しなのさかいの駅前広場

やっと来るのは、青い空。

新しい小田急1000形



線路際の住民です

駅前のイルミネーションを見るとなんとなく年末が近い事を感じさせてくれます。



さて購入した小田急テクノインスペクターの牽引車 1000形の1051Fを購入いたしました。

  

 今までの板状キットでは無く、新たに型を起こし完成品として発売されるとともに、動力ユニットもコアレスモーターを使った 新しいタイプになりました。
但し 説明書に従来の動力ユニットとは協調出来ない旨の記載があり、試しに走らせて見ると走り出しに差がありました。

 

 台車のすき間から見える集電板は、チョットしたご愛嬌でしょうか、それよりも別パーツになった室内シートが良いですね!

窓越しに見えるシートに妙なリアル感を持たせてます。


  別パーツですから 好みで加工や色替えがやり易くなるでしょう。



ユーザー取り付けパーツは、銀色の材料で成形された貫通路手すり、アンテナ、ヒューズボックスだけで 手すり以外はスンナリ取り付ける事が出来ます。

手すりの柔らかい材質な為 指定の穴に差し込む際に歪んだりした為 手こずりましたが、一旦コツをつかむと簡単に取り付けが出来るようになりました。


他の完成品と同じく貫通幌はありませんが、妻面の造形に 設計担当者の拘りを感じます、貫通ドアを塗り分けたら より良かったのですが…


 連結面の間隔を修正する為に カプラーをGMナックルと貫通幌の取り付けで、編成全体で眺めた時に塊に見える様になりました。

近所の貸しレイアウトで走らせても カーブをスンナリと走りましたから 、実用上に問題がないでしょう。








テクノインスペクターも牽引車の入線で、本線走行が可能になりました。
新製品の1000形の動力ユニットは新しいタイプな為、従来品を使った小田急車両と協調しづらい為 暫くは、インスペクターの牽引運用に専念する事になりそうです
動力ユニットの単独販売や6連の発売が待たれます。

なんだか 小田急車両の製品って多くなりましたね




スポンサーサイト
  1. 2015/11/14(土) 07:39:01|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<Tomix 455系 強制終了 | ホーム | 京急 デハ268 アッセンブリーキット >>

コメント

記憶にない瞬殺

GM製品での店頭瞬殺は記憶がありません。もしかしたら選んだネタが良かったのかもしれませんね。動力性能の向上だけでこれだけ引きが強いとも思えず…。GMのことですから、これからはコンスタントに作っていくのでしょう。
妻面のこだわりは、ホロの取付けが無いだけ惜しい気がします。妻面をじっと見ていたい気もしますが、それではNの完成品とは言い難いでしょう。
  1. 2015/11/15(日) 17:19:51 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

瞬殺の理由にネタの良さと 小田急インスペクターを先行発売した事もあると思います。
イベントで妻面にチカラを入れている話を聞きました、確かに出来の良いものである事に越した事はないのですが、妻面を見せながらの走行シーンってあまり聞きませから 列車としてカッコ良く見える方が良いでしょう。
売れ行きの良い1000形に熱い視線を向けている人が何処にいたりしてね
  1. 2015/11/15(日) 19:43:37 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/1377-7494f180
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)