しなのさかいの駅前広場

四季島に旅情は感じない

ヨコハマ鉄道模型フェスタ2016(その3・完)

(その2からつづく)


【カトー】



3人掛けの座席が特徴的だった元祖修学旅行電車・155系。
全Nゲージメーカー総掛りで挑んていた「1/150の東海顔」も、そろそろ終わりになるのかもしれません。
ヘッドライトのライトのリムの薄さと、消灯時でもキラッと反射する大目玉のライトに注目しています。
カトーがやる低運転台の顔の形も久しぶりのような気がしていて、修学旅行電車という要素だけではない期待感があります。





スハ32系中央本線普通列車セットから、マヌ34とスハフ32。
これまでは金属製のキットや完成品でないと手にすることもできなかった暖房車が、プラ製マスプロ製品として全国に出回ります。
自分のNゲージ生活にとっては一生無縁であろうと感じていた暖房車。
一気に、手に入れるためのハードルが下がったので、暖房車を巡る鉄道事情、時代背景などにも興味が湧きました。
カニ38、クモハユニ64に続くゲテモノ三部作としてのワクワク感もありますよね。
スハ32系については、トミックス製品のヒケのひどさ、そして着せ替えドアの「謎の手前感」がどうにもこうにも気になって眠れない夜が続いていました。もうすべて旅立っていきましたけど。
カトーの蒸気機関車にもベストマッチする茶色い客車としても活用していきたいです。
中村精密、グリーンマックスのキットたち。マイクロエースのものも含めて、Nのスハ32系の歴史は最終章を迎えます。

あ、EF13の写真を撮るのを忘れてしまいました。





もしかして、そこのあなた!
DF50「茶」を2つ欲しくなっていませんか?
時代が古すぎる感じもしますけど、実は蒸気機関車の時代には必要な機関車だったりします。
茶色い客車を従えてローカルホームにたたずむ姿は再現しないといけませんよね。





レーティッシュ鉄道・ベルニナ急行。
氷河特急のプレミアム客車よりもヨーロピアンな雰囲気があり、外国型を手にしている実感があるかもしれません。
ところで実は、これはこれで「飯田線シリーズ」なんですよね。
氷河特急、アレグラ、そしてこのベルニナ急行で「面的な広がり」が見えてきました。
そんな風に見えている方は、たとえ外国型であっても楽しめることでしょう。





その氷河特急・プレミアム客車に対しては、ここにきて「車内をにぎやかにしませんか?」という提案がなされるそうです。
ちょっと前の製品について、もう一度奥から出して、こんなパーツを使ってまた遊んでみませんか、という問いかけが気持ちイイじゃないですか。
今のユーザーの趣味生活も、せっかく手に入れた車両をケースにしまったままという傾向が強いですから、こうしたメーカー純正の遊び心あるパーツで忘れたころに刺激されるのは決して悪くないような気がします。
なによりも、先行した投資が無駄にならないのが一番です。





たまたまタイミングが合ったからなのか、月例の新製品発表がほぼ会場発表の形でなされました(開場と同時に入場して、見たら貼ってありましたから)。
まだポスターとしての印刷がなされていない「ゲラ刷り」のようでしたが、この1枚にものすごいユーザーが殺到していて(まるで辞令の張り出しを見ているような)、このゲラ刷りを一眼レフでカシャカシャと連写している方もいたんですよ(ホントに)。

さてと、そろそろ飯田線・165系のフェーズを上げていこうと思います。

C62は急行「安芸」の牽引機としても活躍できそうですね。もちろん「あき」のヘッドマークも封入されるそうです。
なお、15&16号機のナンバープレートは入っていませんので、北海道へ行く前の15、16号機がお好きな方は北海道形のパーツを使うこととなります。
そしてまた逆に、C59をこの「音戸」の先頭に立たせてしまうのもアリなわけで。
「音戸」と「安芸」。
クロスカウンター的に、年末に発売された「安芸」10両セットも争奪戦になりそうな気配ですが、単調な10系「安芸」編成も、発売から半年後にはまた息を吹き返すようにレイアウト上を走り出すこととなるのでしょう。
10両セットを二度味わえるようで、既に入線させている当方としてはうれしい発表でした。





お聞きしたところ、クモハ51200も2月末になってしまうかも、ということでした。
せめて20日くらいまでには出していただけると、スハ32系の発売までに若干のインターバルが生まれて、しんどい思いをしなくて済むのですが。



その他いろいろと展示されていましたけど、カトーについてはセールスミーティングで小売店から詳細な情報や画像が流れますから、そちらを。
サウンドカードも、このあとそう時間をかけずに次のカードが出てくるようで、それも楽しみ。

それにしても165系は衝撃度が大きかったようで、ポスターに記載された車番から形体を確認しようとするユーザーが担当者さんを捕まえて質問攻めにしていました。
明らかにみんな目が三角になっていました。ただでさえ会場発表は盛り上がるのに、165系ですからなおさら。
おもしろかったです。



□□□



いつもとは違う軽めのテイストで、模型イベントを見てきました。
本来なら5月の静岡ホビーショーまでは長い冬眠時間となりますから、その間にちょっとだけ見ることができた各社の動向の断面、ということになります。


どういうアイテムに投資をすれば、小さな投資で大きな満足を得ることができるのか。
どういうアイテムに投資をすれば、二束三文で中古市場へ流すことをしなくて済むようになるのか。
どういうアイテムに投資をすれば、模型店にも寄らずに早く家に帰りたくなるのか(笑)


ただ冬の空をながめるつもりで出かけた桜木町でしたが、いろいろ見ているうちに、またそんなことを考えてしまうのでした。





行きは横浜から東京メトロ10000系。
ハイライトがつくと、この顔はホントにまんまるですね。
グリーンマックス、マイクロエース。再生産はありますか?





帰りは線路際の住民先生と横浜市営バス。
桜木町のバス停で待っていたら、ゆっくりとEF210が走っていきましたとさ。


ではまた。

スポンサーサイト
  1. 2016/02/06(土) 23:24:26|
  2. 鉄道模型イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<キーワードは… 鉄道コレクション東急8000系 | ホーム | ヨコハマ鉄道模型フェスタ2016(その2)>>

コメント

155系の試作を見た後の165系ですから脳内で165系の高い完成度のモデルを見た様な気がしてきました。
ヘッドライトが非点灯でも銀色になっているのを見て 高い技術が注がれているのがわかります
中央線のDD51は特に予約せずにD51に牽いて貰おうと考えてます
長野のD51を作らないと…
  1. 2016/02/07(日) 07:53:13 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

やはり完成度No,1のKATO

お早う御座います

やはり期待通り安心してKATOの記事は見られますね!

ゲテモノ三部作(笑)
うちもマヌを入れようかと?
企てて居ります。

栄は相変わらずなので(でも近場なので行くでしょう)
静岡でのモックアップが期待です!
今度は新幹線で往復したいな~(ボソっ)
  1. 2016/02/07(日) 08:06:49 |
  2. URL |
  3. 海山鉄 #-
  4. [ 編集 ]

165系を待つ日々に

線路際の住民さん

165系のフルリニューアルは、115系300番台(運行番号表示器)、155系(ライト非点灯反射化)、711系(新型カプラー)と、最近進歩してきた仕様の集大成となる予感がしています。
中央本線のD51、やっぱり必要ですよねー。木曽路を走る貨物列車…
  1. 2016/02/07(日) 14:46:19 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

丸栄がありましたね

海山鉄さん

GWには丸栄の展示会もありましたね。
最近はおもしろい会場限定品もあるようですので、こちらも気にしております。
静岡までの交通費はこちらからもかかりますが、ここ数年は大人の遠足と割り切って遠征しています。
  1. 2016/02/07(日) 14:48:14 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

狙われた信州続々…

隠密です。
いつものことながら、レポート、ありがとうございます。
やはり最後はKATOの記事ですよね~(^^)
155系、すでに製品と変わらぬ仕様で展示されていたようですね。
塗色は、TOMIXの修学旅行色より、ほんの少々濃い感じと見ました。
そして、気になるのが165系。
たぶん、KATOユーザー全員が注目しているのではないでしょうか。
近々メーカーから詳細情報が出てくると思いますが、「新規金型」という文字が並んだら、ビックリニュースになるかも知れませんね。
歴史の長いKATOの現行の165系・153系、もしフルリニューアルであれば、「伊那」「こまがね」の後につづく製品が見えるような気がします。
サロの回送運転台妻面の塗装が見直される時が来る気がしてなりません。
同時に、予備車を含め、大量に配備してある現行の165系の処遇に困ってしまいようです(;^_^A
  1. 2016/02/07(日) 21:52:56 |
  2. URL |
  3. 隠密 #oKzxZbq2
  4. [ 編集 ]

165系は…

隠密さん

165系は完全新規金型・フルリニューアルです。
そういうことでございます。
  1. 2016/02/07(日) 22:42:59 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/1400-093dce06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)