しなのさかいの駅前広場

またリニューアルですか、そうですか

天地人の里を行く485系

線路際の住民です
 月刊マイクロエース今月号は、711系にするつもりでしたが北の扇形庫様の実物写真を見た後に
製品を見て これはチョット? という事で485系上沼垂色「雷鳥」を購入しました。
 新潟方面に撮影等で訪れると 必ずと言って良いほどお世話になる電車です。
 この車両セットの構成は、1000・1500・200番台で 台車を除き床板等作り分けが
なされており 好感の持てる製品でしょう。


 以前トミックスからも同じ種類が、製品化されておりますチョット並べてみました
HI380004(2).jpg
 こうしてみると印象把握は、右側のトミックスに一日の長を感じますね しかし 今回製品では、
ヘットライトの大きさに改善が見られたようで ボデーを開けてライトレンズを見てみると
金属の様な物が巻かれており ライトリムを表現しているのでしょうか
HI380011(2).jpg

 このセットの先頭車は、200・1500番台になっており編成にバラエティーを持たせております
HI380002(3).jpg
HI380003(3).jpg

 この485系上沼垂色セットの見せ場は、200・1000・1500番台各々の床下機器を作り分けているところでしょう。
 まず、両先頭車200・1500番台では、元々の使用背景が異なっていた為 別物と思うくらい
異なります、画像では分かりにくいかもしれませんが、床下機器配置が異なります
HI380007(2)(2).jpg
 この機器配置の相違は、確か耐寒耐雪強化に伴うユニット化の為だと記憶しております

 特に中間車モハ485系では、同じ耐寒耐雪型の1000・1500番台の違いを見る事が出来ます
HI380005(2).jpg
 上が1500番台車 下が1000番台車で主抵抗器が、前者MR127 後者R52Dが解り易く
表現されています。
 本来の1500番台M車の台車にDT32Gが、使用されていますが、実車も殆どが、本州型になっている事もあり通常の台車をはいています
 
HI380008(2)(2).jpg
 屋根上ですが、当初クーラー横のランボードに耐寒耐雪車に見られる覆いがしてあるのかと
思っておりましたが、実車の写真を見ると製品通り、覆いは無いのですね。

 以上とりとめの無い文章になってしまいましたが如何でしたでしょうか?
 とかくマイクロエースの485系の正面形状について 色々な話を耳にする事もあり
的を得ている事もありますが、製品全体として見たときにバランスのとれいると思います

711系どうしようかな~
スポンサーサイト



  1. 2009/06/13(土) 22:44:07|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<黒船がやって来た!(横須賀線開業120年記念) | ホーム | 711系今昔>>

コメント

上杉軍貸切列車?

インプレッション、ありがとうございました。
静岡で試作品を見たとき、200番代の正面貫通扉の造詣に好感を持ちました。床下機器の違いまで作り分けていたとは知りませんでしたが。なかなか気合いの入った製品ですね。
確かに同社の485系については、いろいろと意見があるようですが、かといって模型店が不良在庫を抱えているかというと、そうでもないんですよね。レッドエクスプレス5両セットは、もうどこにもありません。

711系どうしようかな~。
営団6000系どうしようかな~。

「天地人」見ています。
私、大河ドラマ・マニアでもありますので。
OP格好いいですよね。CD買っちゃいました。
  1. 2009/06/13(土) 23:17:53 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/130-1717d803
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)