでしょう。



CIMG0691.jpg

6000形を正面から見てみます。
そうでしたか「荒川線」。
系統番号札のやつに仕立てたいです。
東武の方ともども、たった1両だけの財政負担の軽い製品です。
迷ったら買え、ということでOKでしょう。



CIMG0689.jpg

国鉄52系2次車。
一番奥にぼやけて映っているクモハ52003が好みです。
手前のクモハ52005を除くクモハ52003と中間のサハ75102・103は、あのGMの流電キットと被ります。
かつてGM製品で遊んだ人には、なつかしのアイテムかもしれません。



CIMG0685.jpg

こちらは湘南色。
またもやクハ47が入ります。

いつかはいじってみようということで前回品をストックしていますが、今回も同じ運命を辿りそう。
子育てがひと段落したら、おおいに全塗りして遊んでみたいです。
それまでは熟成させるかな。
そんなことをしていると、とても良い製品がどこぞのメーカーから出たりする?
ま、それまでの精神的な保険としても、納得できる価格かもしれません(動力とか買わなければね)。



CIMG0695.jpg

半流キタ―!
てか、展開早すぎでしょう。
すべてが「2両セットA」となっているところに注目です。
当然にBも控えているようです。
徹底的にやるんでしょう、徹底的に。
あのころに飯田線を撮り歩いた人たち、ターゲットにされていますよ。



CIMG0687.jpg

こうやって試作品を見ると「ん?」
クハユニ56のドアだけ抜かれているんです。
なにか企んでいますね、絶対。



CIMG0684.jpg

CIMG0690.jpg

先日発売されて瞬殺だった119系。
早くもバリエーション展開が発表されました。
するがシャトルはそのまま飯田線カラーになったような気がしますから、これまた厄介。
今回の東海カラーはすぐに消えましたから、やるんだろうなー。



CIMG0692.jpg

CIMG0693.jpg

CIMG0694.jpg

その他、地面系。
電波塔は、山のあるレイアウトを作った人向けのご褒美なんだと思います。
スーパーは、どちらかというと伊丹十三の映画に出てきたやつのような独立系かと。
そろそろネタが無くなってきたんじゃないかと思ってましたが、まだまだ終わらない気配でした。



CIMG0696.jpg

CIMG0697.jpg

101系運転台型コントローラー、リニューアル?
今度は1アンペアをちょい越えるような出力となると聞きました。
そうなれば、これまでのスタンダード系パワーパックと同じ程度の性能のようですから、Nゲージも普通に運転できますね。



当方が見て気になったトミーテックの内容です。
まだまだいろんなネタがありました。
24系25形の内装模型なんて、ホントに製品化されるのですから驚きです。
12分の1のドールハウス基準ですから、これまた戦略的な…。




(番外編)

鉄道模型を内容としたレポートですけど、これだけは見たものの責任として。


R0019412.jpg

コドモ警察、じゃなくて「西部警察」がなにやらトミカリミテッドヴィンテージネオで展開するみたい。
あのハネケン作曲のPART2のテーマ音楽と爆発音が大音響で鳴り響いていまして、物騒な雰囲気でトミックス製品をチェックしたのですよ。



R0019413.jpg

第1弾は、ジムのようなヤラレメカですね。
いかにも中古車か廃車寸前のような車が、導線に引っ張られてボンネットをパカッ、てなやつ。
どうでもいいです。これは。
はい全員、その下の影のようなやつに注目!



R0019414.jpg

はい、いいですかー。
左はルーフ上に二連装機銃が付いていますから指揮・攻撃型の「マシンRS-1」。
初登場はPART3第16話「大門軍団フォーメーション」ですよ。
右は言うまでもなく「スーパーZ」となります。
RS-1が出るなら2と3がなければ「皇帝」の乗るバイク軍団を追い詰められませんね。
ちなみに暴走族のリーダーである皇帝の手紙は実に達筆でした。
意外といい人なのかもしれません。

ちょっとアクセルを踏み込みました(笑)
何よりもスカイネット43分の1シリーズで発売されなかった特車サファリを期待しなければなりません。
無表情に放水し続ける大門。
そして破壊されるプレハブ小屋からずぶ濡れで出てくるスローモーションな犯人たち。
アドレナリン・ハイですなー。

トミーテックさま。
こいつらを是非ともカ―コレクションでお願いします。
レイアウトを作るテンションがMAXになりますから。
では、超合金メルカロイX!!!(意味不明)


(その2へつづく、のか?)














スポンサーサイト
  1. 2012/10/14(日) 00:03:25|
  2. 鉄道模型イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<第52回全日本模型ホビーショー(その2) | ホーム | 何気に見たもの(鉄道開業140年記念号)>>

コメント

早速のレポありがとうございました
旧国シリーズ 来ましたね〜
また 大量発注ですね
ここ数年 中部地方&北海道ダイスキーが、ターゲット!
福塩=大糸…
  1. 2012/10/14(日) 05:38:03 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

お疲れ様です。
鉄コレには、ハマりまくってますが、今回も同様です。
クハユニの扉が一部別パーツは、何か展開があるのでしょうか。
富山地鉄も、52系もあれもこれも財布の節操がなくなりかけてます。
52系は何かと話題がありますが、果たして・・・
車高短が決まっている都電シリーズ、ちとレモンイエローが鮮やかすぎるかも。
量産品の修正に期待です。
  1. 2012/10/14(日) 16:51:47 |
  2. URL |
  3. イケレク #-
  4. [ 編集 ]

線路際の住民さん、イケレクさん

まずはお疲れ様でした。
TM-17の付属パーツに驚いたのが昨年の夏でしたが、予想通りの展開です。
あのスペーサーパーツで使っていないのは、あとはアレですね。
52系は、まさかまさかのメーカー間競作?
もう爆死するしかありません。
  1. 2012/10/15(月) 23:09:25 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/1030-c3bf8084
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)