しなのさかいの駅前広場

やっと来るのは、青い空。

カトー D51北海道形・セキ3000(石炭積載)

おはようございます、しなのさかいです。

2月に入ってからは、いろいろと多忙を極めていまして、模型に触れない日々を過ごしていました。
土曜日の大雪も原因でした。

が、月曜日はなんとなく気分がハイテンションになり、仕事の帰りに総本山を参拝してみることにしたのです。
平成の大改修も終わったようです。22日には西落合へ遷宮となる模様。
東新宿は最高に便利だったので、ちょっと残念。
こういう信者、多いんじゃないでしょうか。





総本山では、予定どおりセキ3000の石炭が発売されていました。
6袋を調達。
こんなことを書いていたら、割と早い時期にホントになりました。
総本山だけの参拝で済まさなかったからかな(ナンノコト?)





以前にも書きましたっけ。
22両のセキ3000が、空荷のままで待機していました。
あっという間に石炭が積載されるはずです。





その通りでした。
おお、すごい!
見る見るうちに石炭が満載となっていきます(あたりまえです)

トレンディ&トラディショナルの頃から約20年。
この空白の期間は、信者に課せられた修行だったのか…
こういうところ、西落合のミステリー??
ワム480000も空のままなんですよね。



そして、きのう。
久しぶりに、近所の量販店へ出撃。
予約してあった品々を引き取ってきました。




ついについに、D51北海道形。

切詰デフ、独特の前部手すり、スノープロー、副灯。
当方に形態を語る資格はありませんが、どう見ても北の大地のD51です。
数年前のリアルライン祭りに一切参加しなかったので、謹んで2両買わせていただきました。
とりあえず1両を320号機にしてニヤニヤしたところです。





このあとには、ギースルも控えているのですから、ものすごい破壊力のある企画です。
以前だったら「ギースルは売れないでしょう」かな。
回転火の粉止めも付いているんですね。
ボディの塗装も、標準形のような銀粉が混ざった、重い質感のある黒となっています。





密閉キャブ、後退角の付いた炭水車、タブレットキャッチャー。
こうしたディテールは、銀河モデル等のパーツを加えないと絶対に再現できないモノでした。
なので90年代は、方々の模型店を訪ねて、よく買いました。
まだ持っていますよ、旧製品にしか対応しませんけど(泣)

それがいまやカトー謹製ですから。
そんなパーツ買い漁り物語があるので、やっぱりこれもまた「生きてて良かった」アイテム認定なのであります。





498号機、標準形と来ましたから、次は「なめくじ」かとも思っていました。
しかし、これもまた拝み続けたことが奏功したのか、北の機関車への大きなバリエーション展開シフトとなりました。

正直ホっとしました。
SLブームの頃に撮影された写真、ムック本などは、おおよそ北海道の機関車がメインです。
なので、こういう形態が製品化されないといつまでもモヤモヤ感が残ってしまうのです。





セキ3000の10両セットも導入。
ついでに2両セットも1箱導入。

したがいまして、
22+10+2=34(両)
こんなところで今回のセキ3000祭りは手打ちとしました。





先日、職場近くの模型店で車間短縮ナックルカプラーを2袋買っておいたので、今回追加した12両のセキのカプラーはすぐに交換。
台車を外さなくても交換できました。

34両が多いのか少ないのか、正直ビミョーなところです。
が、北の扇形庫からさんの50両に及ばなくても、当方のレイアウトではソコソコの見栄えに。

それにしても手で押したときの編成全体の「ビヨーン」という衝撃はすごいです。
メーカー推奨の編成ですが、扱いに気を付けないといけません。
この度の一連の作業を見学していた下の娘が「バックで運転したい」というので、丁重におことわりしました。





ヨ5000のテールライトを見送っておしまい。


今回の石炭輸送列車は、「伯備線石灰輸送列車」と同じような企画のにおいがします。

「あの時、あの列車はこういう貨物列車とすれ違っていた…」

こういうキーワードを頭に浮かべると、実はもうひとつ、カトーとしてはリベンジしないといけない列車があるんですよね。
そんな舞台を一昨年あたりから着々と用意し続けているように見えちゃうから、これまた面白いです(勝手な想像です)
ニヤニヤしながら見ています。


それと、今までの単品貨車製品に、列車としてのストーリー性を持たせた点もいい感じ。
「とびうお・ぎんりん」から続く傾向かも。
こうした企画だと、まだあの貨物列車がある。

さらには、積載用石炭。
こういうパーツは大歓迎です。
寝かせていたセキ3000は、黒車輪化もしたこともあり、見事にアップデートできました。
トキやトラの積荷用カバーも出てくるそうです。
カトーの、ユーザーのフラストレーションを理解した自社製品の振り返り方が頼もしいですね。



「こういう列車も楽しいでしょう」

『週刊日本のなんちゃら』じゃないですけど、最近のカトーの貨物列車には、そんな教養的側面も感じています。

新年を迎えたら、やっぱり大変でした。
ではまた。
スポンサーサイト
  1. 2014/02/12(水) 08:10:00|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<初お目見え!カトー 転車台セット (ヨコハマ鉄道模型フェスタ) | ホーム | 雪の中を走るカナロコ列車>>

コメント

画像を見ているだけで ニヤニヤと…
リアルかつ的確に再現!でしょうかね。
すれ違う キハ82系は、D51石炭列車とすれ違う為のアイテムだったかも?
今は季刊ですが、そのうち 月刊 日本の列車 になったりして…
  1. 2014/02/12(水) 08:38:49 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

月刊状態

線路際の住民さん

月刊カトーヒロシ、月刊日本の列車…
毎月、いろいろと西落合方面に勉強させられていますね、お互いに(笑)
買ってきて開けて、ニヤニヤできる。そんな模型が一番です。
北海道、ネタはまだまたあります。
  1. 2014/02/12(水) 12:18:39 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

こちらも2両導入

1両のみの導入なはずが、師匠のイケレク様のささやきに。ついつい追加してしまいました。いや、追加したいアイテムであります。追加して良かったとみる度に思います。こちらも320としました。かなり320が増殖してると思われます(笑)
C62同様、カプラーをZゲージ化するに、下回りを見ますと、ボディーの削りだけではZカプラー箱が収まらないことが判明しました(泣)
D51に関しましては、下回りダイキャスト先の部分をヤスリで削り平らに必要が有ります。
一度組み立てて、時間がある時に慎重に工事したいと思います。
今回のZゲージカプラー化は大工事となりそうです。
  1. 2014/02/12(水) 14:31:00 |
  2. URL |
  3. 鉄人1028号 #-
  4. [ 編集 ]

2両買い

鉄人1028号さん

コメントをありがとうございます。
当方も、未だにNゲージの買い方で良くあります、2両。
特に「ホントに待っていたんだよ〜」というネタの場合、良くやっちゃいます。
このD51の場合、ちょっとした味付けも出来そうだし、発売予定のターンテーブルや扇形庫の演出にも必須かと思いました。
Zゲージのカプラーは噂でその利用価値を聞いています。スカートと一体化したカプラーだけは、こうハイディテールでもみんな気にしているみたいです。
  1. 2014/02/12(水) 18:07:59 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

積荷でNワールドが変わる…

隠密です。
KATOの北海道シリーズ、充実してきましたね~。
北海道が好きな方にはウホウホの連続でしょうね(^^)

今回、石炭Assyが発売になり、これまでの空荷車を配備していたユーザーには朗報ですね。
これから発売になるトラ・トキらも「積荷」が登場するそうですので、これからの無蓋車は「積荷」によって世界が変わりそうですね。

TOMIXも積荷に着目してくれるとイイのですけど(^^;
シキ・レール運搬用チキなんかは期待しちゃいます。

D51北海道、これが発表された時はおどろきましたが、その完成度は信者を魅了してやまないでしょうね。
次のギースル、これなんかは「まさか、あれが!!!」だったと思います。

D51はファンが多いですし、KATO謹製なら売れること間違いなし♪
次のナメクジ、特に1号機、そして中央西線仕様に期待したいところです(^^)
  1. 2014/02/12(水) 20:04:24 |
  2. URL |
  3. 隠密 #oKzxZbq2
  4. [ 編集 ]

まだ狙われている信州

隠密さん

まずは181系あさま発売決定、おめでとうございます。
結局のところ、ナメクジも避けられないネタなんだと思います。
あとはどんな列車に仕立てて企画されるのか、でしょうか。そういう答えを見るのが今のカトーの楽しみ方のひとつなんでしょうね。
トミックスはそうした点があまり見られません。なので車両を出しても使い方で?なんです。積荷もジオコレシリーズでカバーすればいいのにね。
カトーの中央本線攻撃。まだありそう?
  1. 2014/02/12(水) 20:20:42 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

北海道形、しなのさかい様のレイアウトとよくマッチして音まで聞こえてきそうです。赤いトタン屋根が泣かせます。

うちも1台は320。築港時代ではC62と居た頃を再現できますね。D51+C62のニセコもありましたから。

2台目は思案中です。某ブログで先頭の手すりが太いとかで、富C57135のパーツが合うとか。

石炭は、ナイスなパーツですね。

レイアウト、いい雰囲気ですな。
しなのさかい様、運転には、ターンテーブルが必要になりましたね!
  1. 2014/02/15(土) 05:02:53 |
  2. URL |
  3. イケレク #-
  4. [ 編集 ]

イケレクさん

当方も見ました。C57135の手すりを使う話。ちょっと面白そうですが、当面はこのまま使うつもりです。それこそ銀河かどこかのパーツがあったかも…
ターンテーブルは欲しいけど困りました。しばらくは建設中の方を優先かな。欲しい欲しいと言いながらコレじゃあ信者失格です。
  1. 2014/02/15(土) 16:49:33 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/1203-d67bc6ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)