しなのさかいの駅前広場

荷物車がいっぱい

昼下がりに見た物

線路際の住民です
或る日の昼過ぎ電車に乗車中外の景色を眺めていると EF65PFが見慣れない客車を連結して
停車中なのを発見したので急いで電車から降りて撮影しました。
この列車は、撮影後直ぐに何処かしまいました
002mani30.jpg
スポンサーサイト



  1. 2009/06/01(月) 23:59:09|
  2. 鉄道写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<お昼前に見た物 | ホーム | 鮮烈!アクリルガッシュ>>

コメント

たしか日銀の現金輸送車ですね。
昔、上野で夜行列車の最後尾に付いていたのを見たことがあります。
やたら窓がないのと、乗客の乗る車両が非冷房が多いのに、これは床下の簡易型発電装置で冷房が効いていました。
中は2人乗っていました。
それと、雑誌に形式写真や図面の掲載が無く、謎でした。
最近、コンテナ車と一緒に発売されたので即購入しました。
なかなか写真は撮れない車両です。
  1. 2009/06/02(火) 06:27:44 |
  2. URL |
  3. カレチ #-
  4. [ 編集 ]

現金輸送車マニ30!

ひょっとしてマニ30ですか?
「現金輸送車」っていう響きがナイスです。
昔の刑事ドラマならば、犯人が乗っ取って西部署の方々に追跡されたりしていたかもしれませんね。
  1. 2009/06/02(火) 16:11:15 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

新型マニ30です。同じ形式で、旧型の現金輸送車も存在していました。
御召の運転時刻より謎でした。
数十億とも言われる新券を運んでいたようで、その発車前はへんな空気でした。

  1. 2009/06/02(火) 18:49:03 |
  2. URL |
  3. カレチ #-
  4. [ 編集 ]

マニ30

日比谷線で南千住のあたりを通ると高架の上から見下ろすように隅田川の貨物駅が見えますが、その一角に留置されていたのを何度か見かけました。

現在小樽の総合博物館に2012が保存されていますが、現存する唯一のマニ30ですね。
そこはかつての旧手宮線の手宮駅の貨物ヤード跡地で、国鉄時代は北海道鉄道記念館として現存する最古の機関庫と共に「静」「大勝」の蒸機やキ600、キ800、「い1号客車」が保存されていました。
また、貨物ヤード入換用のC12の駐泊所としての機能も有り、子供の頃の遊び場でした。C12やD51のキャブに乗せてもらった事も有りました。
  1. 2009/06/02(火) 23:24:17 |
  2. URL |
  3. 北の扇形庫から #Wd3nJgFU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/116-71500adc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)