しなのさかいの駅前広場

やっと来るのは、青い空。

近江路をゆく、模型屋に寄りながら。

こんばんは。しなのさかいです。


IMG_4445.jpg

鉄道模型コンテストの前の5日間は、早めの夏休みをもらいまして、そのうち日曜日から木曜日までは、家族を連れて旅に出ました。

今年の行き先は、滋賀県。
4泊5日、車でビワイチ、
という感じです。
滋賀県に入る前には、昨年と同様、郡上八幡に寄って踊ってきました。



IMG_4268.jpg

近江の国に入る自分流の礼儀作法です。
名神高速道路を関ヶ原インターで降り、島津義弘隊が中央突破した交差点から国道21号を進んで滋賀県に入りました。

途中、中山道醒ヶ井宿にて梅花藻を見て、火野さんのマネをしながら、美味しいホットコーヒーをいただきました。





坊やが飛び出し始めたことを確認。
滋賀県に入ったことを実感しました。



IMG_4284.jpg

彦根城のバケネコにも会いましたよ。



1193.jpg

近江八幡で手漕ぎ舟に乗り、1時間半の船旅を楽しみました。
気分は秋山小兵衛でした。



◽︎◽︎◽︎



旅では、鉄道模型店を訪ねることを楽しみのひとつにしています。
今回は2つのお店に狙いを定めていました。



1181.jpg

まずは、彦根のピノキオさん。
なかなかの在庫数でした。
いくつかのブックケースに目移りしてしまいましたが、トミックスの8537が1個だけあったので、これをいただきました。
それと、蕨方面の瞬殺したスゴいのがありましたが、がまんしてやめておきました。
あるところにはあるんですね。
日本は広い。



それと3泊目は、浜大津の琵琶湖ホテルだったんです(このホテルは京阪グループなんですね)。
職場のあっせんで、安く利用できることになりました。
しかし、20年近く滋賀県で気になるお店がすぐ隣だったのは、予約した後で気付いた、まったくの偶然でした。

チェックインの後、ホテル前の港を散歩しようと4人でさりげなく外出。



IMG_4489.jpg

その港の堤防から望遠で見ると、間違いない!
レールショップなかむらさんです。
家族をホテルへ戻らせ、1人で行ってみることにしました。
夕飯タイムまでおよそ1時間。



IMG_4491.jpg

Nゲージ鉄道模型のお店とされているところが頼もしいです。
こちらでは、Nゲージの165系ブームが巻き起こった1990年代に、カトー製品に対応した屋根板やグレー床下などをリリースしていました。
今のラウンドハウス赤ラベルパーツの先駆けとでも言えるものです。

当時、流通していた関東のお店でそんな製品群を手にとりながら「え、大津??」とびっくりし、いつかは訪問したいと思い続けて、とうとう20年経ってしまいました。

店内は、子どもの頃に近所の模型屋さんでよく見た雰囲気でして、いたるところに急行形電車や国電の作品が並んでいました。
すべてを見きれなかったのが悔しい。

店主の中村さんに来意を告げ、いつしか最近のNゲージ市場のことをあれこれと語り合ってしまいました。
お互いに昔の市場のことを知っているので、現在との比較でお話できたことが盛り上がった理由だと思います。



で、どんな話だったのか?

メーカー、流通、ユーザー…
今、この3者すべてがNゲージを楽しめていないんじゃないかな…
簡単にまとめてしまうと、そんなテーマだったような気がします。

上流から下流へ流れるモノの質と量。
下流から上流へ向かう気分が満たされた証としてのお金。
そしてそれらの動くスピードの速さ…



むかし話を交えながらですので、軽く2時間くらいは続けられるテーマでしたが、夕飯の時間が迫ってしまいましたので、仕方なくお店を後にしました。
お話をしただけとなってしまったのに、中村さんに丁重にお見送りいただいたことには、ただただ頭が下がる思いです。
必ずまた、キチンと訪問させていただきます。
ありがとうございました。


こうした話題、もう少し顕在化しないものかなあとも思います。
が、遊び方の指南役だった某月刊誌もチラシ化、マニュアル雑誌化して幾久しく、また、その新製品を取材対象とするだけで精一杯なのでしょう。
いろいろと変わってしまいました…。



IMG_4502.jpg

その夜は、浜大津駅でおけいはんの観察をしました。
ちょいと京阪ファンになりそうな予感。



◽︎◽︎◽︎



近江の旅の続きです。

比叡山ドライブウェイの展望台で。
とある地点でパーンすると、


IMG_4536.jpg

左手に琵琶湖と大津市街。


IMG_4537.jpg

右手に京都市街を見ることができました。
娘たちが赤ん坊だった頃は、行き先を伊豆ばかりとしていましたが、ついについに、ここまで来ることができました。



IMG_4535.jpg

さらに京都駅を見るとこんな感じ。
タムロンB008は無料の展望台望遠鏡として使えました。
捨てなくて良かった。

上の娘は来年の修学旅行で京都に行くそうなので、今回は京都側へ下山することなく、近江路へ戻ることとしました。
娘よ。来年はあの街の中でおみやげばっかり見てないで、しっかりと勉強してくるのだぞ。



IMG_4542.jpg

比叡山は天然クーラーでした。



1247.jpg

満月寺は、土曜ワイド劇場「京都殺人案内」で見た場所です。
今振り返ってもいいドラマシリーズだったと思います。
DVD化されないかな。
音やんのおみやげは斜め上を狙うものばかりでしたね。



IMG_4596.jpg

途中、湖西線と並走する国道では、下から水田、高架線、琵琶湖、空という素晴らしい景色ばかり。
何度も車を止めたくなりましたが、同乗者たちが爆睡しているので、起こさないように運転し続けるしかありませんでした。



1253.jpg

で、娘たちは海津大崎で琵琶湖に入り、



IMG_4640.jpg

マキノでバスツアーのおばちゃん達とメタセコイア並木を見て、



IMG_4677.jpg

当方は長浜鉄道スクエアで、ちょいと鉄分補給。
ED70の塗装が綺麗で、スリスリと触りまくりました。



IMG_4712.jpg

とうとう家族旅行で223系の新快速を見る日が来たんです。
「赤いきつね」はW仕様だし、うーん、気分はアーバンネットワーク?



IMG_4655.jpg

そして長浜から再び彦根へ向かい、琵琶湖1周が終わりました。

そんな夏の旅でした。
ではまた。


















スポンサーサイト
  1. 2014/08/15(金) 23:43:13|
  2. 駅ノート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11
<<ひかりは西へ マイクロエース製品活用術 | ホーム | 鉄道模型コンテスト2014>>

コメント

近江地区進撃お疲れ様でした!

おはよう御座います 海山鉄です。

今回は足を伸ばして近江地区までお疲れ様でした。
滋賀の琵琶湖近隣の長浜のED70は綺麗ですよね。
お隣にデゴイチさんも鎮座されてましたよね。

拙者も以前は西武線沿線に居を構えて居り、関東の模型屋の事も熟知しているつもりですが、其々良い点悪い点有りますね~

関東のお店は発売日に店頭に並びますが、地方店は2~3日後なんていう所も多いです。

人気車種もやはり違いますし、地方店でも人気商品は発売後数日で完売するようになって来てます。
こっちに来て、呑気に構えていると完売間近で焦る様になって来ました(爆)

また、今度は名古屋にもお立ち寄り下され。
あんかけパスタなら旨いお店を紹介致しますゆえ。
  1. 2014/08/16(土) 09:20:20 |
  2. URL |
  3. 海山鉄 #-
  4. [ 編集 ]

海山鉄さん

コメントをありがとうございます。
長浜のD51も、もちろんキャブに入りました。しかし暑い屋内で汗たらたら。EDのピンク色に気持ちが吸い込まれていたらそれで満足してしまいました。

地方、と言うと失礼かもしれませんが、地域それぞれで売れ方も違うと聞きます。それだけに店頭で残っているものにも違いがあって、なんでこんなのがまだあるのか、という楽しみが味わえます。中古店とはまた違う、ガンプラを見つけたときのようななんとなく懐かしい気持ちがこみ上げてきて… ネットで在庫確認、というのも味気ないと思うときがあります。
あんかけスパゲッティ、まだ試していません。もちろんターゲットにはしています。
名古屋にお邪魔するときの食事の回数が足りないので、いつも優先順位が後になりまして。「登山」もしたいのです(笑)
  1. 2014/08/16(土) 17:58:01 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

山登りは・・・

こんばんは

拙者、山男(ロクヨンとか)は好きですが、山登り(喫茶マウンテン)は苦手です(爆)

と言うかマウンテンでもスタンダードな物も有るそうですよ!
  1. 2014/08/16(土) 18:18:28 |
  2. URL |
  3. 海山鉄 #-
  4. [ 編集 ]

旅先で見つけた模型屋さんを訪ねると
あっ!と云う様な商品が、残っていたりしますね
そんなお店を見ると 車両を買うときのドキドキ感を おもいだします
最近 感じなくなったな〜
  1. 2014/08/16(土) 22:29:15 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

線路際の住民さん

毎月末には数多のアイテムが新たに溢れかえりますが、これこそ待っていたものというアイテムはごく僅か、というか「なんだこれ?」てなものが多いのかも。
トミーテックは禁断の果実を手にしてしまったのかも…
  1. 2014/08/17(日) 09:43:43 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

近江路遠征お疲れ様でした。

旅先での模型店巡りは未だにわくわくしますね。瞬殺ものに出くわしたりして驚いたり・・・。

ホントに有るところには有るんですね。

さて、仕事の方は相変わらずの欠員状態で連日へとへとですが、やっと夏休みが決まりまして

24日から30日まで行って来ます。今年も「はやぶさ」+「スーパー白鳥」です。

と言う訳で今年もJAMは欠席です。
  1. 2014/08/19(火) 01:22:26 |
  2. URL |
  3. 北の扇形庫から #Wd3nJgFU
  4. [ 編集 ]

北の扇形庫からさん

おー、例年よりもだいぶ遅めの夏休み?
おつかれさまです。
今年のJAMは、ちょいと違う視点で見学してきます。やや後方から眺める感じで(笑)やらしいです。
JR北海道については、いろいろなうわさ話が飛び交っていますが、どうなるのかなあ。いろいろ見てきてくださいまし。
  1. 2014/08/19(火) 07:37:03 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

しなのさかい様、夏休みを満喫されたようですね。私もお盆は物見遊山休みをしておりました。
上流↔︎下流の流れがキモですね。
濁流では全て押し流され、日照りでは棲息する全てに悪影響…。
さて今年後半から年明けもこのまま行くのかな〜?
  1. 2014/08/20(水) 12:13:04 |
  2. URL |
  3. イケレク #-
  4. [ 編集 ]

イケレクさん

上流から変なものが流れてきたら、ちゃんとダメと言わないとダメですよね。我慢して買っちゃうから、また変なものが流れ流のです。
  1. 2014/08/20(水) 22:09:51 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

最近のNは

最近のNは本当に欲しいから買うのでなく買ってそれを別の車両を買うためにオークションで売ったり中古屋に売るのが目立ちます。

クレカで買ってそれを売却してそのお金でクレカの支払いとかしている人もいますね。

その証拠にスルガ銀行の鉄道模型専用ローンというのがあるくらいです。

アコムやアイフルとかと模型屋と家の往復とかの人もいますね。

毎月10万円とか使っていたら最後は自己破産ですよ。

<span style="background-color:#FFFF00;">レールショップなかむら</span>さんはすぐに量販店や中古屋やオークションで売れなくなったと言っておられたましたが一理ありますが実際は買いすぎて自己破産予備軍が増えたというのが本当のところです。
  1. 2014/08/25(月) 15:13:07 |
  2. URL |
  3. アンチマイクロ #-
  4. [ 編集 ]

コメントありがとうございます

アンチマイクロさん


はじめまして。
借金というテーマのご提供、ありがとうございます。

市場のモノの流れが昔より速そうだと書きました。
所持金の範囲か否かはわかりませんが、売る、買う、というサイクルが早くなったことは、客観的に見ても明らかです。

そのこと自体に悪い点は無いのです。
市場規模がこんなに大きくなってしまったのですから。

そんな中で、Nゲージを楽しんでいる人はメーカーにもユーザーにもちゃんと残っているのかな?という点に注目しました。
楽しそうな製品が上流から流れてくるならばいいのですが、「こんな仕上がりでもいいだろう」と出来の悪い製品を流し、流れてきてもユーザーが買って支持している(箱を積むだけなのに)
メーカー、流通、ユーザー。
3者すべてが、なにか粗雑な気持ちになっているのかな。疲れてる?

「借金してまで」ということについては、こうした粗雑な疲れた気持ちでいながら、更に借金をしてまで、という話になるなのかなと、コメントを読ませていただきながら整理してみました。

市場の中にいる一人のユーザーとしては、ちゃんと模型を楽しんでいるメーカーと、身丈にあったペースでお付き合いをしていきたいなと思っています。



  1. 2014/08/26(火) 08:11:39 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/1251-7005c7ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)