しなのさかいの駅前広場

四季島に旅情は感じない

グリーンマックスのE653系 いなほ&しらゆき



線路際の住民です。

川崎駅の側線にレールチキが留置されてました。
夜中に また何所かへ行くのでしょうか。
以前は、品川客車区に留めきれない 10.47系客車(たてしなの予備車?)が留置されていた頃から思うのですが、品川に戻す時って どの様な経路で行くのでしょうね?


この夏に発売予定のグリーンマックスE653系 いなほ&しらゆき の説明イベントが、模型屋で行なわれており 試作品を、初めて見る事が出来ました。

想像していたより 窓カラスのはめ込みもボディーとの隙間が無く 特急車両らしい滑らかな表面を再現させており チョット驚きます。

曲面を多用した 先頭形状も破綻無く マズマズな仕上がりでしょうか。
見た所 平べったい様な気がしますが、ボディーのみで 床下機器や台車を組み込んだ状態だと また印象も変わると、思います。
丁度 担当者様の話を伺う事も出来たので ホロの話を致しましたが、今回もユーザーにお任せする様になります、
との事。
ホロパーツを取り付ける為の穴の位置を再検討しなければならない事や パーツとして販売した方が営業面として メリットが、あると考えている感じでした。


交流電車らしいパンタ廻りの配管をモールドで再現し ランボードが浮き上がって見えるのに 好印象を持ちます。
後は碍子を巡る配線をどうするのか…
担当者様曰く ユーザーの皆さんにお任せして…と聞こえた様な気がしますが…




そんなこんなで 結構まとまった時間を頂き いなほ&しらゆき 以降 フレッシュひたちへの展望や 103系のお話しを伺う事も出来ました。
私の頭の中では、EVO103系と このフレッシュひたちを並べる事を考えてしまいましたが…
いずれにしても グリーンマックスとして初めてのJR特急車両なだけに 成果が出ると良いですね。

スポンサーサイト
  1. 2015/06/15(月) 21:46:48|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<小田急LSEロマンスカー | ホーム | より、115系らしく>>

コメント

ちょっと心配

正面のガラスパーツは、ブラックアウトさせる部分のうらにダボを設けてボディへ差し込むようなんですが、ダボがでかいのでオモテ面へヒケが出ないか心配です。店頭に並んだとき、前面の黒いところが凹んでいたら大変です。
貫通ホロはもともとやる気が無いんでしょうね。ホロ枠のモールドの細かさを見るとわかります。
  1. 2015/06/16(火) 12:24:48 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

新製品発売! いきなり凹んだボンネットを見て気分も凹む事がなければよいのですが…
ホロの説明の時にカタログを出してきましたから やっぱりね…でしょうか。
この辺りを乗り越えないと大手2社の追いつかないのかな〜
  1. 2015/06/16(火) 20:12:16 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

幌が無いと、せっかくのフォルムも価値観半減というところですね。幌を別に購入して貼り付けるからして完成品とは言い難いです。その割に値段は?まだ、キットのグリーンマックスから脱してない、脱せない感じですね。
  1. 2015/06/16(火) 22:21:46 |
  2. URL |
  3. 鉄人1028号 #-
  4. [ 編集 ]

価格帯が、 ハイグレード製品並みですからホロを付けても良いのですが…
ホロの装着により 編成にした時の見映えの違いを担当者様は、よくご存知でしたが
それでも… は、この会社の考え方なんでしょうね。
完成品メーカーの道のりは長いようです
  1. 2015/06/17(水) 06:46:42 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/1335-7100ff2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)