しなのさかいの駅前広場

覆い隠すアイデア

鶴見線・クモハ12052/053の記憶

こんばんは。しなのさかいです。

全日本模型ホビーショーの余韻が残る中、カトーからクモハ12050鶴見線が発売されました。
さきほど、EH200量産形と共に近所の量販店から持ち帰ったところです。

この車両も「過去のもの」となって久しく、若い世代のユーザーには「なんだこれは?」なのかもしれません。
当方が「若い」と言われていた頃は、鉄道大百科系の本には必ず「都会の中の老兵」というニュアンスで紹介されていて、この鶴見線に取り残された「謎の旧型国電」に会いに行くことは、クラスメートの中で「俺、見てきたぜ」と自慢してしまうような、神社への参拝に似た趣きでもありました。
クラスメートが次々と参拝を済ませるので、当方もソワソワしまして。
その参拝を初めて済ませたのは、1985年8月6日。
銀座松屋の鉄道模型ショウに行くついでに参拝を済ませようという魂胆だったと思います。
同行者は、一緒に急行「能登」に乗ったM君でした。


198508kumoha12.jpg

リベットが無いように見えますから、クモハ12053かな?
ぶどう色のボディに黄色いサボは、大川支線のクモハ12のトレードマークのようなものでした。
武蔵白石のこのホームは、クモハ12が引退したときに取り壊されたと聞いています。
17メートル級の車両しか入れないのであれば必然だったのでしょう。
このとき、大川へ行く列車は武蔵白石駅をスルーすることとなったので、時刻表の巻頭の路線図も若干表現が変わったわけですね。
屋根の雰囲気と高さは、トミックスのミニ島式ホームに似ています。



198608101kei.jpg

ヒドイ写真で本当にすみません。
このあとに101系の発売も控えているでしょうから、ついでに。
同じ日の鶴見駅での風景でした。
やっぱり101系のカナリア色はいいなあ。
こういうことを言って、「73形電車の方だろ」という方に説教されることがあります。



その後、しばらくは鶴見線から遠ざかり、1991年2月20日。
愛知県から東京に出てきていたT君が「まだ見てないんだよ」と言うので、横浜に住んでいたK君も誘って3人で訪問しました。
T君はこの頃の鉄道趣味の相方のような人物でしたが、K君は鉄道にはまったく興味のない人です。





民営化後でもこんなポンコツが走っていたのですよ。
この頃は、黄色いサボの代わりに、運転台にカードが置かれるようになっていました。
列車無線アンテナに違和感ありまくりです。



199102003.jpg

大川から戻ってきたクモハ12は、そのまま鶴見方面へ去っていきました。



199102004.jpg

この日はクモハ12の1両で鶴見線内をウロチョロしていたようで、こんどは海芝浦行きに。
海芝浦駅は、この頃は既に都会のナントカスポットとして有名で、この日もよく見ると1組のカップルが海を見ていますヨ。





このときはリベットが目立ちますから、たぶんクモハ12052かも。運転台の看板も「52」だし(笑)
T君とK君が窓を上げて、はしゃいで顔を出しています。
当方も東京案内人として満足したことです。
JR東日本の東京管内ではあったものの、とてもゆるい雰囲気で、平成の時代と言っても、まだまだ牧歌的な空気が流れていました。
ホームにはまだ点字ブロックもありません。



199102005.jpg

見方にもよりますが、室内灯は電球色の室内灯とすべきなのでしょう。
さっき、1両分だけ買ってきました。






199102006.jpg

この頃は、101系に代わって103系です。
こうなると、やっぱりJRの時代だなとわかる訳です。
黒いHゴムって、どうしても時代を主張してしまいますね。



それから約2年後の1993年4月某日。
都内を撮り歩いた帰りに、思い出したように鶴見駅へ立ち寄っていました。
このときもクモハ12は健在で、鶴見と大川の間の運用だったようです。





いろいろと運用方式があったようです。
研究不足でした。
これは運転台に「53」という看板がありますから、クモハ12053でしょう。
よく見比べてみると、細かい差異がみられます。


鶴見線が全国的に有名になったのは、もしかしたら1986年と1987年に放送されたあのドラマだったかもしれませんね。
ふと、そんなことを思い出しました。

ではまた。


スポンサーサイト
  1. 2015/10/03(土) 17:00:00|
  2. 駅ノート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<カトー クモハ12 鶴見線の考察 | ホーム | 第55回全日本模型ホビーショー(その5・完)>>

コメント

鶴見線の魅力は、イロイロな車両を見る事が出来る事だと思います。
その中に クモハ12もあり 大川から伸びる線路の先にホキ2200が留置されていた光景は、如何にも臨港地帯を思わせます。
クモハ12052.053は同じモハ31系ですが、 製造時期な差からリベットの有無の他 屋根形状も異なります。
残念ながら053や東海に行った051は、解体されましたが、052は再塗装されている様ですので 保存目的があるのでしょうか。
この鶴見線沿線の工場から出荷された製品を運ぶ貨物列車のストーリーを考えると
意外と楽しいかもしれませんね
  1. 2015/10/03(土) 21:56:33 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

鶴見線の貨車

線路際の住民さん

貨車もイロイロ見ました。何の目的でここにいるのかもわかりませんでしたが。
ホキ2200が大川の先にある工場に関係していたんですね。鶴見線は工場だらけですから、入っていた貨車を研究すれば、結構な論文が書けそうです。
  1. 2015/10/03(土) 22:48:07 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

1985年から・・・

1985年はもう、国鉄末期・・・鶴見線が減量ダイヤを施行していた時期でした。この減量ダイヤは・・・沿線の工場が休みになるGW・旧盆・年末年始に、鶴見線全線の列車をクモハ12型で運転しようとする施策でした。しかしながら国鉄の頭の固さが災いし(沿線の工場の稼働日が、正確に把握出来て無かったようで・・・)、101系3連に車輌交換した事がありました・・・(T_T)
  1. 2015/10/04(日) 12:15:24 |
  2. URL |
  3. 岩崎友裕 #-
  4. [ 編集 ]

クモハ12の使い方

岩崎さん

クモハ12も車長だけでなく、単行という点でも使い勝手が良かったということでしょうか。奥行きのあるエピソードをありがとうございました。
  1. 2015/10/04(日) 13:34:07 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

はじめまして
いつも楽しく、厳しく?拝見しています
さて、ドラマとは?気になって質問いたしました
記憶しているのは、86年は、演歌歌手さんが主演で有名模型メーカーが協力し、鶴見線を舞台にした単発ドラマがあったのは覚えているのですが…
  1. 2015/10/04(日) 18:51:49 |
  2. URL |
  3. 駅前広場の愛読者 #-
  4. [ 編集 ]

鶴見線のドラマ

駅前広場の愛読者さん

遠回しな言い方で失礼しました。また1986年の「夏」の方は記憶違いかもしれません。1987年の「男女7人秋物語」では釣船屋が取り上げられたこともあって、たびたび鶴見線の風景が登場していました。

当ブログをご覧いただいているとのこと、誠にありがとうございます。大手のリンクサイトにもリンクしていないので、何らかの検索がきっかけだったのかなと推察しております。
ご覧のとおり駄文を繰り返しながら(笑)、なんとか足掛け7年も続けられております。今後ともどうぞよろしくお願いします。
  1. 2015/10/04(日) 19:52:33 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

しなのさかい様
早速ご返信ありがとうございました
私が見たのは、フジテレビ系で放送された「キップくん」という単発ドラマで、鶴見線の駅員を前川清が演じ、模型好きの子供と関わるというものでした
私はN歴約35年ですが、いつも深い観察、分析、取材など、考えさせられることも多く、更新を楽しみにしています 
なお、こちらには、こちらもファンなのですが、工作や画像などの記事が楽しい隠密さまのリンクから参りました
今後とも、よろしくお願いします
  1. 2015/10/04(日) 21:03:53 |
  2. URL |
  3. 駅前広場の愛読者 #-
  4. [ 編集 ]

駅前広場の愛読者さん

隠密さんのブログからでしたか〜。数少ない相互リンクをお願いしている方です。うれしいです。
実は当方もN暦36年目。Nゲージ業界もいろいろありましたね。今は欲しかった車両がちゃんとカトー製品で手に入る時代。今こそNゲージで遊ばないともったいないですよね。
あらためて今後ともどうぞよろしくお願いします。
  1. 2015/10/04(日) 21:22:28 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

青春の路線…

隠密です。
鶴見線と言えば、青春です(;^_^A
高校時代、写真部の撮影題材に選んだのが鶴見線…。
当時、本線の73系が末期のころでした。

一度行ったら忘れられない都会のローカル線、すぐにトリコになり、以後、昭和59年くらいまでしょっちゅう通ってました(;^_^A

大雪が降った日に、わざわざ大川まで出陣して、雪景色のクモハ12を撮りに行ったりしました…
若かったんですね~、あのころ…(;^_^A

一時期、クモハ12が休日ダイヤの時に鶴見線全線を行ったり来たりしていたことがありましたが、短期間で終わったようで、すぐに白石~大川の専用車になってしまいました。

平成8年のクモハ12最後の時には取材に入った思い出が…
狭い大川のホームがファンでごったがえしていましたっけ…。

JRの担当者さんが「異常だ」と言っていました(;^_^A

KATOのクモハ12、届いているのですが、まだ開封していません(;^_^A
EH200と共に順次配備準備をしないと…(^^)
  1. 2015/10/04(日) 22:35:57 |
  2. URL |
  3. 隠密 #oKzxZbq2
  4. [ 編集 ]

鶴見線・青春時代

隠密さん

都会の中のローカル線。鶴見線を形容するときにはこのフレーズしか浮かびません。どこかのどかなところが今も昔も惹きつけるのでしょう。
そんな環境に青春時代が重なればなおさら。おもしろいエピソードをありがとうございました。
こちらも土日は忙しくてまだ開けていません。101系も発売となるのに、これではマズイです(笑)
  1. 2015/10/05(月) 06:42:52 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/1363-62332d83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)