しなのさかいの駅前広場

四季島に旅情は感じない

第35回鉄道模型ショウ2013(その1)

おはようございます、しなのさかいです。

昨日は夏の風物詩となっています、銀座松屋の「鉄道模型ショウ」に行ってきました。
7月はあまり模型をいじれなかったこともありまして、松屋にいかなくちゃという押し出され感があります。

このあとにはJAM、そしてコンテスト、幕張と続きます。
少ない財源をどう使えばいいか。
まだまだいろいろと考えていきます。



【モデモ】

CIMG0921.jpg

東京都の8800形の製品化が発表されました。
この車両は他社がやるのではと思っていましたので、ちょっとビックリです。
カラーバリエーションがありますから、模型化には都合がいいですね。

その他、赤い箱根の電車にお召のシールを“添えて”JAMで売るそうです。
在庫が想定外に豊富なのかな。
そーいえば近所の量販店ではたたき売りされていました。

オリジナルの分野だけに興味の湧くモデルを次々と作っているモデモですが、他社の製品化戦略と競合してしまう今、どうしても買う優先度としては低空飛行してしまいます。
なんとなく申し訳ない気持ちです。



【グリーンマックス】

CIMG0941.jpg

革命的な103系は、久しぶりにおじさんユーザーの目に止まった同社製品ではなかったでしょうか。
「あんなことも出来る」という妄想を膨らませるキットであれば、継続的に売れるアイテムでしょう。
横浜線の103系、やっぱりやってみたいなあ。
時間が欲しい。

しかし、若年層には103系を知らない人も多くなっているそうで、こうした世代にアピール出来るアイテムを探すことが、このエボリューションシリーズの次の課題だそうです。

そんな課題の解決にはなりませんが、昔のカタログで興味を持った伊豆急行100系をどうにかして欲しいとお願いしておきました。



CIMG0940.jpg

CIMG0939.jpg

CIMG0964.jpg

ストラクチャーの新アイテムとして静岡で発表された「東横イン」。
金型の開発が進んだ状態でお披露目されました。
窓枠も立体的になり、期待できます。
ジオタウンのビルの高さに合うように、少々抑え気味にしたそうです。
東南アジアで生産した団地とは違い、今回は国産でやるとのお話。
いろいろと考えさせられます。

こうした商品開発が初めてであるため、許諾の話を持ち込んでも「?」な反応だったとか。容易に想像できますね。
「150分の1のこういう世界がありましてね」という説明から始めて、ガッチリした理解をもらったそうです。
これで前例が出来たため、他の事業者にも話を持っていきやすくなったとのこと。

次は駅ビルでしょう、とお願いしておきました。

(その2へつづく)
スポンサーサイト
  1. 2013/08/02(金) 08:10:00|
  2. 鉄道模型イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<第35回鉄道模型ショウ2013(その2) | ホーム | トミックス キハ48 JR東海色>>

コメント

当日はお疲れ様でした
MODEMOの都電は、買って見ても良いかな?
103系で勢いが増した感のあるGMで残された宿題であるライト 動力ユニットを早期に発売されると良いですね
  1. 2013/08/02(金) 17:30:52 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

GMの課題

お疲れ様でした。
意外と濃い1日でした。
GMの課題はそのとおり。あの運転室仕切とライトユニットを両立してくれれば最高ですね。
  1. 2013/08/04(日) 18:35:35 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/1144-f0cdefda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)