しなのさかいの駅前広場

四季島に旅情は感じない

4番ポイント(右)で線路配置をリニューアル

こんばんは。しなのさかいです。

実は、ゴールデンウイークの最後の最後で数時間だけ模型に向き合えたので、以前から気になっていたレイアウトの線路配置を変えてみました。





以前はこう。
テストコースを兼ねて、手前に引込み線を設置していました。この線路が手前左側へ進むと、列車を駅本屋に接した1番線ホームへ入線させられます。
電流を本線側にすると、引込み線側に独立した電源から電気が流れ、試運転線となる仕組みでした。室内灯のチェックなどにちょうどいい具合だったのです。
しかし、複線の本線手前にこの線路があると、風景の作り込みに支障があり、思ったような酔える風景が作れません。
ココ、悩んでいました。





そして前回でこうです。
引込み線はやめて、あくまでも1番線へのルートに特化しました。これで複線線路の手前にも風景を作り込めることになり、それならばと水田を設置することにしました。





だけど、この左側のカーブモジュールの内側が気に入らない(笑)
せっかく緩い複線線路のカーブレールを置いたのに、これでは台無しです。
中途半端に急なカーブ線路と空き地があるため、その空き地には鉄道用地としての使い道しかありません。
つまり運転本位のテーマ性に乏しいモジュールになってしまうのです。





なので、思い切って引込み線を外側へ反転させてみました。
追加投資で4番ポイント右、複線片渡ポイント左を導入。

しかし、カトーの4番ポイントは市場で枯渇しているようですね。近所の量販店によると1月頃から店頭に出せていない状態だそうです。
やや焦りまして、総本山のオンラインショップで入手したのは、連休前のことでした。

これで1200㎜ストレートの手前すべてが空き地に。
まっすぐな電化区間の複線線路をかっ飛ばす列車の手前に、自在に風景をつくることができます。





ついでにここもやり直し。
いい具合に4番ポイントが複線線路に馴染んでいるでしょうか。
S186の複線線路をうまーく加工してみました。
わかる人にだけ通じればそれでいいです。





勢いで作ってみたGMの信号所が引き続き活躍できそうな風景が見えてきました。
引込み線については、さらに、ある構想を温めています。





駅の1番線へ続いていた引込み線は、外側の6番線へ。
もっともこの6番線はホームがありませんから、貨物列車が会社線へ進入するルートという雰囲気になります。





カーブモジュールの外側に、10両編成の列車が止められるようになりました。
この線路の上に山というか法面でフタをして「隠しヤード」にしてみたいと思います。
自作ガスホルダーはとりあえずカーブレールの手前に。こんなストラクチャーで適度に列車を隠すやり方も、アリでしょうか。



□□□



という訳でございます。
平面のモジュールへの作り込み。ちょっとだけですがテンションが上がってきました。
このレイアウトを作り始めてもう12年が経ちます。その間、デシカメの性能も良くなり、Nゲージを走らせながら撮影することが多くなりました。
そうなると気に入らない風景が気になって仕方がありません。
今回のテスト線路の撤去も、迷い続けた結果です。便利な線路だったのですが、情景を作るとなると、とても不整合なんですよね。

まだまだやりたいことがたくさんあります。
12年間モヤモヤしていたこの付近の風景。
頭の中だけですが、うっすらと見えてきたことにホッとしています。
よし、やるぞう(ホントか??)



(おまけコーナー)




カトーの東急5050系4000番台。
発売から1か月以上「欲しいな~」と思い続け(このプロセスが大事です)、ようやくこの連休中に買っちゃいました。
この連休は、蕨方面でも気になる「地元の私鉄ネタ」が発売されましたが、圧倒的な品質の良さから、地元の電車ではないけどこちらを選択。
「ネタ」の良さに品質の良さが伴わないということは、もう十分に学習しました。
なによりも、買ってから突き抜けるような嬉しさが込みあげてこないと、お金が無駄になったような気がするので。
ウレタンが白くなった赤いやつはいろいろとあるようです。やっぱりそうか。


近所の量販店の室内灯を組み込んで。
音の出るC56とすれ違いながら、綺麗なシルバーボディが疾走しています。
気持ちいいですね。

ではまた。




スポンサーサイト
  1. 2015/05/08(金) 19:10:00|
  2. 鉄道模型(レイアウト)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<81号機の屋根の色 | ホーム | ゴールデンウイークに電車で熱海へ>>

コメント

4番ポイントの市場で枯渇している事に驚きました。
まぁ 総本山でかうことが 出来る様なので 心配をしてませんが…
線路のひしめくモジュールって 非現実的で かえって なんだかな〜?な気持ちになってしまいます。
中敷が白くなった 赤い電車の仕上がりは…な、感じでした。
静岡で機会があれば、事情を伺いたい気持ちです
やっぱり ジックリと我慢して買うと吉な様ですね
  1. 2015/05/10(日) 07:07:51 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

のんびりいこう

線路際の住民さん

以前にもよく見ていましたよね、たくさんの線路がひしめくモジュールレイアウト。あの情景は単なるレーシングコースのようでした。線路と線路の間にはターフをパラパラ落とすだけのことしかできないので、それはそれは殺風景で。
今、Nゲージはゆっくり買える時代、ゆっくり買うべき時代です。床下機器がニッパーで切り取られた赤い電車なんて、なんとも不快ですよね(笑)
  1. 2015/05/11(月) 07:52:20 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/1321-79fdb073
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)