しなのさかいの駅前広場

四季島に旅情は感じない

Tomixの車両にインレタを貼り続ける日々

こんばんは。しなのさかいです。




1999年8月10日 白浜駅

いわゆる国鉄特急色が完全に過去のものとなったそうです。そんなニュースに接しながらスキャンしていたのがこのひとコマ。
確か、周参見から白浜まで乗ってきた「くろしお」を見送ったんじゃなかったかと。

背景にはシェル石油、いやケチャップをつけた目玉焼きのような381系がいらっしゃいました。



ま、こんな風にですね、最近のことですが、数年間頓挫していたネガフィルムのスキャンを再開しました。
手持ちのフラットベッドスキャナで、1コマを4800dpiでヤると、およそ5分でチンです。
スキャナは少し古めですけど、機嫌が悪くなりながらも、ウイウイーンとまあまあ働いてくれています。

そういえばですが、今年の春に複合機を買ったとき、ヨドカメの中でC社の人に聞いたら「もう社内ではフィルムスキャンの需要はないと判断していますよ」との宣告を受けました。
あらためてメーカーのHPを見ると、手持ちのスキャナの修理対応も終了していたりして、さらにショック。時代は確実に流れています。

今後は大手メーカーではなくて、写真関連品メーカーの、デジカメもどきのスキャナでしかネガ画像を残せないのかと思うと、少しながら危機感が出てきた、そんな2015年の秋です。



さて、ややポンコツ?のマイ・スキャナ。
12コマ連続で始末できます。1回仕事を始めさせれば、およそ1時間は待ち時間。その間に模型をやればいいんではないかなとイージーにひらめきました。

先週の連休から断続的に始めて、結構な量のネガのデジタル化に成功しています。
ひとたび始めてしまうと、乗り鉄をやっていた頃の記憶がよみがえる感動を味わってしまい、中毒のように炊飯器のフタの開け閉めをしている状態です。





そのスキャンの待ち時間にやる模型いじりですが、こっちにもに少しですが心境の変化が出ています。
カトーの模型がぐるぐると走る中で、いつまでたっても本線運用に就かない奴らがいる…
それはトミックスの車両たち。
カトー製品が勢力を広げつつある今でも、まだまだトミックス製品はあるのです。





気になる鉄道シーンを自宅で再現するために「必要」と思いながら買っても、いつまでもケースの中に入れたまま数年経ってしまうトミックス製品が結構あります。

これは別パーツの取り付けだけでなく「車番インレタの転写作業」が大きな障害となっていました。
取扱説明書の指定位置だけを見て転写するのがイヤでして、実車の側面の写真を見るとちゃんと特徴があるんです。どうせなら位置を分析しながらやりたいという病的なこだわりがあります。





近鉄30000系の「サ」の転写位置。
アホらしいですけど、左右のルーバーの段数を数えながらやりました。ここまで調べるのに、結構な時間がかかります。もちろん更新前の姿の30000系の写真を見て、ですよ。正面から撮影された写真は多いけど、側面からのそれはなかなか無くてトホホでした。





五能線のノスタルジックビュートレインも、リニューアルされてからは室内灯を入れて、TNカプラーに換装したまま。この後はまったく手付かずでした。

これもまた、車番の位置を正確に把握して転写。DE10のナンバーパーツやら看板やらを取り付けるのに1時間弱です。いやいや疲れます。

でもね、こうして走り出すと、まるで今さっき買ってきたみたいに見えるじゃないですか。疲れる作業の後は必ず癒しの時間があると信じて続けてます。





今度はこれ。
FW動力化された373系も室内灯を入れてからはそのままでした。TNカプラーにして、マークを貼ってと大忙しです。

ちなみにこの9連はちょっとインチキでして、真ん中の3両が「ながらセット」のバラシ品(つまり中古)なんです。

ここでミステリー。
このセットはデフォルトでナンバーが印刷されているのですが、前後の通常品のインレタ車番よりもひとまわり大きいサイズで印刷されていました。
大きいサイズと言っても、旧製品に付属していたインレタとほぼ同じサイズのようなんですが、どうなっているんでしょう。
少なくとも「ながらセット」と現行通常品は同じ時期にリリースされたはずなので、どうしてこんなことをするんだろうという感想を持たざるを得ません。
まあいいやとも言える範囲ですが…





名鉄7000系・パノラマカーにも車番を転写して、ヘッドマークにシールを貼って。ようやく本線を走行出来るようになりました。

ここら辺でおしまい。
国鉄・JR系の車両が多い中で、私鉄特急は一服の清涼飲料です(笑)



□□□



「あの作業、中断したまんまだよなあ」ということって、趣味人の宿命なのか、いろいろな方が背負っているものかも。
模型趣味となるとなおさらです。

ネガフィルムのスキャン作業もそうですし、撮り溜めたビデオテープの円盤化にも早く取り組まなければと思っています。
まもなく再生機材が故障したり無くなりますから。

このトミックス・インレタ転写地獄もそうで、涼しくなってきた今年の秋は、こういう方向性で鉄道模型のシーンを増やすことに、いや時間を有効に使おうかと思案中です。のっぺらぼうの車両、まだまだあります。

やれない理由を探すのではなく、やれることを探す。
いきなりポジティブになってしまうと自分でもキミが悪いですけど、ネガフィルムのスキャンというミッションに着目したら、なぜかそう思えました。

「いつかやること」じゃなくて「今しかやれないこと」だと、刺激があってそう考えるみたいですよ。
ま、わかりませんけどね(笑)


ではまたです。

スポンサーサイト
  1. 2015/10/19(月) 23:10:00|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<Tomix 455系 | ホーム | カトー クモニ13012発売 >>

コメント

フィルムスキャナーも役目を終える時代なんでしょうか!
我が家のポジをお店屋さんにお願いするするようになるかもしれません。
トミックスの車番インレタ貼りは、楽しくもあり しんどくもあり 複雑な気持ちです。
唯 トミックスのインレタの場合 車番のみが多いので 他社製品と併用する事が多いですね
結構 位置決めも大変ですから この作業をユーザーに任せる辺りは メーカーとしてもメリットがあるのでしょうね
  1. 2015/10/20(火) 11:23:55 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

インレタが苦手…

隠密です。
ネガのスキャンというか、デジタル化、うちはデジカメみたいな簡単な装置で済ませています(;^_^A
なにしろ、読み込みが早くて便利…(;^_^A
「ずくなし」にはピッタリなんです(;^_^A

TOMIXのインレタ、うちも滞りまくっています。
もう何年もそのままというのも…
インレタがイヤで、処分してしいまった車両もあるくらいです。

やらなければいけない作業をやる…。
これは「ずく」がないとなかなか腰が上がりませんね。

そしてどうしたら「ずく」が出せるか、キッカケを見つけられるか…
自分自身の課題も山積です…(;^_^A
  1. 2015/10/20(火) 20:57:13 |
  2. URL |
  3. 隠密 #oKzxZbq2
  4. [ 編集 ]

スタンダードは自分

線路際の住民さん

インレタを貼る作業で実車の編成なり所属を調べてみるプロセスは発生しています。
それと伊勢原のインレタやさんにもお世話になったりしていて。
位置決めはなかなか難しい問題です。自分が納得できるようにして作業を終わらせることがいかに難関か。結局は自分がその出来を受け入れるかどうかなのかもしれません。
  1. 2015/10/20(火) 22:48:00 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

インレタを貼り終わる日

隠密さん

新しいものを買う前に、自分の手持ち在庫を見なけりゃいかんのに、新しいものを買う(笑)
永遠の課題です。インレタを貼り終わる日は来るんでしょうかねえ。
  1. 2015/10/20(火) 22:50:12 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/1372-e297d4c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)