しなのさかいの駅前広場

四季島に旅情は感じない

第15回国際鉄道模型コンベンション(その3・完)

(その2からつづく)


クラブのモジュールレイアウトも見てみました。
最近は、非常にリアルな情景が増えているようです。当方も涼しくなったら、そろそろがんばらないと。

ただ、ギャラリーの目を楽しませていただいている分、夏休みをフルに使って製作されていたのでは、と推察します。
この点はお見舞い申し上げます。







でも、毎年楽しみにしちゃっている上越線レイアウトは、今年もすごかった。
越後中里の風景だそうで。
跨線橋などなどをプラ材から作られたみたいです。





架線を貼る規格は真似できそうにありません。それだけ「いつか見た景色」は当方のそれとは段違いに良く見えるのです。





こちらは別のクラブ(お名前を失念してしまいました。申し訳ございません)。
只見線の風景だそうです。
実物を観察した上で…だからか、模型的には無駄に見える敷地の使い方も、これでリアルに見えます。
かつては様々な施設や設備があって、撤去されたから、こうなる…
こういう理解が大事なのでしょう。







同じモジュールから。
地元の産業を感じることができます。
だから生き生きとした情景になるんですね。


プロのレイアウト製作会社さんたちは、方向性が違うとおっしゃるかもしれませんが、ホントにそうなのかなあと、ちょっと考えてしまいました。




【カトー】

鉄道模型コンテストから、わずか2週間ですが、やや動きがありました。





キハ110のレストランです。
塗装表現にこだわりがあるとのことでした。





クロ481は塗装されて出場。
台車の位置、短いクーラーカバー、特急サボ。
いろいろとクロ481を味わえる横顔、イイです。





この立体的なJNRマークは、他の特急形式でもどんどんやってもらいたいなあ。
なぜかボンネット車にしかやってもらえない豪華な表現なのです。

来月発売。
東北地方の列車たち。まだまだ続きます。





で、これも東北地方。
583系は、ついに古い金型とお別れ?

あの旧製品も、90年代は再生産されるたびに争奪戦でした。あの頃はとにもかくにも、583系と165系が盛り上がってましたよ。
なのでブーム末期の90年代の終わりと2001年にHGの165系・583系が製品化された訳です。
わかりやすいNゲージの歴史。
ココ、試験二出マスカラ。

583系2014年版を見て、ふと懐かしく思い出しました。





室内の中段寝台パーツは、座席パーツの上にチョンと乗せる感じでした。





取り付け後の車外からの様子。
ちゃんと斜めになった中段寝台の裏側が見えます。
寝台状態では下段の方が間違いなくブラインドを下ろしますから、この状態で見ることはあまりなかったと思います。
が、サードパーティでブラインドが出るでしょう。
それでもなお室内灯は必須だと思います。
複雑な話になりますが、そういうことでいいと思います。







DD51は今日にも発売でしたっけ?
キハ183系をそろそろセットアップしようかな。
もちろん国鉄色の方です。





苗穂マーク確認!





方向幕はニセコ。
週末には自宅のレイアウトを激走するかもしれません。
快速海峡をやるなら、縦雨樋の無いこの14系がベストかな?
はまなすのASSYを買わなくて良かったです。




そしてそして。
あけてくれ、と念じていたら加藤社長があけてくれたパネル。

今回はパネルがひっくり返った途端、ユーザーの「はてな?」な間があったような。で、その後で「おー!」
ちなみに一昨年は怒号のような「ぉおー!」で、昨年は「あー」ってな感じでした(わかります?)
この1年に1回のパネル芸は、観客の一瞬の反応が見もので、ユーザーの嗜好がよくわかります。




さて、パネルの中身。
マイクロエースのNSEも評価しています。
けどね、NSEファンにとっては五角形のマークの時代のか欲しかったのです。
マイクロエース、ちょっと遅すぎましたぜ。
原形で、屋根がスッキリした時代。これはこれで楽しみ。
屋根がツルツルだと非冷房と思う方もいるかと思いますが、ヒートポンプの冷房が床下で機能していたのです、一応ね。
じゃないと、あの固定窓ではゆでダコになります。
効きがイマイチで屋根に増設したのでした。



「ワイアール星人はこのセットには入っていません」
こんな文字がケースにあれば、なお素晴らしいです。

ジョークです。



◻︎◻︎◻︎



今回もいろいろとお話を伺いました。
重ねて御礼申し上げます。

ずいぶん前に、キット製品群を持つメーカーさんと、新宿で飲んだことがありました。
その時に印象に残っているお話…
古い時代を表現した古い時代のキットを開発した人たちが、今では社内に誰も残っていないし、今の人間ではそれをマネ出来ない。でも、そのキットのおかげで、今は日銭を稼げているし、違う方向性だけど新規製品を作る余力を生んでいる、ということでした。
ちょっとふかーいお話でしたよ。

今のカトーのラインナップは、あらためて語るまでもなく、濃いーものが続いています。
が、いつかEF56のような車両でも、ベストセレクションになる時がくるかもしれませんね。
古い車両には、鉄道が庶民の旅客輸送、物流、情報通信の全てを担っていただけの味わい深さがあります。
こんな旨味は、これから先も、今の若い人達が大人になった頃にも理解されるんじゃないかと。
そんな気がします。



◻︎◻︎◻︎



この夏2回目のビッグサイトを後に。
夏の終わりの台風シーズンには3回目もあります。
線路際の住民さんと、なかなか来ない湘南新宿ラインを待ちながら大崎経由で帰りました。






冒頭でお話したとおり、会場のスカスカ感が不安要素。
身丈に合った会場探しをするときなのかどうかはわかりませんが、転換期を迎えたイベントなのかなという感想は持ちましたです。


ではまたです。


スポンサーサイト
  1. 2014/08/29(金) 08:10:00|
  2. 鉄道模型イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<3つ目のDD51のプロテクターをチョット | ホーム | 第15回国際鉄道模型コンベンション(その2)>>

コメント

NSEは、かなり話題になってますね。クーラーが上に載ってないタイプですか!レジェンドの後に?ですかね。近鉄10100系のお供にエースカーやスナックカーをお願いしたいです。名鉄パノラマカー、東武DRCも。小さい頃、鉄道絵本を広げると出てた車両が発売されるなんて、幸せですね。
  1. 2014/08/29(金) 20:30:20 |
  2. URL |
  3. 鉄人1028号 #-
  4. [ 編集 ]

飯田線を含め小田急NSE等 今迄のカトーだったら まずやらない!ネタだと思って居ましたが、コレもやっちゃうの!
そんな驚きの連続です。
しかし 製品化にテーマを絞ったロジックは、あ〜なるほど! このテーマじゃないとずっと 製品化出来ないよね! そんな展開が見えるところが、また 楽しみなんですね
jam会場内の移動が 楽な事!
広い通路が、果たして良いのか悪いのか…
来年は、どうなるのかしら
  1. 2014/08/29(金) 21:49:16 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

レジェンドコレクションの意味

鉄人1028号さん

レジェンドの後に、なんでしょうね。
今回をレジェンドにしたことで、後続する企画を確信して待つことができます。
レジェンドコレクションには、そういう意味が含まれる傾向があるから、またおもしろいのです。
  1. 2014/08/30(土) 12:01:11 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

気が付けば、テーマを打ち出しているのはカトーだけ

線路際の住民さん

メーカーがテーマを持つということ自体に、楽しみをアピールしようという姿勢が表れるんでしょうね。
なので、他のメーカーさん、今見るとアピールされているテーマが全然ないです。
散発的っていうか、悪く言えば迷走。
ユーザーが「カトーならやってくれる」という気持ちを持つことは、上流と下流が自然に通じている証拠なのかも!
  1. 2014/08/30(土) 12:08:00 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

よみがえるあのシーン

しなのさかい様、いつもながらレポートありがとうございました。
カトーの文法にのっとり読み解く作業は、他のメーカーにない楽しみでもあります。
あれこれと想い巡らしながら、発売された意中の車両を手にした時に当時のことが鮮やかに蘇ります。

模型の運転会でも、次回は「ああ、上野駅」、「九州ブルトレ」「峠道」だとか言って、手持ちの車両から、テーマにあったものを持ち寄って楽しんでます。
古い世代だけでなく、「交流モーター」、「4ドア車」とか、いろいろテーマを決めて、学生も混ざって遊びます。
レール上に出揃うと記念写真。
そのあともしばらく眺めながら、鉄談義が花を咲かせます。まさに至福の時間です。
書きこみが楽しくなってきて、止まらなくなりそうなのでこの辺りで。

今後も、至福の楽しみが末長く続くよう、願って止みません。
  1. 2014/09/01(月) 20:13:37 |
  2. URL |
  3. イケレク #-
  4. [ 編集 ]

イケレクさん

やってられないことばかりの日常の中で、みんなで語り合える趣味を持つありがたさ。つまらないことを忘れさせてくれる鉄道模型趣味を持つことに、なんとなく優越感もこみ上げてくるのです。ますます楽しくなりそうですね。
  1. 2014/09/02(火) 07:16:21 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/1257-a313e153
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)