しなのさかいの駅前広場

覆い隠すアイデア

オハ31を見る



線路際の住民です

行きつけのお店に飾られていた オハ31の雰囲気が、なんとなく違うので店員氏に尋ねると 塗装と標記を変えたとの事



よく見ると 標記が増えたと同時に 標記場所も時代設定に合わせて印刷されています。
また塗装もつばめ号セットと同じ色で 1950年前後の列車として遊べそうです。

元々 オハフの設定が無い為 トミックスのオハフ61と連結出来る様にして見ました

オハ31との連結にあたって オハフ61に車間短縮カプラーを付けてみると 効果絶大!
ものすごい実感的な車両間隔です
試しにR280のカーブを通過させてみました

ギリギリですね~
オハ31の妻面に後退角がある為に 通過出来たのでしょう。


オハ61に車間短縮カプラーを取り付ける時は、カプラーポケット内のスペーサーを削る必要がある様です
カプラーを付けるか? BMTNにしてオハ31側のカプラーを加工するのか?
この辺りは、お好み次第でしょう。




オハ31は、別にリニューアルされる事も無かったので 昔ながらの構造なんですが、標記や塗装を現代的なエッセンスを加えると まだまだいけそうな感じです、
ところで 標記の所属が秋アキなんですが…
牽引機をどうしようかな?
スポンサーサイト
  1. 2013/09/14(土) 11:47:44|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<カトー 伯備線石灰輸送貨物列車 | ホーム | やっぱり レッドアローは…>>

コメント

職場近くのお店でD51標準形にひかれた状態で展示されていました。暗くくすんだ感じが良かったです。
店頭価格が600円台かな?
古い金型で安いときた。ディテールも可。
なかなか熱い戦略商品です。
  1. 2013/09/14(土) 12:30:16 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

オハ31を戦略商品としたら 一体どの様な商品展開が、待っているんでしょうか?
ん〜オソロシア
  1. 2013/09/14(土) 12:43:59 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

KATOのオハ31系は、やはりオハフ30がないのがつらいですね。
(スニ30も欲しいが)
オハニ30にはテールランプとハシゴのモールドがないのもつらい。
屋根板はオハ31と共用なのもマイナス点。

オハ31系は、国鉄では昭和30年代末位まで旅客営業用に使用され、他形式の20m級客車と混用使用もされてましたので、KATO社はもっとその点をよくアピールした方がよいのではないかと思いますね。





  1. 2013/09/14(土) 21:22:11 |
  2. URL |
  3. LR #-
  4. [ 編集 ]

(有)関水金属時代からの製品を リニューアルせず 販売している自体が、もう奇跡的なんですね
車種追加や改良をしないところを見ると このままかな〜?
と 考えていただけに この充実した外装に これからの商品展開の前の試金石的な発売かもしれませんね
  1. 2013/09/15(日) 09:33:34 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/1162-b6fb88e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)