しなのさかいの駅前広場

覆い隠すアイデア

個性派揃いな4両編成 飯田線クモハ52

線路際の住民です
今年のjamは、仕事の都合から遂に欠席と云う事になりました。
噂では、殿様あさかぜセット発売の発表があり ナロネ22-100が目玉だそうですが、さて どうしたものか…



帰宅途中に寄った何時もの模型屋さんが、連休と云う事だったので 近くの他のお店で カトー飯田線シリーズ 新製品を買って来ました。

模型ショーで 試作品を見ていたのですが、手に取って見ると あ~コレコレ こんな感じだったよね!
そんな想いで 幸せな気分になります。
その昔 蕨方面のクモハ52を箱を開け初めて見た時の衝撃を思い出しひとりで苦笑い…

さて この新製品は、クモハ52004の末期頃をプロトタイプとして 他にも個性的な車両で構成した4両編成です。
中でも注目は、初の流電 クモハ52でしょう。


製品化発表時に誰もが想ったテールライトの形状も 見事に点灯機能と両立させた所は、流石にカトー!だと思いました。



早速 運転席パーツを外してみるとテールライトパーツに細い導光材を組み それをボディに差し込む様になって居るため 床板を外す際にテールライトレンズを折る心配がありません 巧妙な仕掛けです。


左側は、鉄道コレクションの52系です
明らかに鼻筋の造形が異なります。
メーカーの説明にもこの傾きを実車のイメージに近ずけるのか!
かなり努力をしたんですね。



サハ75103は、同じく鉄道コレクションでも 車番違いで製品化されてます。
並べると 鉄コレも仕上げの粗さを除くと違和感がありません。
トミーテックの担当者様が、凄い努力をされたんだな~ と云う事がわかります。
最近 旧型国電シリーズが、ピタっと止まってしまったのが、残念です。



クモハ52004が注目される今回の4両編成セットで 意外に貴重な存在になりそうな元サロハ66のサハ48034は、他に編成例が少ない事から assyパーツの予約をした車両です。
クモハ53と編成を組んだら楽しいかな~なんて考え 鉄道模型ならではの遊びが、出来そうです。



この戸袋窓のHゴムは、飯田線 旧型国電らしく シビレます。
チャンとHゴム廻りのフラット感を持たせている所が憎いですね!
あと1両は、欲しい存在です。






鉄道コレクション 飯田線シリーズ発売まで 飯田線の旧型国電で遊ぶには、キットを組むと云うハードルがありました。
そして カトー飯田線シリーズに於いて 完成した鉄道模型製品としての発売は、ユーザーに 身近に飯田線旧型国電を楽しむ事が出来る様になりました。
ようやく出てきた 流電ですが、片方だけですから このシリーズは、これからまだまだ続きそうですね





スポンサーサイト
  1. 2015/08/22(土) 20:24:12|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<KATO クモハ52004+クモハ54100 飯田線 | ホーム | ホビーセンターカトーのデハ268と云う電車 >>

コメント

やはり加藤はすごい

加藤の52系はやはり実物の特徴をよく掴んでます。

鉄道コレクションもやはり実物の特徴をよく掴んでます。

マイクロエースの車両は動力にライト入れると前が浮いて間抜けになります。

マイクロ買うならグリーンマックスのキット作る方がよいです。

マイクロエースは値段は高騰、品質は低下が社是になりました。

最近は長らく放置していたグリーンマックスの61系客車や211系とか205系とかの製作再開しましたね。

もうマイクロエースみたいに品質低下、価格高騰、一回限りそして大量に出て何時しか一回10万円とかはもうダメです。

一つ一つゆっくり、じっくり楽しむ、それが本来の楽しみ方でお金を大切にすることになります。

もうマイクロエースにはお引き取りしてもらってと思います。
  1. 2015/08/23(日) 00:18:33 |
  2. URL |
  3. アンチマイクロ #-
  4. [ 編集 ]

生産を現地に依存せざろうえない事情を考えると ある意味仕方ない事でしょうか。
まぁ ソレを受け止め ネタの内容と価格 仕上がりを天秤にかけて 買うか買わないかは、ユーザー次第だと思います。
因みに マイクロエース製品の発売日に模型屋さんに行っても 瞬殺 は 無くなった事を見ると 冷静な市場になったのかもしれませんね
  1. 2015/08/23(日) 06:07:19 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

ごちそうはサハ48034

製品化され続けてきたけど出来がヒドイモノばかり…という形式は数多くあります。クモハ52もその中のひとつ。Nゲージの歴史の分岐点となりました。
そして、片側だけの流電ということで敬遠してしまうユーザーもいるようですが、このセットの意味はサハ48034。スルーしてしまうのはもったいないですよね。美しいサハが入っているんですよー。
気がつくとそんなところに醍醐味を感じるように。飯田線シリーズが始まってから結構勉強しました。これも個人レクチャーの賜物です(笑)
  1. 2015/08/23(日) 09:24:38 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

飯田線シリーズのクモハ52を片流電の編成を選ぶ辺りに 飯田線旧型国電を知る玄人向け的な選択だと思います。
サハ48034なんて この編成を製品化しない限り Nゲージ完成品では出て来なかったでしょう。
やはり 個人授業は、必要です。
  1. 2015/08/23(日) 19:18:39 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

素晴らしいです

いやぁ、流電の出来は素晴らしいの一言につきます。グリーンマックスのキットを組みましたが、顔の部分の接着と平らにすること、そして塗装に苦労しました。苦労した割には?です(笑)
完成品でしかも出来は完璧なので、今後の展開が楽しみでなりません。年寄りをワクワクさせてくれます。マイクロエース製を購入しましたが、テールランプのロケット型には参りました。続編が発売されますが、、、
  1. 2015/08/24(月) 18:32:37 |
  2. URL |
  3. 鉄人1028号 #-
  4. [ 編集 ]

走る姿を見ているだけでも 幸せな気分になってしまう程の仕上がりに これからも 国鉄時代を知るユーザーを ワクワクさせてくれる事を期待したいですね!

  1. 2015/08/24(月) 21:11:56 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/1355-f764d7b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)