しなのさかいの駅前広場

やっと来るのは、青い空。

第52回静岡ホビーショー(その4)

(その3からつづく)


【マイクロエース】

回転ランプが点いた、いつものガラスケース。
写真を撮るのもやっとだった数年前と比べると、ギャラリーが少なくなったようでした。
すっかり時代が変わりました。



20130518m001.jpg

チップ輸送のトラ90000に目が止まりました。
カバーも付いています。
番号違いを12両、一度で手にできるのは、お得か損か。
貨車の詰め合わせセットは、車種選択が左右するみたいです。



20130518m002.jpg

485系ジパングタイプ。
どんな列車なんでしょって、あー、アタマ2両を有効活用したやつ。
いくら先頭車両の金型の活用といっても、ちょっと車種選択がとんがり過ぎではないかなー。



20130518m003.jpg

福岡の地下鉄はまだ製品化されていなかったんですね。
なかなか良さげでした。



20130518m004.jpg

マイクロエースがキハ58系をやるとは!
垂れ下がった先頭部のカプラーを見るだけで不安がいっぱいなんですが。
形態分析も大丈夫なのかな。

トミックスのキハ58が市場に出て20年です。もう、みんな持ってます。
今、このメーカーがやるキハ58にどんな支持が集まるのか、注目です。
少なくとも、色替えだけで売れる時代では無いですね。



20130518m005.jpg

マイクロエース蒸気機関車のオーパーツ、9600形。
疑惑の29622で攻めてきました。
ストライクゾーンなんですが、11,150円という価格設定がどうも気に入らないのです。
最初の9600形は8,600円でしたから。
ちなみにカトーのC56小海線は、あの出来で10,500円ですよ。
中国で作る方が高くてナニで。
飛びつく前に冷静に考えたいですね。





もちろん他にも多数の試作品が展示されていましたが、じっくり見ることもありませんでした。

たまたま自分のストライクゾーンに入らないものばかりだった?

いえいえ、そうでもないんです。
例えば485系3000番台。
昔は飛びついて買った模型なんですけどね。
相変わらずクハと中間車のピラーの太さが違ったまま再生産するみたい。
しかも値上げして。
ホントにそれでいいんかいな。



10年前にマイクロエースが集めた市場の支持って、今はどのくらいになっているんでしょうね。
毎月中頃に発表されていた新製品情報は、あまり気にならなくなりました。


(その5へつづく)
スポンサーサイト
  1. 2013/05/20(月) 21:32:00|
  2. 鉄道模型イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<第52回静岡ホビーショー(その5・完) | ホーム | 第52回静岡ホビーショー(その3)>>

コメント

数年前まで イベント会場に耀いたパトライトは、絶好調マイクロエースを誇示していました
色々な要因はあると思いますが、今は虚しく光って居るだけです
キューロクね〜
  1. 2013/05/21(火) 10:16:17 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

出撃お疲れ様でした。

また、今回も詳細なレポありがとうございます。
行けなかった身としては大変参考になり感謝しております。
西落合の某氏に突っ込みを入れられなかったのは
残念でなりませんが、まあそれは次回のお楽しみという事で。

疑惑の29622・・・。何故か三笠の59609と入れ替わってしまったようですが、当時は殆どがスクラップで運が良ければ保存といった状況で、管理が厳格に行われなかったようですね。
ただ、このケースは両方とも運良く現存しているのでまだ良い方でしょう。

小樽のC5550のように保存予定の30号機と取り違えられて残り、貴重な流改の30号機が解体されてしまった残念な例が有りますから。

身近な所にも有りますね!D52138が235号機として保存されています。D52の中でも数少ない密閉キャブだった235号機ですから残念です。
密閉キャブのD52では沼津の136号機が唯一の現存機です。
  1. 2013/05/21(火) 18:46:39 |
  2. URL |
  3. 北の扇形庫から #Wd3nJgFU
  4. [ 編集 ]

パトランプ

線路際の住民さん

あのパトランプはいろいろなシーンを見つめてきたのです。
殺到する群衆も、暴力シーンも。
そろそろ回転することも終わるのかも…
  1. 2013/05/21(火) 21:54:34 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

蕨のキューロク

北の扇形庫からさん

無理をせずに。また次の機会にお願いします。
入れ替わりの保存機。いろいろあるんですね。
あそこのD52も疑惑でした。
マイクロエースのキューロクは、ご存じのとおり、なかなかのプロポーションですが、カトーC56の登場により価格と仕様におかしな面が目立ってきました。
買って手を加えて、なんてことも考えますが、そろそろおなかいっぱい。
マイクロエースの北のキューロクでもスルーしてしまうかもしれません。
  1. 2013/05/21(火) 22:00:00 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

>(KATO EF56)次の再生産を待たずに、今買いましょう。

買いますね。絶対に。w
今のKATO社ならば、EF53も夢ではないでしょう。
EF53が牽引した列車で模型化されそうな編成は何があるでしょうかね?

EF53は、今は無き乗工社の乗せ替えボディが人気があって有名でした。
KATOからモデル化されたら、やはり売れるでしょうね。


マイクロエースさんは、ED71の1次型と2次型の再生産やって欲しいですね。
当方、買いたかったのですが、すぐ売り切れて買えませんでした。
あと、国鉄の2軸貨車シリーズ色々またやって欲しいですね。2両セットのやつを。
私有貨車のタとかタムとか、ワ12000、ワ22000、ツ2500、ツ4000、ワム3500、トラ55000、ワム60000、トラ70000、ワフ22000、ワフ29500、ワフ35000、トラ35000、トラ40000、トラ25000、トム5000、トラ30000なんかを。

2両セットでセラ1と麻生ホラ1の再生産もお願い。


  1. 2013/05/22(水) 13:41:59 |
  2. URL |
  3. LR #-
  4. [ 編集 ]

LRさん

こんばんは。
EF53もいいですね。
こんな新製品ラッシュですから53についても何か記念碑的なビジュアルがあれば可能性はあるかな?
短いデッキの旧型電機も、また何かあればいいなと思っています。

マイクロエースも未だに評価の高いものはあるのですが、価格の制御が出来なくなっているみたいです。
やはりユーザーとしてはガマンしてしまう価格の境界線があるのかなと。
どういうお付き合いになっていくのか。
だんだん不安になるマイクロエースとの距離です。
  1. 2013/05/22(水) 18:21:44 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

今年のここのブース、なぜか印象が薄かったですね。
ガラスケースにくぎ付けの人も少ない様子でした。
その中で、唐突な北のキューロク、チップ貨車を引いて登場!!
でも、昨年のオロハネのように何か大物の呼び水なのでしょうか。

北の扇形庫様、お久しぶりです。
北海道ネタで昨年から上へ下への大騒ぎだったのではないでしょうか??
大変な懐事情ではありましたが、私も、ハドソンが3両連結で走る姿や並んでいる姿をにやにやと寝そべって見ていました。
今年は、何が飛び出してくるのか。

貨車の詰め合わせ、選択に一ひねりが必要ですね。
北のカモレ、それとも、南・・・???はたして!!
  1. 2013/05/22(水) 21:09:43 |
  2. URL |
  3. イケレク #-
  4. [ 編集 ]

>イケレク様

ご無沙汰しております。
先日はお会い出来ず残念でした。

職場の諸事情で休みが合わせられず、泣く泣く欠席でした。
キューロクはこちらのメーカーさんの蒸機の中ではまともなプロポーションですが、如何せん価格設定が国産のC56より高いとなれば大陸製の意味が全くありませんです。
人件費の高騰やリスクの関係で撤退する日系企業も出てきているといった話も聞きますので、岐路に差し掛かっているのは間違えないでしょう。

メーカーさんの懐事情は分かりませんが、キューロクの場合はバリエーションも豊富なのでネタには事欠かないですから、せめてキューロク発売当初の価格位でないと今後厳しいでしょう。
  1. 2013/05/22(水) 21:51:36 |
  2. URL |
  3. 北の扇形庫から #Wd3nJgFU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/1116-a3d54ab2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)