しなのさかいの駅前広場

四季島に旅情は感じない

カトー181系を弄って見る


線路際の住民です

待ちに待った カトーから181系特急電車の発売です。

たまに このブログのサブタイトルに登場した 聚楽は、この車両で営業していました、
因みに サシ181-100は、とき から外された後、サシ489-100に転身しています



プロトタイプは、サハ、モロ以外を100番台とした 特急とき 50.10~53.10の サシ付き12両編成が、組める様な構成です
既に発売している151系と異なる床下・台車 そして先頭部ライト下のグリルの為、新規に金型を起こしモノと思われ 単なる151系のバリエーション展開では無いでしょう
181系は、それぞれ細部に異なる箇所も多く 製品化へのハードルも高いモノだったと思います。

このセットは、特定編成を指定しておらず とき・あずさ として遊べる様な構成です

同封のヘッドマークに 53.10以降(54.1頃?)から使用開始の絵付きのモノもありますが、そちら使う際にはサロの調達を 解決する必要があります



静岡ホビーショーで見た試作品を参考に 気になった箇所を過去して見ました。




担当者様の熱い思い入れもあったのか一目で 特急とき! と思われる仕上がりですが、残念ながら数カ所に気になる点があり 画像の赤丸の部分を 弄って見ました。

クハ181-107でして 先ず最初に運転台側窓です。
試作品を見て以来 凄く気になって居た部分で 実車の引き違い窓の感じが無くモノ足りなかったので 2枚の内 後側1枚の窓枠を 削り取り 段差感を付けてみます
次に屋根に信号煙管の取り付け…
どういう訳だか、省略されてましたので 丁度 手元にあったトミックス103系のパーツを使いました。
因みに 画像で 空気笛が取り付けられて居る車両は、100番台以外と 唯一クハ181-109だけです
また109は、ライト下側面の空気穴のスリットが、横では無く縦位置でした。
クハ181-107のスカート部タイフォン穴に縁が、無いので削り取ります
メーカーも作り分けをしなかったのは、コスト面なのかな?




181系は、キハ82と共にヘッドライトを装着出来るモデルの初期の頃から販売され 多分 同社においても特別な存在なんでしょうか。
実車もバリエーションが豊富ですから これから色々なタイプの製品化を 期待しています
あっ!一緒に並べても違和感の無い車両達も含めてね
でわでわ…
スポンサーサイト
  1. 2013/05/29(水) 20:59:32|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<トミックス キハユニ26(花輪線?) | ホーム | 淡緑色とクリーム色>>

コメント

信号炎管は気付きませんでした。言われてみれば…ちょっと残念です。穴を開けてくれるだけで良かったのに。
とはいえ、旧製品に比べれば上出来ではないでしょうか。聚楽営業中ということにして遊びたいですね。
  1. 2013/05/29(水) 21:34:25 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

信号煙管の普及が、三河島事故以降なんですが プロトタイプを50年辺りにして居るのであれば、隠し穴 を付けてくれても良かったのかな〜? と思います。
聚楽の営業…ウェイトレスのお姉さんの制服は、赤色でしたっけ?
食堂車ね人形は、日本食堂なんですよね〜
  1. 2013/05/30(木) 07:44:04 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/1121-f93c17b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)