しなのさかいの駅前広場

四季島に旅情は感じない

第14回国際鉄道模型コンベンション(その1)

おはようございます、しなのさかいです。


R0020487.jpg

鉄道模型ショウから3週間弱で、今度はJAMです。
もう少し間が空くといいのですが。
JAM14ということで、14回目なんですね。
新宿NSビルの第1回がつい最近のようです(少なくとも14年間は同じ状態で趣味をしていたことに驚きます)。

今回も、グダグダなユーザーの一人として、見てきたことを徒然なるままにゴニョゴニョしてみようと思います。





【グリーンマックス】

R0020416.jpg

グリーンマックスでは、やっぱりEVO103系が気になり続けています。
Hゴムや手すり表現の細さ、方向幕の奥行き感、運転台後ろの壁がNゲージのように見えなくて。
サードパーティのワイパーを取り付けるだけで、完成品モデルよりも満足できるような気がします。
連結器上のステップの平面性と薄さも強調されていましたね。



R0020421.jpg

ブースに詰めていた牛久保さんが、トミックスのHG103系を比較用にひょいと出してくれました。
言うまでもなく、左がEVOで、右がHG。
HGの方向幕でも十分酔えるなあと思っていましたけど、こうしてみるとEVOの強みってあるなあ。
HGは窓ガラスに表現されたワイパーモールドが、かえってチープに見えちゃったり。
ゆふいんの森ではあえて表現しなかった(?)ワイパーですが、表現すればそれも完成品としての主張を強くしてしまうような、バランスの難しさを感じました。



R0020424.jpg

メーカーの鈴木さんが作られた横浜線の103系。
手すりを別パーツ化しましたか。

やるなら今、なんでしょうなー。
牛久保さんのお話では、このキットそのものズバリでも80年代の横浜線の編成は組めるとのこと。
こうした素材が出てきたおかげで、あのみっともないチンドコ編成も急激に懐かしく思えています。
車番等データ集めから始めてみますか。



R0020426.jpg

塗装について。
無塗装ボディにそのままエアーブラシで3回くらい色をのせてやればOKとのことでした。
サーフェイサー処理は、ブツブツになってしまうので、やめた方がいいそうです。
ぜひとも、缶スプレーではなくエアーブラシでやって欲しいと強調されていましたね。



R0020427.jpg

R0020428.jpg

103系大集合。
大昔のカタログを見ているようで、ちょっと楽しかったです。
ボディだけをとりあえず買ってみて、うまくいったら下回り、というやり方で工作してみたくなりました。
この夏から秋にかけては、これと思える車両の発売もありませんので(笑)

気になるライトユニットは開発中で、ヘッド、テールライトだけでなく、運行番号表示器と方向幕も、それぞれ独立したLEDで点灯できるようにするそうです。
このままキットを組んでいても、運転台後ろの壁を付けてしまっても取り付けられるようにするので、どうぞ懸念なく今から組んでしまってくださいとのことでした。
N津さん、信じてますよ!



R0020422.jpg

こちらは完成品。
東武の6050系がリニューアルされるそうです。
この車両は、ロングラン、クロスシートということで、ちょっとJR的な要素が気に入っています。
山深いところを走るのもいいですね。



R0020415.jpg

R0020414.jpg

R0020413.jpg

とうとうグリーンマックスもコンテナ産業に参入するそうです。
しかも扉を開けるそうです。
先行他社との差別化を図るとなれば、こうするしかないかな。
しかし1,838円ということでお値段が高め。
先行他社とかぶる箱だと、あえて買うことも無いような…
開けるんだったら、扉の裏側の〇のモールドと数字のモールドは消してくれないと困ります。
もっとゲテモノ的なコンテナをやってくれるとおもしろいんですけど。



◆グリーンマックスのブースを見て

完成品車両、ストラクチャーに加えてEVOのような組立車両が柱に加わるようです。
ユーザーにとって選択肢の広がりは頼もしい。

ただ、完成品車両の柱だけは、あまり支持していません。
それは高価格な割に仕様がチープという、ここ数年言われ続けていることに尽きます。
この評価だけは皆さんも同じなのでは???

EVOはこれまでのキットシリーズのリニューアルである、と牛久保さんのお話がありました。
だったならば、完成品シリーズにかけるエネルギーをこちらに集中投入できないかなあ。
同氏がシリーズ監修であるから、そんなに無理?

完成品を買ってきて、家で空けて、ちょっと見て、平積みしたケースの山にを積んでハイおしまい。
そんな趣味生活はもう嫌だと思う当方にとっては、EVOのような「じっくり系キット」にも脱出口を見てしまうのです。
こーしたことを考えているユーザーが他にもいれば、同社の市場での立ち位置は、より明確にオリジナル性を持つものになるかもしれません。

あ、とりあえずキットを買ってきますね。



(その2へつづく)








スポンサーサイト
  1. 2013/08/17(土) 10:00:00|
  2. 鉄道模型イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<第14回国際鉄道模型コンベンション(その2) | ホーム | カトーDD13の連結器>>

コメント

当日は、お疲れ様でした また レポートをありがとうございます
久しぶりに熱い視線でGMブースを見ました
103系ダイスキーな人も黙らせる車体断面は、監修に牛久保氏の存在が大きかったのでは?
EVOシリーズは、とりあえず発車しました
この後は、果たして…
  1. 2013/08/17(土) 14:01:55 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

レポートありがとうございます。
ご一緒出来なくて残念でした。
GM、やはり顔をすりつけるように見入ってしまいました。
金額的な面や塗料のセット売りに足踏みしてしまうか、どっぷりとフルデティルで秋の夜長に取り組むかは、手にいれて見ないとわかりませんね。

小売店店頭にはすでに関西型しかありませんでした。
  1. 2013/08/17(土) 16:07:25 |
  2. URL |
  3. イケレク #-
  4. [ 編集 ]

レポート御礼

遠方、かつ、知識の浅い隠密にとって、しなのさかいさんのレポートはとても参考になります。

EVOの103系、スゴイですね~。
写真だけ見ているとHOかと思うくらいです。
いや、OJにも見えちゃいます(^^;
方向幕とかの表現が絶妙ですね。

でも、キット…というところで、塗装が極めて苦手な隠密には敬遠のサインが…

扉が開くコンテナ、ん~、ちょっと疑問です。
荷主さんのところで荷を積んでいる場面を作るならイイでしょうけど、コキに積載したまま開けることはありませんし…
価格も高いので、これは敬遠というより、種目が違うという感じです(^^;
  1. 2013/08/17(土) 21:27:12 |
  2. URL |
  3. 隠密 #oKzxZbq2
  4. [ 編集 ]

今回は帰省でJAMへ行けませんでしたので、新製品情報やその感想などこのブログで参考にさせていただきます。
こう見ると103系・・・この車両が私たちに与えた影響って凄いものだと改めて感じます。
  1. 2013/08/18(日) 22:52:06 |
  2. URL |
  3. 612M #-
  4. [ 編集 ]

線路際の住民さん

お疲れ様でした。
EVOも出てみれば大ヒットみたいで、プレゼンも熱がこもっていましたね。
次のEVOは第二の軸を立ち上げるつもりで、との話でした。103系みたいなバリエーションのある車…
  1. 2013/08/19(月) 07:31:28 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

イケレクさん

当方の範囲では、まだ店頭に見られます。
塗装なく出荷できますから、まだまだ次々と作るんじゃないですかね。大丈夫だと思います。
  1. 2013/08/19(月) 07:35:39 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

隠密さん

いやいや。ホントに勝手なレポートですよ。ありがとうございます。
開くコンテナは、これから参入する上での挨拶なのかなと。ただ、おっしゃるとおり、ギミックだけで手に取るユーザーがどれだけいるのかは微妙なのかなと思いました。
EVOに関してはGMも賭けに出たんだと思いました。完成品モデルの購入層へ完全にシフトしてしまうのは惜しいと考えたのかな。これまでの「GMユーザー」って間違いなくいたのですから。
とりあえず当方は、時間さえあれば組んでみたいと考えています。
  1. 2013/08/19(月) 07:43:29 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

612Mさん

帰省お疲れさま。
まだ来週もありますから。
103系ってバカにしていたようでちゃんと刷り込まれてますから、ホントに笑えます。
「えー、103系」と言いながら出てくればヨダレ。当方のことです(笑)
  1. 2013/08/19(月) 07:46:45 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/1149-9b1696bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)