しなのさかいの駅前広場

ぐったりやくも

恰好イイ Z規格機関車 マイクロエースEF13




線路際の住民です

待ちに待ったEF13の発売です。
模型屋さんで製品を見た時に 戦時型とは思えない 素晴らしい仕上がり!
少し歪んで凸凹でZ規格満載な試作品を見ていただけに 良い方に大化けしたEF13に 感動して 思わず複数買いをしてしまいました。

やっちゃった!



製品の設定は、登場時 上越線仕様 その他に 購入を見送りましたが、箱型タイプの三種類です

特に 箱型以外は、実車を見た人が少ない事から 造形把握は大変だったのではないでしょうか。
HOゲージの造形村から このEF13が発売されてますが、少ない細部の資料やモデル化する際のデフォルメが大変だったとか…
しかし この辺りを頑張った事で 行き付けの模型店員氏によると 数少ない実車を見た人からは好評だったそうです。

その後の発売ですから メーカー的に 参考になったかもしれません。



登場時仕様の 白ペンキナンバーが、緊迫した世相を感じさせます

大東亜戦争に勝つまでは!

そんな会話が鍛治橋近くにあった東京機関区で交わされたんですね。
コンクリート製の死重を搭載したくなります。

でも Z規格にしては、恰好良すぎでしょうか?
ホントは、凄く恰好イイ機関車だったのかしれません
え?この仕上がりは、決して乙規格じゃないです




上越仕様は、スノープロウ付きで
ナンバー入りが泣かせてくれます

走らせた時の 軋み音は、当に戦時型の雰囲気です 流石にフラッシュオーバーや感電事故はありませんが、ギアの馴染ませは必要でしょう。




凸型EF13が牽引する貨物ってナンでしょうか? 同時代の貨車を考えると ワム50000や90000 トキ15000 ギリギリでタキ3000でしょうか。
トキの積荷は、復興需要に材木を積んでも良いでしょう。
奥深い貨物列車遊び方が出来ますね
また EF13の牽く貨物列車の写真を眺めて悩む日々が続きそうです





スポンサーサイト
  1. 2014/08/21(木) 21:40:06|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<箱型EF13を弄って見る | ホーム | ひかりは西へ マイクロエース製品活用術>>

コメント

牽かせる車輌は・・・

凸型であれば、ダブルルーフの木造客車を牽引させても宜しいでしょう(^O^)箱型だとワム60000や同70000・ホキ9800に同2200、あと『コイル鋼管号』もお勧めです。 (コイル鋼管号は、マイクロエースから発売中です)
  1. 2014/08/22(金) 12:35:12 |
  2. URL |
  3. 岩崎友裕 #-
  4. [ 編集 ]

凸型EF13が牽引する列車って 結構 限られてしまいます
上越仕様であれば、スハ43系列はアリでしょうか。
考える楽しみもある機関車ですね
箱型は、様子を見ようかな〜
  1. 2014/08/22(金) 23:03:05 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/1253-29e0d239
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)