しなのさかいの駅前広場

荷物車がいっぱい

鮮烈!アクリルガッシュ

こんばんは、しなのさかいです。

昨日の日曜日は、久々にレイアウトの作業をすすめました。
例によって、山岳モジュールの続きです。
今回は、少々画像が多くなっておりますが、お付き合いくださいませ。


R0010325.jpg

今回は、主に「アクリルガッシュ」による着色を行いました。
塗装箇所は、海と岩です。


R0010326.jpg

はじめて使う水性アクリル絵の具は、思いのほか好感触でした。
ムラがすくなく、よく筆でのびます。また、速乾性ですので、どんどん次の作業にとりかかれます。
ただ、仕上がりとしては、ちょっとインチキっぽい色となってしまいました。
再度調整する必要がありますね。
この上にジェルメディウムなどを塗ることになりますが、その作業はまだ先です。
砂浜は、前回ご紹介したとおり「グレインペイント」で。
この上にモーリンのクラフトサンドあたりを塗ろうかとも思っていたのですが、正直迷っています。
というのも、グレインペイントで十分イケちゃうからなんです。


R0010327.jpg

砂浜の反対側に位置する岩肌。ここは波が強く当たるはずですので、海の色も深い色としてみました。
色は、一番深いところで藍色、これにビリジアンを混ぜるとやや浅め、最後に白を混ぜて砂浜海岸。こんな具合です。
この岩の手前に、細かい石を配置する予定です。


R0010328.jpg

前の写真にある岩肌も含めて、新線(外周線)の直下にある岩肌もアクリルガッシュで塗りなおしました。
明るいグレーに調色して、ドライブラシのように表面をこすると、あら不思議、岩肌のハイライトが強調され、よりリアルになりました。
ちなみにこれらは全部、ライトウエイトハイドロカルで出来てます。


R0010329.jpg

ところで、ここは橋台部分。
デッキガーターとつながる部分は、これまでユニトラックのままジョイント部をデッキガーターに向けていたのですが、ややトイっぽいのでこれを撤去。あらためてフレキシブル線路とコルク道床を敷設しました。これでバラストを撒きます。
ここはトンネルの入り口にもあたるため、どうしても視線がいってしまう。つまり注目度が高くなるんですねー。故に、ユニトラックで手を抜くと後悔しそうなのです。


R0010330.jpg

こちらは、新線の落石覆いです。ストーン調スプレーを噴きましたが、このスプレーは粒子が大きいので好みが分かれます。私は乾燥したところで、粗い紙やすりをあてて、粒状感を減損。再度「軍艦色(1)」を軽く噴きました。
また、落石覆いをはめこむための土台部分をコルクで製作。これにより線路のメンテナンス性を保ちつつ、位置決めも容易にすることができます


R0010334.jpg

そして、本日のハイライト(?)
旧線の坑門です。
津川洋行のレンガプラ板でなんとなく作りましたが、ややリアルさに欠けるので、抗口の周囲に貼ってあった0.2ミリプラ板のフチをカッターナイフでスジ彫り。やや大きめのレンガで坑口を縁取った表現としました。
坑口の直上に位置するキーストーンに着目していただけるとありがたいです。
目地は、アクリルガッシュのライトグレーをすりこみ、ティッシュで拭いて表現しました。


R0010340.jpg

おまけ。エンブレ坂です。
グレーのグレインペイントを塗ってみました。
急坂ですので、筆を横方向に何回も運び、滑り止めの溝を狙ってみたのですが、いかがでしょう?
もう少し研究の余地もあるかと思いますが、塗料だけでここまで表現できるのは、グレインペイントだから故でしょう。


*   *   *


車両を置いて、自分のイメージを確認しながら、少しずつ作業をすすめています。

R0010341.jpg

旧線の坑口にすいこまれていく、189系「あずさ」。
鉄橋を通過する音がうるさそうですねー。
でも、それが良かったりする(笑)


R0010343.jpg

新線の落石覆いからは、E351系「スーパーあずさ」が現れました。


R0010345.jpg

その「スーパーあずさ」の運転席からは、次のトンネルの坑口を確認できます。
ちょうど、旧線の坑口からは、E257系が(前を走る189系との間隔が狭すぎ?)


でも、中央東線の車両に海岸は合わないですねー。
と、いうことで・・・、

R0010346.jpg

やっぱり、これでっしょ。
R2! FARE WELL!


ではでは。










スポンサーサイト



  1. 2009/06/01(月) 23:56:41|
  2. 鉄道模型(レイアウト)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<昼下がりに見た物 | ホーム | 北のネタ列車>>

コメント

しなのさかい様色々と刺激を受けられまた嬉々としてレイアウト製作に取り組んで居られるのではないでしょうか。
 このブログにて製作の過程を私は、楽しみにしております。
さて次回はどの様になるのでしょう

  1. 2009/06/02(火) 00:13:06 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

いや~、最近めっきり暑いので鉄分補給しながら海水浴なんていいですね!

川を作る時の参考になりますね。
日曜日にハイベッド購入してきました!

うちもレイアウト着工に向けて一歩前進しました。
レイアウトボードを組んだらレポートを始めますね!
  1. 2009/06/02(火) 06:03:07 |
  2. URL |
  3. もんち #8VFDsj1w
  4. [ 編集 ]

レイアウトはおもしろい

もんち様。
とうとうハイベッド! いいですねえ、いよいよ着工ですか。コンセプトなどが決まりましたら、具体的な作業がまだでも、どしどしご披露くださいませ。

線路際の住民様
次の作業は、橋脚の固定をめざしていますので、こいつのウエザリングになると思います。
サビの表現を先にある程度やらないと、ボードに固定してからでは無理がありそうなので。

  1. 2009/06/02(火) 22:20:15 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

レイアウト

着々と進んでいるようで、見ているこちらも出来上がって行く過程が楽しみでわくわくします。
  1. 2009/06/03(水) 08:52:34 |
  2. URL |
  3. 北の扇形庫から #Wd3nJgFU
  4. [ 編集 ]

いよいよ水辺の登場ですね
水面等の色彩表現は、悩む事が多いようで誤るとレイアウト全体が、なんとなく軽い感じになってしまいます。
 参考になるかどうか解りませんが、撮影地で見る海岸や渓谷等の水面は、緑色の濃淡・遠くに行くに従い水色といった事が多いですね。
 この様に色々と調べたり実際に感じたりすることは、レイアウト製作の醍醐味でしょう。
 最後に完成した物は、まさしく製作者の世界そのものですから・・・
 
  1. 2009/06/03(水) 22:37:32 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/115-d246cf57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)