しなのさかいの駅前広場

ぐったりやくも

カトー 飯田線 旧型国電 発売!



線路際の住民です
いよいよ師走に突入! 何時もながらあっというまなんですね
月末に 話題の飯田線シリーズ第1弾? 旧型国電が、発売されました。

プロトタイプは、流電に次ぐスター クモハ53の中の合いの子と称されるグループで 引退直前に組んだ編成です

仕上がりは、トップメーカーが万を時して市場に投入するだけに 最初の画像の様に加工をしたくなる位のクオリティーの高い仕上がりです




色々な角度から見た時の まさに至福のひとときです
まぁ よく見るとクモハ53007の運行番号表示窓のウヤムヤな表現が、残念なので 手を加えるかどうか思案中!
もしかしたら 担当者氏が、意図的にこんな造形にしたのかしら?
さて皆さんだったら どうしますか~!
と云う声が聞こえてきます
でも 下手に手を出すと 全体のバランスを損なう恐れがある訳で…



クモハ53の相方であるクハ68も 実車の雰囲気をよく捉えいると思います。
時代としては、間も無く塩嶺トンネルが完成し 大八廻りが、解消される頃でしょうか。
改札越しに見る旧型国電に 鉄道原風景を見る様です


さて この車両に専用の連結器が装着され そのまま鉄コレ旧国と連結出来ません BMTNカプラーと安定した連結をさせる為に 精度の高い加工が必要になりそうなので 思い切って 中間側カプラーを 従来のフックが付いて居るモノに交換と共に 中間ジャンパ菅を取り付け シルエットの見栄えを良くします。

元々が、E259用なので少し間隔がおかしいのですが、センスの良いホロとあいまって編成をシルエットにして見た時の実感味が向上しました。



床板は、色々と含みを持たせたのでしょうか? ブレーキシリンダ付近の穴は、何でしょう?
動力ユニットをよく見ると 車端部がプラ成形品です
いつでも両運転台の車両を出す準備をしてますよ~
と聞こえてきますね






鉄コレ旧国に クハ67用カプラーを取り付けて 色々な編成を組む事が出来る様にしました
元々 造形の良い鉄コレ製品ですから 思った程の違和感はありません。

今回 カトーから省型電車(戦前系)を製品化され 物凄い注目度なんですが、これも南アルプスや天竜川を縫うように走る飯田線の魅力も 影響したのだと考えます 。
レイアウトを走るクモハ53を見ながら部屋の中を雄大な南アルプスを脳内変換しちゃうんでしょう
カトーが 飯田線シリーズと銘打つだけに 今後を期待したいものです。
スポンサーサイト
  1. 2013/12/01(日) 06:40:33|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<風林火山で鉄分補給2013 延長戦 | ホーム | ローカルホームへ大転換?②>>

コメント

当方も無事に入線出来ました。近所の量販店では次々に買い求める人。片方のセットのみとする人もいましたね。何故両方買わない?(笑)
マスプロ製品としては上出来てはないでしようか。この先の飯田線旧国を見てみたいと思うのは当方だけではないはずです。
中間部にあえて電連付きを選んだのは面白いですね。
  1. 2013/12/01(日) 21:26:09 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

個性の塊とも称される旧型国電を ほとんど後付けパーツ無しでプラ量産品として割り切る事無く発売出来るのは、担当者氏の車両への想いと 同社の技術レベルの高さ だと思います
中間連結器は、ジャンパパーツを付ける為に取替えましたが、やはりイイ感じです
後は 53007の運行窓をど〜するか!
思案中です
  1. 2013/12/02(月) 07:45:05 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

最高ですね

待ちに待った、飯田線旧型国電。以前、キングスボビーの真鍮製品を持ってましたが、当方資金繰り悪化とトミー鉄コレ発売に期待して、クモハユニ64000セットと共に6両を手放しました。かなりの額になりびっくりしました。
カトーから発売されることになり、私としては今年一番のアイテムと思ってます。運行表示窓には、おっしゃる通り納得行かず、改造整備します。
  1. 2013/12/02(月) 14:04:52 |
  2. URL |
  3. 鉄人1028号 #-
  4. [ 編集 ]

今までは キットを組むか 高いキングス製品しかありませんでしたから カトーの飯田線シリーズは、旧国好きにとって福音でしょう
運行窓は、創意と工夫と云う処でしょうか
  1. 2013/12/02(月) 18:30:46 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

カトーがマニアックな分野を開拓するとは思ってもいませんでした。
口から飛び出た「旧国」に、目と口が開いたままになったのを思い出します。
シルヘッダーの彫刻は、ブラスキットに迫る出来のよさ。
最初の写真にあるようにヘッドライトが秀逸ですね。
それにしても初雪?なクハ、いい味出してますな~。
次の飯田線も、もちろん期待しちゃいますな。
  1. 2013/12/04(水) 21:28:37 |
  2. URL |
  3. イケレク #-
  4. [ 編集 ]

同じく カトーが、旧国に乗り出す話を聞いて 驚きかつ製品が期待って通りの仕上がりに 次なる展開を期待してしまいますね
ベッドライトの小ささに感動しました
  1. 2013/12/05(木) 13:51:18 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/1187-71f82f3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)