しなのさかいの駅前広場

覆い隠すアイデア

Tomix 485系3000番台 出発進行!

おはようございます。しなのさかいです。

いろいろと考えましたが、やっぱり更新していくことにしました。
ちょうど5年前。あの殺伐とした世の流れの中でカトーからEF62が出荷されたとき。
店頭に並ぶ製品を見て、いつも以上にホッとして、そして救われた感覚を持ちました。
難しいことは言えませんが、そういうことなのです。







さかのぼること3か月前…。
年頭にトミックス製品との「ふれあい」を続ける決意をしていました。
ふれあいというよりは「負の遺産処理」でして、今年こそ買ったままで走らせられない同社の車両をゼロにする…。こういうことなんです。





その最大勢力が、同社のHGキハ・シリーズ。
特に両運転台の車両は、検査表示がある運転台側をどうにかしたくてどうにかしたくて。 付属するインレタだけでは物足りないため、サードパーティのインレタを調達するところから考え直さなければなりません。

大糸線仕様のキハ52-115には、くろまやさんから取り寄せたインレタを転写しました。
やっぱり四角い検査表示がキマると気持ちイイ。さすが、くろまやさん!
サードパーティのインレタでも、製造元によってはこの四角が歪んでいるものもあります。注意して選ぶ必要がありましょう。

キハ・シリーズ攻略。これが「はじめの一歩」となりそうです。





同じく、くろまやさんのインレタ。
485系3000番台の車番です。
付属するインレタは大きさが不適正なため、こちらのインレタが結構な人気商品となりました。
読むのがやっと。でも大きさはこれで適正だと思います。

しかし、取り寄せておいたこのインレタも、そのまま数年放置。
反省してもキリがないくらい、トミックス製品に関してはそうした付き合いを続けていた訳で、ミント品として保管していたのが幸いして…なんていうこともありましたね。
こんなことをもう続けているのがバカバカしいと考えるようになりました。
繰り返しになりますが、トミックス製品は「キット」「半完成品」です。
買うんだったら、恐れずにガシガシいじりましょう。





出発進行!
アンテナ類も取り付けたら、立派に本線を走行し始めました。
「こんな列車も持っていたんだ…」といまさら的な感想を持つ自分がいます。
模型店をパトロールしなくても、自分の家に面白いモノがたくさんあることに気づきます。





カントの効いたカーブで。
日本海側っぽいでしょうか。カント付きレールのちょうど中間部で撮影するのがコツというか、常識です。





この勢いで、青森の3000番台もやっと本線走行開始。
こちらもくろまやさんのインレタを転写してみました。
ちゃんと青森用のインレタが用意されていますので、興味のある方はHPでご確認ください。転写能力も素晴らしく、一発で仕上がります。





ということで、トミックスの485系3000番台がようやく走り始めたというお話でした。

いつもの内容の繰り返しではありますが、トミックス製品を買うときは「手を動かす時間と覚悟があるか」と自問自答しなくてはなりません。
「とにかく自分には必要だから」と、脳内でアマアマな判断をすると、十中八九デッドストック化。プラモデルを作りかけて放置するのと同じです。
キハ・シリーズはそうやって重たいプラケースの「山」を作っています。
名脇役なのにいつまで経ってもプラケースとカサカサ袋の中で控えていては、自分の中のNワールドが広がりません。
いじっていじって、プラケースからブックケースへ引っ越して。そして気まぐれに好きな編成を組むようにしたいですね。キハってそういう自由度があるはずです。


両運転台のキハ。キハ58・28と首都圏色のキハ52あたりが、編成となって外れのホームにたたずむようになれば、より豊かな気持ちになるような気がしています。
やっぱりこの作業をしばらく優先させることにしましょうか。

ではまた。


スポンサーサイト
  1. 2016/04/19(火) 08:20:00|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<スポーク車輪 | ホーム | 相鉄9000系リニューアル>>

コメント

それぞれの拘り・・・

お早う御座います

いろいろ考える所がしなのさかい様にあったんですね。

趣味の世界だもの 他人がとやかく言える立場では無いですが・・・
人様に迷惑を掛けないものであれば何でも可だと思います。
若輩者の拙者が書くのも何なんですが

しかし拙者も模型を趣味とする者
ある程度の拘りは有りますよ

ただ、まだまだしなのさかい様に比べれば軽度な物かと
自分の技術力やサードパーティのラインナップで軽加工して
自己満足しております。

色んな物が積み上がってますが(鉄模やガンプラ)
それはそれで拙者は安心する(汗)
アレはこの後弄ってやろうとか、このレベルまで自分の
テクニックが上がったら着手してやろう!とか。

そうやってどんどん積み上がってしまう(大汗)

現在はやっとこさPGの一角獣に着手しております
  1. 2016/04/19(火) 08:44:54 |
  2. URL |
  3. 海山鉄 #-
  4. [ 編集 ]

485系の造形に関しましては、トミーに軍配な気がします。(集電では圧倒的にカトーと思いますが)
夏には、上沼垂色が発売されますね。JRになっての485系変更色ではこの色が一番決まってると個人的には思います。1500番台入りは特に売れそうですね。早く国鉄色/銀屋根の1500番台を出して欲しいものです。カトーの北海道シリーズと共に「いしかり」や既成品を含めて「はつかり」他にも使えますからね。うかうかしてるとカトーの北海道シリーズで先行されてしまうヨカン・・・
  1. 2016/04/19(火) 16:52:25 |
  2. URL |
  3. 鉄人1028号 #-
  4. [ 編集 ]

人それぞれに遊び方や視点が異なりますから一概に言えませんが、共通する事は目の前に置いてある車両を、どのようにして楽しむか?ではないでしょうか。
車両を走らす前の下準備も私は、その車両や列車を取り巻く事柄を調べる事から始めてますね!
そうすると 例え買って来たままであって 何もないエンドレスであったとしても脳内では、素晴らしい景色が見えて幸せな気持ちになります。
そして 車両をアレコレ見て気になりだしたところから手をつけています。
両運転台車の検査表記は付けるとイイ感じですね〜
485-3000は、今のところトミックスの独壇場なんですよね…(一応 競作なんですが)
やはり大本命は、はくたか かな?
  1. 2016/04/20(水) 01:47:31 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

ありがとうございました

海山鉄さん

そういう拘りもあるのですね。
参考となりました。ありがとうございました。
  1. 2016/04/20(水) 21:24:44 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

90'S Series485

鉄人1028号さん

上沼垂色はホントに人気がありますよねー。
1990年代のニオイもそろそろ「懐かしく感じられる時代」になってきました。当方もこの頃の塗り替え車両は好きです。あまり同意していただける方がいないのが難点ですが、白山カラーとか(笑)
1500番台って、結構昔から製品化要望が強く、一時期に見られたトミックスの旧製品は幻のセット封入品だったと思います。国鉄色のHGで製品化されたら、結構盛り上がりそうです。
  1. 2016/04/20(水) 21:31:15 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

寝る前にササッと

線路際の住民さん

景色と共に共存することができるスケール。それが1/150の世界でありNゲージの世界であります。
「レイアウト」という概念が黎明期から存在しているため、このことについてはブレのない客観的な評価であると考えます。
であるため、おっしゃるとおり、Nゲージの車両を手にしたときに、その背景、そして「列車」という人間くさい概念が浮かんでくると、気持ちが豊かになり、その次に財布を開けるというメカニズムがある訳です(笑)
アプローチはいろいろとある一方で、せっかくNゲージをやる訳ですから、こうしたゴール・目標はブレずに持ち続けたい。最近は本当にそう思うようになりました。
寝る前のひとときに、ササッと好きな車両、調べて興味を持った列車を並べて走らせて。そして「おやすみなさい」。
そのときにササッと並べられるように手持ちの車両をスタンバイさせておきたい。緑のメーカーの「レディ・トゥ・ラン」の考え方にもそんな要素が含まれているんだと思います。
  1. 2016/04/20(水) 21:49:26 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

お久しぶりです。なんだかもう夏もそろそろと早いですね。
私はトミックスNゲージを中学生くらいに入門して
今になって、車両はKATO、線路はトミックスみたいな出戻りをしました。欲しい物がたくさんある中、インレタ等は塵も積もればなんとやらでけっこうな課題ですね…。。
しなのさかいさんのレイアウトに485系、とても映えて見えて、生き生きしているように感じました。
  1. 2016/04/20(水) 23:31:12 |
  2. URL |
  3. 99 #wpmRH4EQ
  4. [ 編集 ]

原点回帰

99さん

どうもです。お褒めの言葉をいただきました。

出戻り、原点回帰、Nゲージを始めた頃の感覚と比べると感じてしまう今の違和感…。
まさに、そこなんですよー。
いくら豊かになってもイマイチ楽しめていない自分がいたりする訳で。
ユニトラックが無い時代、レールと言えばトミックスで、当然にホームもトミックスの規格。最近、なんだか懐かしくなり、テーブルの上に出すレールと対向式ホームはトミックスにしてみました。それがまた飯田線の旧国に合う合う(笑)
フツーに走らせてみると何故か懐かしい感覚が蘇ってくるのは、どこか自分の中で壊れているのかなと、病気にならない程度でそう思ったりしています。
  1. 2016/04/21(木) 21:14:45 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/1416-1556b3be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)