しなのさかいの駅前広場

覆い隠すアイデア

クモハ52 広窓


線路際の住民です

鉄道コレクション 52系一次型の発表時より バリエーション展開が、予測されて居た 広窓車です


一言で流電と言えない位に一両一両が、細かい部分に違いに製品化しずらいモノと 考えておりましたが、特定時期の編成に絞る形で製品化されました。

この広窓の流電ですが、単に窓幅を変えただけではなく 屋根上の手摺り等細かい所も変えてます




並べると クリームが、薄くなって居るようですね。
この流電にNゲージ化用のパーツを取り付ける際に 狭窓と同じ様にジャンパ栓と同時に BMTNカプラーを 取り付けて見ました。

先頭車のBMTNカプラー取り付けは、現物合わせで 動力ギアの干渉に留意しながらカットした上で接着剤で 少し前にズラして取り付けました。




情景パーツのひとつとされて居る為か、塗装の仕上がりを残念な感想の声を耳にします。
秀逸な造形なだけに 塗り分けラインだけでも改善して欲しいものです。
このところ 団塊世代の皆様の若かりし頃の車両が、製品化されています
鉄道コレクションを含めて 旧型国電の展開が楽しみですね
スポンサーサイト
  1. 2013/01/23(水) 21:26:40|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<京急2000形リバイバル塗装 | ホーム | ストラクチャーぬりかえ物語>>

コメント

張り上げの広窓流電。これこそ流電です。どうしても塗装が気になるのですが、企画自体はアタリなのです。
ストラクチャーという位置付け自体を覆すような意欲的な企画。しかしながら製造はストラクチャーレベル。この辺りが定まればと思いました。
あ、買いますよ。たぶん(笑)
  1. 2013/01/24(木) 16:50:43 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

一応 ストラクチャーの範疇なんですが、企画次第で 独り歩きをしちゃう事があるんですよね〜
ストラクチャーと言っている割にNゲージ化パーツを揃える等 トミーテックも抜け目がない戦略なんですね
さて団塊ホイホイとも云われる 旧型国電商品の今年は どうなるか!
チョット楽しみです
  1. 2013/01/24(木) 18:47:07 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/1071-a4be285e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)