しなのさかいの駅前広場

やっと来るのは、青い空。

ローカルホームへ大転換?(10)

こんにちは。しなのさかいです。


相模の国。
日曜日は「梅雨のはざま」という具合に雨が止みました。湿度もそんなに高くなく。
ならば、やるしかない…(なにを?)




跨線橋のつづきです。

本番仕様のホームの上にはめ込んでみると、3本の階段にコンマ数ミリの長さの違いがありました。
かなり神経を尖らせて組んできましたから、これは意外でした。





原因はココだったのです。
真ん中の階段の下に作った倉庫。
貼り付けた板状のプラ板が、やや下に長かったようです。
ヤスリで慎重に、砥石を扱うような気持ちで削ります。





こうして3本の階段はガタツキも無くなり、サクッと階段基礎部分の穴にはまりました。
思えばこういう調整ばかりの2か月。
消耗するはずですョ。



足の基礎部分もエバーグリーンの2ミリの角棒でやり直しました。
よし、塗装開始だあ~。





今回は面倒ながら、黒立ち上げ方式にしました。
エアーブラシで全体に黒を吹いた後で、さらに小田急アイボリーをうっすらとのせていきます。
ダマが吹きつかないように細くして…





足は時間の都合上(夕方だったので)、直接小田急アイボリーを吹きました。
でも、これではやっぱりダメ。
本体と色調にズレが発生しちゃいました。
またやり直します。





でも、本体はまあまあイメージ通りになりました。
小田急線を入線させることもありそうなので、小田急アイボリーの使用はビミョーでした。
こうして黒の上からのせれば、同じ色にはならいようです。





カトーの蒸気機関車が大変素晴らしい姿で連続リリースされているので、茶色にしようとも考えたんですけど。
しかし、国鉄特急の全盛期も捨てがたく、こうして白系に。







181系あさまくんをホームに滑り込ませて雰囲気チェック。
国鉄時代に近づいたかな。
次はすじかいを取り付けることになりそうですね。それと窓ガラス。

もう少しなので、頑張ります。





駅前広場は4月の状態そのままでした。
この砂利状態の地面にはさらにグレインペイントを塗りたいんだけど。

でもまあ、跨線橋工事は構造的な作業を抜けたので、気が楽になりました。
もうすぐ夏ですからレイアウト工事にも限界がありますし。
なので特別車両のようなプチ工作も復活させていきます。


ではまた。
スポンサーサイト
  1. 2014/07/07(月) 12:20:55|
  2. 鉄道模型(レイアウト)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<最近のグリーンマックス (東急5175F) | ホーム | E655系をお召仕様にするときのコダワリ>>

コメント

いょいょ 10シリーズ目に突入しましたね!
湿気の多い日が続くこのところでの塗装作業は、大変だと思います
白ベースの跨線橋って意外にイケてますね!
下を通る車両でシュチエーションを変える事が出来る事がわかります。
あさまの通過で信越線っぽく見えてきました!
じゃ 営団6000が通過したら…
色々と気になってしまいます
  1. 2014/07/08(火) 06:46:30 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

線路際の住民さん

ありがとうございます。
色はホントに悩みました。だけどSLばかりを走らせることもなさそうでしたので、無煙化後の雰囲気づくりは仕方がないところだったみたいです。
営団6000系のお供に(笑)
ヒートポンプはダメだという結論の後の方がイイですなあ。
  1. 2014/07/08(火) 07:36:23 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/1240-576be25b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)