しなのさかいの駅前広場

やっと来るのは、青い空。

C12と楽しい仲間達



線路際の住民です。
カトー115系の列車番号表示器の列車番号が、もうチョット目立つ様になれは…
試しに0.5mmのピンバイスで 行き先表示器を照らす導光材に向け穴を開けて洩れた光で列車番号表示器を照らす事にチャレンジしました。
結果は、何と無く明るいかな? という感じで 簡単に進まず難しいものです。





小さいカトーのC12にターンテーブルに載せて見ると ピッタリ2両入りました。
実車の世界で こんな使い方をしていたんでしょうか。


C12が牽く列車って何でしょうか?
貨物列車の中で目に付いたのが タンク車と無蓋車でした。
そこで 大分前に購入して 使わないままだった 香港製のトム50000を手を入れC12やEF13が、牽引出来る様に致しました。

最初に車間短縮カプラーに交換して
軸受穴をピンバイスを使いさらい直して スポーク車輪に交換すると それまでくすんだ雰囲気から 一気に元気を取り戻すかの様に C12に牽かれて走り出しました
外から取り付けたスポーク車輪は目立ちませんが、見ていて楽しいもので 古い製品でも まだまだ使えますね。


小型機関車と云えば、混合列車を外す訳にはいけません。
BMTNを装備するオハユニ61と機関車の間にアダプター代わりの貨車を繋いで 完成です。
良い感じですよね。




特定の編成のないC12は、結構 遊び甲斐のある機関車で 例えば、C12に牽かれた明知線貨物列車が、恵那で中央西線のD51牽引の貨物列車に連結され名古屋や塩尻方面に行く ストーリーを頭の中で組み立てながら走らせると より楽しくなると思います。





スポンサーサイト
  1. 2015/07/12(日) 21:00:38|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<短い貨物線を新設するちょっと長い話 | ホーム | KATO E257系500番台>>

コメント

茶色のオハユニが欲しい

混合列車→オハユニというところに反応してしまいました。ますます茶色い客車が求められる時代となりました。混合列車も興味、調査の対象となりそうです。
  1. 2015/07/13(月) 08:03:23 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

支線で使われることが多かっただけに 編成もディープな世界になりますね
高森線のミキストと木造駅舎なんてたまりません
  1. 2015/07/13(月) 18:57:48 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/1342-06966aad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)