50系の見える風景

2015-04-13 (Mon) 18:40
鉄道模型(車両) 10
こんばんは。しなのさかいです。




日曜日は、まあまあ遊べました。
そこに下の娘がやってきて、サウンドボックスに目が。「これなに」の次は「やらせろ」との仰せです。
どこの家にでもある装置、という訳ではないし、同級生の男子に鉄分の濃いのがいれば自慢できるでしょう。仰せのとおりやらせました。
しかも無料で。列に並ぶこともなく。

C56を体験運転しているうちに、うまく音を出していました。投炭のタイミングなんかナカナカでしてね。
10歳の女子なのに、いいセンスです。
スピーカーをボタンと勘違いして指で押そうとしたときは全力で阻止しましたが。





それと、忘れないうちにメモです。
タキ10600のカプラーは、やっぱり車間短縮ナックルカプラーに交換しました。
R315でも問題ナシ。発売時に決断が鈍りましたけど、ハンドル側同士で連結したからかな。これで良かったんですよねー。





小型機と小型貨車の編成ですから、R315でもカクカクしていません。だからこの曲線に馴染んだように曲がった感じがナイスです。





もちろんR447でもいい感じ。
自然とスピードを緩めにしたくなるゆる~い編成で、ゆる~い視線を送り続けました。
次はサハ48034です。楽しみですね。



本題です。
カトーの50系です。

単品で買った3両はボディマウントカプラーの換装を行っていましたが、基本セット5両は室内灯の取付けまでで、カプラーには手をつけていませんでした。
ボディマウントカプラーにしたときの車間を、あともう少しどうにかしたい、という思いもありましたので、カプラーポケットを切り飛ばすことに迷いがあったのです。





しかし、この日曜日。
自分でいろいろ研究してみたらこのように詰まったのでした。
すごいじゃん。やればできるじゃんじゃん!





比較用にトミックスのオハフ50を見てみます。TNカプラー0371に換装したノスタルジックビュートレインのオハフ50です。
こうして見ると、車間はTNカプラーと同じくらいになったと言ってもいいのではないでしょうか。





詳細はナイショです。
ちなみにカッター、ニッパーのような刃物類は一切使っていません。だから気持ちイイのです。
正解がおわかりの方はスルーしといてくださいね(笑)





せっかく待望の50系がやってきたのです。牽引機がEF71やED78だけでは、50系を持つ意味が半減してしまいます。
EF71の開放テコのASSYパーツを買っておいたので、先に発売されたED751000の赤いテコと交換してみます。





交換してみました。
やっぱり黒かな。
ちなみに両パーツは色違いというだけのようでした。完全な互換性アリです。





どう考えてもキケンなところからの1枚。
1987年7月21日。青春18きっぷで早朝の上野から青森へ。
盛岡から青森まで乗ったラストランナーもED75が牽引する50系客車でした。
フランジ音を立てながら大カーブを通って青森駅に進入する頃は、完全な夜中。ところどころに光る構内灯が終着駅のムードを演出していました。
渡道する気持ちが自然と高揚した記憶があります。





50系客車ならば、もう一つの牽引機を出さない訳にはいきません。
かつてのトミックス「さよなら磐西客車セット」でつまらない買い物をした思い出よ、さようなら~(笑)
こうして2015年にカトーによる磐越西線の列車が組成できました。

「14系ニセコ」も「急行八甲田」も極々最近発売された製品です。その際に登場したED751000、DD51500中期耐寒形(3灯形)が、別の列車の先頭に立ってレイアウトを周回する。これこそカトーの緻密な計算、企画のおそろしさです。





磐越西線のどこかの駅で。アイドリング音が聞こえてきそう。
3灯を光らせれば良かったです。





夏の暑さが残る、夕暮れどき。
川の流れの音に、ガタンガタンと響く音が重なって。
ちらっと見える車内の蛍光灯を楽しみたい角度です。
夕暮れどきに車内の蛍光灯ってなぜか合いますよね。





再びキケンなところから、過ぎゆくテールライトを見送ります。
「夏よさらば」って、まだ春なんですけど。
4月に入ってから、なぜか寒い日ばかりです。


検査標記も赤い渡り板もリアルで、こうして見れば、よく雑誌の表紙を飾っていた50系客車の顔そのもの。
当方はベンチレーターよりもオハフ50の顔に目がいきます。
買ってすぐにこんな「走らせる遊び」ができるのがカトーの仕様でもあり、製品化思想でもあります。


運良く買えた方は、もっと遊んでしましょう。買えなかった方は、再生産までお待ちください。

ではまた。



Comment form
Name
URL
Title
Comment
Pass (Edit)
管理者にのみ公開
Trackback URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/1315-d735cf94