しなのさかいの駅前広場

四季島に旅情は感じない

KATO 20系 寝台特急「あさかぜ」

おはようございます。しなのさかいです。




今年もそろそろ終わりということで「今年はなにをやることができたかなあ」と振り返ることが多くなっています。


先週は仕事帰りに10分弱を地下鉄で移動。ライトアップが施されて御利益が増幅した御神体を拝みながら総本山を参拝してきました。

やっぱりASSYでクハ47102のホロが欲しいじゃないですか。クモハ42を持っているユーザーとしては。
近所の量販店では予約のヨの字も受け付ける気の無いような雰囲気なので、「いいよ、だったら総本山だ」だと考えたのです。
カウンターで予約してホッとしながらの、いろいろとなにやらと、とてもとても楽しい西落合ナイトでした。





カトーの20系寝台特急「あさかぜ」を入線させたまんまと言っておりました。
先週の土日は模型に触ることもできなかったのです。ようやく昨日、まとまった「1人の時間」が確保できたので、いろいろやってみました。





今回、ナロネ22は100番台ということで新規にボディが起こされました。
乗務員室窓が増設された姿で、ナロネ22153、151、103の3両が含まれたスペシャルセットとなっています。







過去に何度もお話してきたとおり、10-366セットを中心として、1997年のフルリニューアルのときから「殿様あさかぜ」を持ち続けていましたので、いろいろと比較してしまいます。

これは同じくナロネ22ですが、非常口も埋められたように見えます。
それと、車番の文字の大きさが補正されて、小さくなりました。「さくら」セットもこうだったかしら。
さりげなく、こういう進化もなされています。





15両編成中に1両ずつ組み込まれるナロ20、ナロネ21。ナロは茶色、ナロネは濃い緑色で座席パーツが作られました。
こういうところも、10-366を持つユーザーに対してスペシャル感をアピールしているようです。





それと、カニ21の座席(エンジン?)パーツには、ライトケースともども淡緑色のパーツが採用されました。
これは「さくら」のときに赤ラベルで用意された座席パーツのものと同じです。
今回はB寝台系に採用することは見送られ(クリーム色のまま)、カニ21のみこういう色となったようです。





ナロ20のグリーンマークについては…いろいろとあるようでして。
インレタでよろしいんではないでしょうか(笑)

1993年にクロハ181が発売されたとき、同時発売されたグリーンマークのインレタがありました(憶えています?)。
トミックスのインレタと比べると、とても貼りやすかった記憶があるので、これを再生産してもらいたいなと要望しておきました。





カニ21、ナハネフ22には「車間短縮ナックルカプラー」を、というのは当ブログでの定番メニューです。





また、当方の基準で、すべての20系の室内灯には旧LED白色室内灯を取り付けています。
好みも分かれましょうが、どことなく「程良い暗さ」が20系に合っているような気がするのです。
「鉄道ジャーナル」の「列車追跡」なんかを見ていると、どことなく薄暗いのですよ。タバコの煙が原因なのかなあと思えるくらい薄暗い。

座席パーツがそれぞれ異なる3両。
左から順にナロネ21、ナハネ20、ナロ20となっています。
旧タイプの室内灯といっても、用途を考えれば点灯具合はなかなかでしょう。

それにしても20系は、編成を組んでみるとさらに上品さが増しますよね。15両もつながっていると、いつまでもカタカタと走り抜ける20系の大きな窓を見続けてしまいます。


あ、地面が大変なことになっていますがスルーしてください。





その他、「さくら」セットで採用された粉砕式汚物処理装置の取り付け、テールサインの白色LED化、黒車輪化、カトーカプラーNJPの採用などが黎明期の頃の10-366とは異なっていて、まさにカトー20系のこれまでの進化の総集編です。

カニ、ナハネフにカトーカプラー系の交換カプラーが封入されていなかったのは珍しいことかなと思いました(でも無くても構いません)。



□□□





今年のコンテストでは京急2100系が発表されたので、もうJAMでの発表は無いなと思っていたところでの、まさかの「あさかぜ」発表でした。

1997年、20系フルリニューアルのときは、ナハネフ22の製品化だけでも事件なのに、ナロネ22、ナロネ20まで製品化されました。「こりゃ大事件だわ」とウハウハして、それ以降の18年間「殿様あさかぜ」編成は進化をしながら当鉄道の指定席におさまっていたのです。





当方のようなユーザーは多いと思います。
20系寝台特急「あさかぜ」と銘打って再発売した意図には、このようなユーザーのいわゆる買い直し需要も見ていたのかなと思わざるを得ません。

ASSYでの補完もアリかもしれませんが、車番の文字の大きさも違いますからネ。
当たり前ですが、ナハネ20の車番もすべて異なっています。

ちびちびASSYで補完した後で「何かが違う」「やっぱりなー」と思って基本と増結を買うなら、結局のところ最初から買い直してしまった方がお得なのかもと思います。
こういう決断、当方には今までもたびたびありました。





これからもまた20年くらいは、当鉄道で君臨し続けることでしょう。
それだけ、この豪華編成には魅力があるのでした。

それにしてもカトーの20系は必ず何か新しい仲間を連れて、楽しみを提供し続けてくれています。
まだまだありそうな予感がします。

ではまた。


スポンサーサイト
  1. 2015/12/14(月) 08:40:00|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<トミックス キハ82北海道仕様 | ホーム | KATO 255系 Boso View Express>>

コメント

20系はカトーの独擅場ですね。16.5はともかく?これだけ形式を出せば、後発メーカーは出せませんね。まだ出てない形式が有りますから、楽しみにしてます。十和田?博物館展示のナシ20?
  1. 2015/12/15(火) 05:49:59 |
  2. URL |
  3. 鉄人1028号 #-
  4. [ 編集 ]

送り手のメッセージ

鉄人1028号さん

コメントをありがとうございます。
考えられる後発メーカーとしてはトミックスしかないのですが、最近のカトーを見ていると、送り手に列車としての興味、列車に対する愛があるからこそヒットしている訳で、これが無いと「?」なシリーズになりかねません。客車は研究してどんどん遊べということでもありましょうが、まずは送り手が「こんな列車、楽しいでしょ」というメッセージを出すことにユーザーとしての充実感がある訳です。そしてそれが楽しみもあります。
次は足りないあの形式かもしれませんよ。
  1. 2015/12/15(火) 06:52:32 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

鉄橋の上を走り去るナハネフの画像を見ると ゴォ〜 と音が聞こえてきそうです。
あさかぜ さくら…この鉄橋を続行で走る姿の再現でしょうか。
安芸セットの発売もあり夜の東海道が充実してきますね
これまで 東海道線を中心に展開して来た20系シリーズですが、そろそろ他線区の編成もお願いしたいものです。
  1. 2015/12/15(火) 06:53:04 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

残りは…

線路際の住民さん

どーもです。
東海道線以外の20系に対する思い入れのある方も多く、例えば上野駅20番線の風景とか、北を目指す20系の姿は今でも人気ですよね。
寝台幅を考えると不人気そうでも、時代とその当時の沿線風景をイメージさせる鉄道模型では、まだまだエレガントな現役車両なのでしょう。
さあさあ、残る形式はあとわずかです!
  1. 2015/12/15(火) 18:12:31 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

編成美の20系

隠密です。
殿様あさかぜセット入線、おめでとうございます。
20系は昔々の関水金属時代から製品化されている、伝統の製品ですね。
当時はナハネフ22がなく、ナハネフ23とナハフ20を切り接ぎする人もいましたね。
あれから40年以上が経ち、今のKATOの20系は進化しましたね~。
そして不動の地位を確立していますね(^^)
レイアウトを行く20系、美しいの一言に尽きます。
このデザインで2段寝台化されていたらどうなっていたでしょうね。
  1. 2015/12/16(水) 21:22:41 |
  2. URL |
  3. 隠密 #oKzxZbq2
  4. [ 編集 ]

切り継ぎのおもひで

隠密さん

設備としてはきつい面もあったのに(B寝台)、どうしてこう流麗なイメージが強いんでしょう。
A寝台の豪華さ、完全セット的な車両ラインナップがそう見えるのかな。
切り継ぎ加工、当方もやりました。
その成果物、未だに持っています(笑)。
  1. 2015/12/16(水) 22:45:36 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

室内灯もいいですが、寝静まって減光されて、小さい行き先表示が灯っての走りも魅力的だと思いませんか?16.5でやって欲しいです。59年2月改正で余剰となったEF62へ荷物列車牽引のバトンを渡す間、東京・浜松・米原・宮原から下関へ31両のEF58が集結したわけですが、7つ窓EF5836の最終運用は荷36レで米原からEF62になる為、瀬野八で最後を見送りました。(捕機はEF5921)広島から東京へ帰るにも、どれも寝台が満席状態で、20系あさかぜ52号の中段が空いてましたので、これで帰りました。いや~狭かったですね。
  1. 2015/12/18(金) 18:17:30 |
  2. URL |
  3. 鉄人1028号 #-
  4. [ 編集 ]

踏切と

鉄人1028号さん

行先表示のみの点灯、それはご馳走レベルです。
あの部分だけが点灯して規則的に過ぎ去っていく風景、踏切の点滅とコラボできれば最高だなあと。なんとなく西村京太郎トラベルミステリーみたいですね(笑)
  1. 2015/12/18(金) 21:32:53 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

いよいよ・・・

北に向かう20系・・・とくれば、残るネタはただ一つ・・・寝台特急北星号ですねぇ(*^o^*)だって20系は製品化済でワサフ8000も製品化済ときたら・・・楽しみです!
  1. 2015/12/20(日) 11:47:59 |
  2. URL |
  3. 岩崎友裕 #-
  4. [ 編集 ]

客車か機関車か

岩崎さん

コメントをありがとうございます。
北星ですか。ワサフ8000もデッキのライト導光設計になにやらマイナーチェンジの予感もしますから、そんなネタも面白そうですよね。
20系客車に関する想像、妄想は尽きません。逆に「連れて来る機関車」…という視点に立てば、さらに妄想は大きくなります(^^)
  1. 2015/12/20(日) 12:27:04 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/1383-894109f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)