しなのさかいの駅前広場

荷物車がいっぱい

拡がるDD16の遊び方



線路際の住民です

ラッセルヘッドとセットになったDD16-304のヘッドライトが、非点灯になっているので DD16 ASSYパーツを使いライトを点灯出来る様にしました。



ボディー外すと もう ライトユニットを差し込むだけ!
取り付けて終わりです。


これで これからのラッセルヘッドを外した団臨の運用も大丈夫です。

試しに セキ3000×50を牽かせてみると…
全く無問題! 牽引力のある機関車です




こうなると JR仕様のプッシュ・プルでシュプール号を再現したくなります
チョット 手を加えるだけで 使い方が広がります
まずは、客車の調達かな?



スポンサーサイト



  1. 2014/04/15(火) 08:30:39|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<カトー セキ3000を見ながら | ホーム | D51北海道型を弄って見る ② (D51467)>>

コメント

DE10やDD13に比べて格段に走行が改善されたように思います。ウエイトを重くした効果でしょうか?重くした分、走行だけでなく牽引力もアップですね。DD16は使い道が沢山有りますね
  1. 2014/04/15(火) 16:34:05 |
  2. URL |
  3. 鉄人1028号 #-
  4. [ 編集 ]

手に持った時のズッシリ感が、あ〜機関車!と思わせてくれますから 効率よく重量配置が出来ているのかもしれません
DD16は、貨物・寝台車やジョイフルトレインまで幅広く牽引してきたので 色々なシーンを再現出来るでしょうね
  1. 2014/04/15(火) 20:49:38 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/1217-10da5b5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)