しなのさかいの駅前広場

やっと来るのは、青い空。

第54回静岡ホビーショー(その1)

こんばんは。しなのさかいです。




今年も行ってきました。静岡ホビーショー。
そして、今年も初秋にかけてのイベントのシーズンが始まりました。

新幹線に乗れば、わずか1時間ちょっとです。感覚がおかしくなりますけど、まぎれもなくここは駿府。
そういえば、静岡の中心で「緑!」と叫んだのは、もう4年も前のこととなります。懐かしいですね。
線路際の住民さん、北の扇形庫からさん、イケレクさん、今年もお疲れさまでした。
それでは、数回に分けて2015年のツインメッセを振り返ってみようと思います。



【マイクロエース】




まずはマイクロエースの相鉄7000系なんです。
東京港から陸揚げされたコンテナがそろそろ蕨に到着する(した)そうで、社内で検品が行われ、出荷されるとのこと。
思った以上に運転台下がスカスカで、線路際の住民先生がうなっていました。





そのサイドビューです。
黄色いのもいます。
台車はこうなりますか。そうですか。
今月発売とのことです。





これは四国のアレですね。
はじめて肉眼で見ました。想像以上に脱力感のある模型でした。
キハ32は、今の四国の景色を再現するためには、うってつけのネタですけど、マイクロエースの中でも「エッジの効いていない金型の方」の部類に入ります。塗装も含めて厚ぼったい仕上がりが、やや惜しいと思っています。





マイクロエースの2015年版・0系新幹線です。
長らくこうした会場ではサーフェイサー仕上げのやつばかりを見ていました。
テスト塗装とはいえ、白と青が塗られると、顔面を確認しやすくなります。







テスト塗装とはいえ、点検ブタってこんな風に細長かったかなあ。
もしかして、丸まりすぎている???
目の錯覚ならそれはそれでいいんですけど。





マイクロエースの新幹線シリーズ。実はユーザーの支持が厚かったりします。
売れ残ってどうしようもない、というような事態はあまり見られません。
この0系、果たしていつ発売されるんでしょうか。
ちなみに、ガラスとボディとのツライチ感はイマイチのようでした。







東京都交通局の12号線から2種類。総本山行きのワンマンカーです。
京阪800系で開発した小型動力を使用していると昨年にお聞きした記憶があります。

しかし、その京阪800系は、室内灯を搭載した途端、とんでもない仕様であることが発覚。
動力ユニットの「幅」までは小型化できなかったことが、ボディの肉厚を薄くする方向へ行ってしまったと思われます。
床下の車幅灯が点くかどうかなど、どうでもよくなってしまいました。
とある雑誌では、ボディの裏側をエアーブラシで黒く塗るといった作業が紹介されていましたね。
完成品を買ってきたのに、「買ってからすぐにやること」とはとても思えない、強烈に塩味な記事でした。
果たして…





両国の新聞を運ぶやつです。





前パンの京王6000系。
今後のことを考えると、手元にあるべきなのは、このエンジ色の帯の方なのかもしれません。





そして1/80のED60でおしまいです。
もしかして、こちらも飯田線シリーズですか??



□□□



いろいろと巷で騒がれていることについてお聞きしました。
「中国での生産コストの上昇」というと、あちらの賃金・物価高だけを見てしまいがちですが、どうやら「円安による影響」という見方が正解のようです(アベノミクスが原因?)。
つい最近に受注がキャンセルとなったアレも、そのような背景があるのかもしれませんね。発表時と現時点での為替レートが違いすぎるのであれば、発表時のままの価格で発売することには限界もあるでしょう。
7万円を超える客車セットもこうしたことが背景にあるのか(…だからといってあの価格で受注を始めちゃうところがまたスゴイです)。
当方は以前からマイクロエース製品の品質をややマイナスに見ていますけど(いわゆる“あたりはずれ”が大きいことについてです)、マクロ経済的にここまで状況が変わってしまうと、やや気の毒な気もしてきます。
良くも悪くも、マイクロエース的な「仕事の流儀」にブレは無かったのですから。

1995年、D51498でNゲージ市場に殴り込みをかけてから20年。
高騰し続ける価格にユーザーの支持、財政力が続くのか。
注目の2015年です。


(その2へつづく)



スポンサーサイト
  1. 2015/05/17(日) 22:30:00|
  2. 鉄道模型イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<第54回静岡ホビーショー(その2) | ホーム | EF60-19 やすらぎ色>>

コメント

しなのさかい様 北の扇形庫様 イケレク様 お疲れ様でした。
まるで 社会実験の様な彗星セットの高価格に 京王8000の受注キャンセルが、共通した原因というところが、安い人件費目的だった対中国取引のビジネスモデルの変化に対応を苦慮している姿だったんですね。
変動する為替にアベノミクスが、凄く影響しているという事に あ〜なるほどね!
しかし HOゲージみたいなNゲージ車両セットの価格なんですが、HO ED62の安さは驚いちゃいました
  1. 2015/05/18(月) 07:09:51 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

お早う御座います

しなのさかい様も行かれた様で、お疲れ様です。
拙者は当初今年はパスしようかと思いましたが
気になって仕方ないものがあり、昨日強行しました。

気になっていたモノは満足のいく出来でしたが
人混み酔いでダウンです。
関係者になって空いている時に見たい物です~
  1. 2015/05/18(月) 07:35:53 |
  2. URL |
  3. 海山鉄 #-
  4. [ 編集 ]

マイクロエースはもう終わりましたね。

ユーザーの足元見ているようですね。

マイクロエースも一度予定を白紙にして〇〇系は出す、××系は出さないをしないといけません。

  1. 2015/05/18(月) 20:59:17 |
  2. URL |
  3. アンチマイクロ #-
  4. [ 編集 ]

しなのさかい様、線路際の住民様、北の扇形庫様お疲れ様でした。予想もしない動きで苦戦を強いられていたんですね。
線路際の住民様も言われているように、ユーザーから見ると、プラ製HO並みの堂々な価格は、二の足を踏んでしまいますね。彗星の時代、東海道の星たちは、続くのでしょうか?
  1. 2015/05/21(木) 06:34:13 |
  2. URL |
  3. イケレク #-
  4. [ 編集 ]

止まらない価格高騰

線路際の住民さん

みなさん、おつかれさまでした。
京王8000系の件については、お聞きした内容は筋が通る一方、ユーザーは納得できるのかと考えてしまいました。価格が上がる理由も良し悪しです。
  1. 2015/05/23(土) 14:08:33 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

関係者エレジー

海山鉄さん

関係者になると趣味の視点で見続けられるのかという心配も(笑)
生計のため、趣味のため、この両方でショーを見ることができる人は、ほんのわずかかもしれません。
もっとも、趣味の視点を持ち続けることで、生計を立てている方もいます。こうした方の「趣味の視点」は本当に熱くて普遍的なものなんだろうなと思いました。
  1. 2015/05/23(土) 14:12:06 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

制御不能

アンチマイクロさん

この会社については、おっしゃるとおり、いったん白紙に戻すというやり方もあるのかもしれません。
たとえば完全受注生産とか。
いずれにしても、設定価格が制御不能となるおそろしさを目撃し続けている訳です、わたしたちは。
  1. 2015/05/23(土) 14:18:32 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

衝撃波繰り返される

イケレクさん

たとえ完成度が高くても、財政出動額的に非効率であれば、それはブレーキをかけるべき案件なのかもしれません。このブレーキが壊れたままだと、そのときの財政的な困難はもちろん、のちに西落合からかぶされたときがあれば、さらに衝撃波がおそってきます。このときは立ち直れなさそう。菜の花色の特急のように…
  1. 2015/05/23(土) 14:23:00 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/1323-94b9a229
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)