しなのさかいの駅前広場

四季島に旅情は感じない

スポーク車輪

線路際の住民です。

旧型国電用のスポーク車輪を購入したままだったんですが、手持ちの飯田線車両に取り付けて見ました。



スケスケ感のある台車を見て 微笑んでしまいます。
軸受け付近のパーツが大きい為に 以前取り付けたセキ3000ほどではありませんが、旧型車両らしくなってきました。



動力台車も交換しましたが、ギアボックスが大きく 思ったほど実感できません。
まぁ よく見れば、何となくわかるので自己満足の世界で良いのかもしれませんが、
やっぱり ナントカしたいですよね!



暫く台車を眺めながらスポーク部分と被る モーター側のシャフト覆いとギアのアンダーカバーの車軸部分をカットしました。
モーター側にした理由は、先頭部の覆いのカットで 車軸ギアが剥き出しになり ホコリやゴミとギアが直接触れて故障の原因になる為です。



組み立てるとホントにギアが剥き出しになりました。



何だかスッキリした感じになり スポークも抜けているのがよくわかります。
走らせて見て キモチ音が大きくなったようです。
暫く走らせて耐久性を確認して見るつもりです。




こんな改造ですから それなりのリスクが伴います。
作業前に assyパーツで動力台車を購入したのは言うまでもありません、失敗した時の復元用です。
まだまだ他に良い方法があるかもしれません これで様子を見ることにしますが、この改造はユーザーの自己責任の上で行われることを付け加えます。






スポンサーサイト
  1. 2016/04/25(月) 23:54:52|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<カトー C50 リニューアル | ホーム | Tomix 485系3000番台 出発進行!>>

コメント

発想の転換

なるほど、手前の車輪じゃなくてあえて奥の車輪を見せるという作戦もありましたか!
少々不安もあるでしょうが、ASSYを用意しながらであれば気楽ですよね。参考になりました。
  1. 2016/04/26(火) 21:20:23 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

そうなんです、やはり先頭の車輪が剥き出しになった場合のリスクと走り去る時の見返しで見た時の方が印象深くなる事を考え
内側にした次第です。
改造の時のassyパーツの存在は大きいですね!気軽にチャレンジできますからね
  1. 2016/04/26(火) 22:47:49 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/1417-9c459753
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)