しなのさかいの駅前広場

四季島に旅情は感じない

車間短縮ナックルカプラー・編集後記

こんばんは、しなのさかいです。




昨日、となりまちの超巨大古本屋に行ってみたら、1982年の鉄道ファンが100円でした。
その中にクモハ53007に関する特集記事が見つかりましたので、ワンコインでお持ち帰り。
これから12月に向けてちょうどいい頃合いですので、予習してみます。
流麗な007番が人気であったことがよくわかりました。




車間短縮ナックルカプラーについては、巷の評判も上々のようで、発売からしばらくしてもまだまだ楽しんでいる方が多いみたいです(すばらしいことです)。
当方もその中の1人です。
こういうメーカー純正のグレードアップパーツって、もっと発売されるといいですね。
パーツ方面からアプローチされると、手元にあったデッドストックが急に光って見えたりします。





コキ50000形に付けてみるとこんな感じ。

カトーカプラーNに換装していたため、スプリングを捨てていたのでした。
近所の量販店でASSYがあったので助かりました。
しかし、カトーカプラーNは一度はめるとなかなか外しにくくて。
マイナスドライバーで押したら、カプラーポケットを破断してしまいました。
コキ50000の台車2つのために方々探しまして、ようやく昨日1袋手に入れました。
しんどかったー。
その前に間違えてコキフ50000の台車を買ってしまったのはホントの話です。





タキ1000の短縮効果もなかなかでした。
このくらいの間隔でしたよね。
しなの鉄道の風景?





当方は、編成最後部となる箇所にも構わず付けています。
ほんの数ミリ持ち上げればしっかりと機関車と結ばれますので。
とにもかくにも、機関車との間隔だって詰まるのですし、このように車端部のカプラーの生え方だってミタメ的に重要です。





ワキ10000のような箱型車体ですと、より短縮効果がはっきりしますね。
トミックスのコキ10000系にもしっかりと車間短縮ナックルカプラーを組み込みましたので、その相方であるワキ10000にも、という訳です。
これでワンコイン貨車も、価格以上の価値になります。





セキ3000はセキ6000と同じですから、ついでのレポート。
満載された石炭を表現するパーツ、欲しいです。
バラストで作ってしまいたくなりますが、もう少し待ってみようかな。



<おまけコーナー>

当方が所有する22両のセキ3000。
もちろんナックルカプラーに換装しましたが、製品自体は前回までのもの。
したがって、車輪は銀色です。
真っ黒けなイメージのあるセキ3000には合いません。
なので、総本山に出かけてきまして、チキ5000の台車を8両分買ってきました。
黒車輪をいただくためです。





ジャンク箱にあった多くの黒車輪もフル活用しまして、ようやくすべてを黒車輪化。
こうじゃなくっちゃね。
でも、この黒い車輪の中には、ちょっと異質なものもあります。





左が普通の黒車輪。右がスポーク形の黒車輪(!)
たぶんEF58のローフランジ黒車輪(交換用)が出たときに、いくつかのゴハチさんをいじったんだと思います。
ごっそりと余っていました。
スポーク風になっているだけで、不思議とフランジも厚みもセキ3000をはじめとする貨車群のそれと変わりません。
それなら使うしかない?

ちょっと調べてみると、スポーク車輪を使ったセキ3000もあるみたいなんですね。
詳細はよくわかりませんが。
なのでこれでいいかなと考えました。

22両中5両は、このスポーク車輪でいきます。
ちょっとした闇バリエーションです。
こんな感じでカトーさんも貨車の製品ラインナップに変化を付けませんか??
タキ3000なんかにいいんじゃないでしょうか。
黒くて目立たないという指摘は、その通りだと思います(笑)
気持ちの問題です(大笑)


なにはともあれ、車間短縮ナックルカプラーで手持ちの貨車が生き返りました。
こうした遊びをどんどんやっていきたいです。

ではまた。








スポンサーサイト
  1. 2013/09/21(土) 17:15:00|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
<<車間短縮ナックルカプラー・編集後記(増補) | ホーム | カトー 伯備線石灰輸送貨物列車>>

コメント

興味シンシンシンシン

模型はもちろん、鉄道趣味そのもののフェーズが下がりまくっている隠密です。
きっと病気なんだと思っていますが…(^^;

このカプラー、とってもとってもとってもとってもとってもとっても興味アリアリアリアリアリです。

しか~し、地元唯一の大手量販店であるJoshinにも置いていない状態。
もちろん、通販店は予約の段階で売り切れになったまま(^^;

R249、R282、4番ポイント、S字…試してみたい「線路」はいろいろ考えていますが、しばらく「感想文」が書けそうにありません(^^;
  1. 2013/09/21(土) 19:40:05 |
  2. URL |
  3. 隠密 #oKzxZbq2
  4. [ 編集 ]

隠密さん

おつかれさまです。
このナックルカプラーですが、身の回りを見ていますと、総本山の店頭在庫は黒、グレー共にありましたね。この火曜日のことです。
近所の量販店ではグレーばかりが余っていました。黒は最後に当方がいただきましたw
近いうちに再生産があるんじゃないかなと思うのですが。

フェーズダウン、お見舞い申し上げます。
そんな時は、イイ意味でいっそのことパッタリと中断しちゃえばいいのかもしれませんね。
なにか別のものに興味を持って、これまでの模型趣味を客観的に振り返っちゃうとか。
当方、続けながら軌道修正を試みていますが、なかなか難しいです(笑)
このナックルカプラーは、車両増備だけの趣味に一石を投じるような、頭の中に石を投げ込まれたようなアイテムでした。
手持ちの車両だけでも十分遊べるはずなんですが、なかなか気づけないものです。



  1. 2013/09/21(土) 21:17:50 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

グレーの車間短縮カプラーも 見なくなりましたよ! やはり コキ タキの需要なんでしょうか?
色々と眺めると他にも使えそうですね
このところ コレクション化 お買い物ゲーム化の色合いの濃かったNゲージも カプラーの売れ行きを見ると まだまだカスタマイズ需要が、大きいものと思います
これから メーカーのカスタマイズパーツが、出てくるか 楽しみですね
  1. 2013/09/22(日) 08:32:21 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

線路際の住民さん

これでカトーカプラーNの短縮バージョンが出たら悲劇です。これも来月の確認事項になります。
  1. 2013/09/22(日) 12:29:02 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

写真を見て思ったんですが、連結面の短縮効果はもちろんですが、先頭車や車端部における実感的効果が絶大だな、と感じました。
Nを始めたころは、本線上での増解結も楽しみの一つだったんで、自動連結できないダミーのような連結器は論外だったんですよね。現状では貨車の入換や列車の増解結自体が過去物語となり、その辺は割り切れる時代になったのかもしれません。
鉄道ファンのこの号は持っている筈ですが、この記事の記憶がないな。
クモハ53はコロ軸受けですが、何故かクモハ43810だけは箱軸になっているみたいで、何だか謎めいてます。クモハ43の追番ながら、52系に属していたこと自体も最近知りました。昔はそういう解説を見たことなかったもんで。
長文失礼。
  1. 2013/09/24(火) 00:09:30 |
  2. URL |
  3. キハ181つばさ #LWshcgts
  4. [ 編集 ]

キハ181つばささん

なるほど、よくわかります。
ダミー的なカプラーですから、自動連結ギミックが無いのは確かにグレードダウンと思ってしまいます。
その一方で車間の開き方を問題と考えるユーザーも多かったということかな。たぶんです。

当該鉄道ファンはまた後で。
  1. 2013/09/24(火) 07:31:06 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

お願い

再び隠密です。
ご心配をおかけしております(^^;
今回のフェーズ低下は精神病の一種と考えていますので、小さな起爆剤で再起すると考えています(;^_^A

さて、車間短縮カプラー、非常に興味ありましだか、不安な要素があり、予約しませんでした。
タイヘン好評のようで、結果として買いそびれたという感じです。
しかし、不安が残っています。

それはKATOカプラーNと連結し場合のカプラー高さの問題です。
かもめナックルに対しても同様で、とくに機関車との相性がわかりません。

そこで、貴ブログでKATOカプラー系と連結した場合の記事をぜひお願いしたいと思っています。

お忙しいとは思いますが、時間がありましたらお願いいたしますm(__)m
  1. 2013/09/24(火) 12:21:39 |
  2. URL |
  3. 隠密 #oKzxZbq2
  4. [ 編集 ]

世代的に流電は撮影してませんが、『鉄道ファン』にて神谷静治さんが、飯田線について事細かく紹介してる記事があり、チュウボウながら、遠征したくなり、二度目の遠征で53007と53008を撮影出来ました。静ママは、1両事に形が違いましたが合の子は、その中でも別格でしたね。神谷さんは、飯田線詣の記事執筆後にお亡くなりになってると思いますが、神谷さんの写真はしっかり焼き付いてます。模型としても甦るのが楽しみです。年代層、カトーさんに狙われてますね
  1. 2013/09/24(火) 17:54:54 |
  2. URL |
  3. 鉄人1028号 #-
  4. [ 編集 ]

隠密さん

わかりました。
ちょっとお時間をください。追加レポートしてみます。
  1. 2013/09/24(火) 18:10:19 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

鉄人1028号さん

コメントをありがとうございます。
飯田線旧国については様々な研究者がいらっしゃっいました。
当方も

http://kokuden.net/

のSさんに、一度だけ仕事の縁でお会いしたことがあるのですが、わずか数年後にお亡くなりになりました。これだけの資料を持ちながら「僕の本業は103系だから」と笑って謙遜されていた穏やかな姿を今でも覚えています。
カトーが神谷さんやSさんたちの研究をうまく取り込んでくれるといいですね。
  1. 2013/09/24(火) 18:19:56 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

自重について

詳細に画像を掲載しているところに好感を持ちました。
コキ50000の特徴がよくわかりますが、KATOの方は側面がきちんと表記されていますね。
あえて気になった部分としては、側面表記の自重18.2t ? という部分です。最近のコキ50000の実車は18.3tに統一されているはずですが・・・

  1. 2015/12/08(火) 20:28:23 |
  2. URL |
  3. コキンちゃん #-
  4. [ 編集 ]

コメントをありがとうございます

コキンちゃんさん

コメントをありがとうございます。
撮影した本人が、そこまで標記を読んでいませんでした。
ものを撮影するのは結構難しいのですが、デジカメのメリットを生かしてこれからも見やすい画像をお見せできるよう頑張ってまいります。
今後ともよろしくお願いいたします。
  1. 2015/12/10(木) 23:11:46 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/1164-881f950e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)