しなのさかいの駅前広場

コキ500000、発進!

ヨコハマ鉄道模型フェスタ2016(その2)

(その1からつづく)


【グリーンマックス】





マルチプルタイタンパー。

ここ2年くらいかな。ユーザーはこの言葉を何度口にしたことでしょうか。
企画自体がボツになっていないのが不思議なくらいで、夏頃までには発売されるんですって。
もういいですよ。





E653系は、フレッシュひたちで続編を仕掛けるそうです。
これも新動力の賜物、なんでしょうか。
当方はE653系、怖くて手を出せません。





久しぶりに完成品ストラクチャー・シリーズ。
公団住宅、東横インに続く企画は「ライオンズ・マンション」だそうです。
ちゃんと許諾申請中の文字がありました。
現代の風景を再現するためには、マンションは必須と言えば必須のジャンルだと思います。
あとは完成度、ですね。
「東横イン」には、一部を印刷表現でお茶を濁すところがありまして「うーん、こうしちゃいます?」という印象が強く残りました。
この点も、グリーンマックスによくある「そこまではウチには無理です」という個性が出てきちゃった例なんですけど、できればそんなことがないようにして欲しいです。
今回も「精密に印刷表現」という文字が見えていますね。うーん、それじゃリペイントもできないじゃない。
カトーのストラクチャーは同じ価格帯、同じ生産条件でちゃんとやっていますぞい。



小田急1000形のリリースでやや復活傾向にあるグリーンマックスですが、やはりマルチプルタイタンパーの行方に迷走感が漂っており、「まだまだ、では」という感想です。
発売告知からずいぶんの時間が経ちましたので、全力で「発売が待ち遠しい」と考えるユーザーがどれだけいるのか。
試作品が展示されていても、おそらく全く違う仕様で発売されそうだし。
そういえば昨年末頃、突然聞いていない法人があらわれて、グリーンマックスと一緒に謝っていましたね。あれ、結構ショッキングな出来事でした。
たぶん問屋に発注した小売店も、いつまで経っても喉に小骨が刺さったような経営をしなければならないでしょうから、気の毒です。
予約販売をメインとする小売店が増えていますから、予約を入れたユーザーをつなぎとめておく苦労を想像してしまうのですよ。キャンセルされるのを恐れて。
そうしないと、忘れた頃に突然入荷。そして最悪な場合、そのまま「不良在庫」へまっしぐらです。


それと、EVO第2弾の「コキ」のこと。
今回もお聞きしましたが、「発表できる情報がない」という答弁は、昨年の9月から変わっていませんでした。
以前ここで推察した、スチロール樹脂で手摺や台車を成型して、塗装及びウェザリングのユーザー需要を取り込もうとしている狙いは、「そのとおり」というお話があり、やっぱりなあということなんです。
しかし、それだったら、コキ車をまるごと製品化する必要があるのかいな?????
トミックスやカトーの製品をベースにした交換パーツとしてやるだけでもいいんじゃないかな、むしろその方がグリーンマックスとしての製品の個性が出て、市場の中の立ち位置も見えてくるんじゃないなと思います。
どうしても「キット・パーツメーカー」から「完成品メーカー」へ脱却するんだという思いが「意地」のように見えてきてしまうんですが、どうでしょうか。
そして、あのコキ車の手摺をスチロール樹脂でやるというのは、結構大変なことだと思いますよ(射出成型できたとしても、すぐに折れそうです)。
今のグリーンマックスには、企画というよりも「構想」の段階でいろいろ発表してしまう傾向が見られます。
もっと、じっくりと考えてからでもいいんです。
どうか「あれは無かったことにします」とアナウンスすることに抵抗が無くなってしまわないようお願いします(そういう風にして退場してくメーカーもどき、いろいろあったじゃないですか)。


おまけとして、新動力の分売について。
まだまだ先のようです…。
ここんとこすっかり話題にならなくなったEVO第1弾の103系にも、この動力をセットして再生産したいようなのです。
でも、当方が見る限り、市場を見渡すとまだまだ店頭在庫があるみたいなので(JRマーク入りを追加でやっちゃったからかな)、このタイミングで新動力入りをリリースしたら流通サイドの激しいブーイングがあるでしょう。
これまでの同社の完成品の店頭在庫は動きが鈍い(というかデッドストックに近い状態)ですから、新動力入りでの再生産もそうしたスローなペース、流通の顔色を見ながらのペースとなるのかな。



その2で「完」とするつもりでしたが、その3で「完」とします。
ゴメンナサイ。

(その3・完へつづく)

スポンサーサイト



  1. 2016/02/06(土) 11:58:58|
  2. 鉄道模型イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<ヨコハマ鉄道模型フェスタ2016(その3・完) | ホーム | ヨコハマ鉄道模型フェスタ2016(その1)>>

コメント

マルタイもネタにされてしまうくらい 何をしたいんだか解らないメーカーになっちゃいました。
東横インに続くライオンズマンションを発表ですが、どの位の完成度になるのかな?まさかエンブレムを、リアルかつ的確に再現!で、終わりじゃ無いと思いますが…
小田急1000形の完成度を見てこれからを期待しているのですけれどね〜
  1. 2016/02/07(日) 07:42:59 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

不安

線路際の住民さん

マルタイはアクセサリーとして存在すればよかったのですよね。
マンションのストラクチャーは、トミックス製品だけでしたから需要が見込めるものの、いかんせん出来に不安が残ります。ま、どちらも買いませんが(笑)
  1. 2016/02/07(日) 14:36:50 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

結局マルタイは他会社からの持ち込み企画なんで(GMは監修)なかなかうまく進まないのでしょうね
  1. 2016/02/08(月) 15:40:43 |
  2. URL |
  3. へっちー #CxegxdeI
  4. [ 編集 ]

へっちーさん

そのとおりなのでしょう。
だからでしょうか、企画自体にあまり面白さを感じません。発表のときと比べると誰も熱が冷めてしまったようです。
  1. 2016/02/08(月) 18:18:06 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/1399-d8dbca3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)