しなのさかいの駅前広場

覆い隠すアイデア

トミックス キハ48 JR東海色

こんばんは、しなのさかいです。


先週のことです。
とあるトミックスの「さよなら~」セットを中心に、いくつかの模型を大手中古店に売りに行きました(またです)。
「さよなら~」は勢いで買ったものの、晩年の姿にさほど魅力を感じず、まったく手をつけないままでした。
ここ、大反省しなければいけません。

で、外回りのビニール袋まで買ったときのままなので、まあ減額されることはないだろうと思っていたら、査定書には意外にも減額理由が記載されていたのです。



「モーター音うるさい」



他の車両と合わせた総額は自分の想像どおりでしたし、店頭でアレコレとやる気力もありません。
結局ニコニコしながらサインしました。

しかしながら“うるさい”とは、まいったまいった。
査定された方、なにかイライラしていたのかな。
うるさいと言えばうるさいし。
でも、音が出ないモーター車ってあんのかいな。

いくら考えてもわからない査定理由でした。
中古模型業界もいろいろと状況が厳しいのかもしれませんね。
そのうち「くさい」とか「キモい」という理由が現れるかもです。




まったくつまらない話をしました。
トミックスのキハ48ー500形(JR東海色)を入線させました。
大変うれしいので報告いたします。





発売からは数か月が経ちました。
でもやっぱり欲しい…
ということで各方面を見ましたが、店頭からは完全に消え去っています。
そんな中でほとんどあきらめていたのですが、通信販売でかなりの割引だったのを見つけて、速攻で手を上げて送ってもらいました。





キハ40系はキハ58系と違い、運転台が淡緑色になっています
(キハ58系は不思議と黒のままです)。
方向幕は「美濃太田」。
高山本線仕様ってことでしょうか。
付属品として「伊勢市」と「武豊」が封入されていました。
単色のタイフォンカバーは、今回ばかりは正解となります。

列車無線アンテナを取り付ける穴は0.5ミリが推奨されていますが、0.4ミリが正解かなと思ったりします。
JRタイプなので、トミックス製品恒例のグリグリ儀式を済ませてしまいました。





JRマークはドア下付近に貼る小さなオレンジのやつと、帯に貼る白いやつの選択式でした。
エンジン換装前の時代としては迷わず後者を選択。
ただし付属インレタは帯の色が透けて見えるので、かつてのカトーのJRマークインレタを使いました。





こんな風景を再現したかったのです。
貫通ホロは500番台ではなかったかな…





余っていたトミックス純正のLED室内灯を入れてみました。
トンネルに入ったあたりの灯り方になぜか満足しています。





1日中乗り鉄しまくって、宿のある駅に着いた感じでおしまい。



かつてのカトーの限定品を持っていましたが、ずいぶん前に手放してしまいました。
キハ40とキハ48のセットでしたっけ。
さすがにスカート付近のスカスカ感が耐えられなくて(笑)
HGだけに部品の作り込みは素晴らしいです。

発売前の様々な評価から、機関更新前の姿であるが故、現行仕様を期待していたユーザーは逃げちゃう予感がありました。
しかし、こうして店頭から消えてしまうと、それなりに需要があったのでしょう。
高山、紀勢本線のローカルな風景を思い出せば、なにかと必須アイテムとなるカラーです。

次はべにばな…
今度は米坂線の思い出に浸らなくては。
トミックスDCの地域カラー作戦。
ハマっています(笑)



20130721001.jpg
▲1994年6月 高山本線・高山駅にて

当方は、まさに機関更新前の車両で高山本線を乗り降りしました。
なので、今回の仕様で文句ありません。
あらためてこの写真を見ると、後ろの機関庫に名鉄さんがいますね。





余談ですが。
先日、近所の量販店でトミックスHGの489系白山を探している方を見ました。
あいにく基本セットだけしか無くてあきらめたようですが、カトーが製品化を発表したタイミングだったので興味深かったです。
今なぜ、あえてトミックス製品を探す?
EF63との関係から、でしょうか。
そのHG白山を持つ当方としては、ちょっとインタビューしてみたかったです。

値段が高いHG、車体標記の無いHGですが、HGなりの良さがある、ということなのでしょうか。

かく言う当方も、HG製品が増えたかな。
183・189系のせいです。
今年の年末も183系か…。

ではまた。
スポンサーサイト
  1. 2013/07/22(月) 19:00:00|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<第35回鉄道模型ショウ2013(その1) | ホーム | 久しぶりのマイクロエース (マニ30)>>

コメント

買取査定で査定者の主観的要素の基準ってなんでしょう
音がうるさいから…で減額した品を再販する時に チャンと難あり…で売るのか?興味深いですね
中古市場も厳しくなってきたのかな?
気動車は、トミックスの独壇場になった様な気がします
短い編成ですから しっかり作り込まれるHG製品の方が良いのでしょう。
たまにトミックスの489を探す人を見ますが、聞いてみると 同社のロクサンが、JR仕様が影響して居るみたいですね
  1. 2013/07/23(火) 07:26:54 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

中古店の不思議

線路際の住民さん

やっぱりそう思います?
減額査定した要素はふせて売るんだと。
ミント品でいくらなんて言ってもそんな買取は稀なのかもと…
「只今表示価格から〜%オフ」というのも冷静に見ています。表示価格自体が上昇しているからです。
トミックスのEF63は、ここにきてCアンテナの意味が出てきました。カトーの出方に注目です。
  1. 2013/07/23(火) 07:40:27 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

中古市場ムニュムニュ

隠密です。
中古市場は、「買い物」にも「処分」にもお世話になっています(^^;
かつてHO派だった隠密ですが、「買った段階で満足」という悪い病気の影響で、20年も「そのまま」という車両たちがウヨウヨありました。
Nに完全移行するにあたり、HOはすべて処分しましたが、1度も箱から出したことのない車両でも査定はかなり低くかったです。
目視歴も、手触歴もない車両でも中古市場では厳しく査定され、必ず減点されるようです。
ショップも「商売」ですからね…。
「仕分け」が不十分だったころのN製品もずいぶん処分しましたが、これも厳しい査定でした。

しなのさかいさんの「スローライフ記事」のおかげで今は「仕分け」を厳しくしましたので、処分する車両は激減しましたが…(;^_^A

TOMIXの新489系「白山」を探す人、やはりEF63の関係でしょうね。
JR仕様が再現できるのは、TOMIX機ですから…
ま、KATO機でも、TOMIXのCアンテナを移植すればJR仕様にできると思いますが…(^^;
  1. 2013/07/23(火) 21:47:18 |
  2. URL |
  3. 隠密 #oKzxZbq2
  4. [ 編集 ]

N市場

隠密さん

毎度です。
最近、中古市場も買取が多いと聞きます。
売却した店もつい最近になって買取表のボリュームが薄っぺらになりました。
中古市場がどういう役割にシフトしているのか。N市場全体の動向にますます興味が湧きますが、私たちはユーザーですから、自分なりにガシガシ遊んでしまいましょう。
それが一番です。
  1. 2013/07/23(火) 22:26:54 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

僕は・・・

僕は同時発売のキハ40型2000番代セット(限定品)と組み合わせて、キハ40型500番代のJR東海色を造ってみました。塗り替えるより、簡単に出来ました(*^o^*)
  1. 2013/07/24(水) 20:46:45 |
  2. URL |
  3. 岩崎友裕 #-
  4. [ 編集 ]

岩崎さん

限定品ですか。
それはいいですね。
キハ40の東海色は限定品セットにしかありませんでしたね。
  1. 2013/07/25(木) 17:51:18 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/1139-d969e74e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)