しなのさかいの駅前広場

四季島に旅情は感じない

74070-1Dを手に入れて10-242を探す迷路に入る

こんばんは。しなのさかいです。




三連休ということなのです。
GW以降は「ひたすらひたすら」でしたから、暦の上では少しは「ホッ」とできるタイミング。

そして少しは趣味の世界で遊べています。
いやいや、どんどん遊ばないといけません。そうしないとあっという間に連休明けの朝に押し流されてしまいそうです。
少しは頭の中を換気したいですよね。





トミックスのキハ261系1000番台もなかなか快調に走っています。
それにしても繰り返しになりますが、レイアウト作業、進んでないなあと思うのです。
撮影ポイントに絞ってシーナリー作業(緑化など)までやってしまうのもアリなのかもしれません。
目下、全てのボードの地形、土地の用途を決めてしまうことを優先させていますので、今のところはひたすら材木の切断と大まかな地形づくりばかりです。
出来のイイ模型が揃ってきたこともあるので、もういい加減、地面の充実に目を向けてもイイ頃合いかも。



いつもながらの前置き(お許しを)。

カトーの165系は、様々なASSYパーツの恵みをもたらしてくれました。
その恵みとなるパーツでニヤけるのが今回のテーマです。





モハ165はASSYで1両を追加してみました。
「伊那」セットをメインに使って、さらに「こまがね」のモハ164-800とこのモハ165を使えば、モハモハユニットが2組になるよ、6連になるよという、ただそれだけの話。
ただし、頭の中では6連が◯連になったりしています。







ベンチレーター類のASSYは、115系のときに起こされたパーツなので、今回の165系のためのモノではありません。
しかし、表面加工にマット感を出すマイナーチェンジが施されているということを、以前レポートしました。
したがって、既に入線している115系800番台、そして300番台のベンチレーター類を全て今回のASSYパーツに交換したのです。
写真ではわかりにくい地味な交換ので、是非とも肉眼でお確かめを。効果は確かにあります。部屋の蛍光灯の光が反射しなくなるのは、とてもイイものです。


そしてここからが長話。




74070-1D「クハ165 台車(Sプロウ付)」は、あらかじめ総本山で予約しまして、手持ちのTR69が先頭に来る列車の全てに取り付けました。
その数、合計11袋。


しかし、その「全て」には例外がありました。

1つは、485系初期形「ひばり」のクロ481。
これは車体の長さ、台車の位置の違いからスカート下のスノープロウに干渉するからダメ。
反対側のクハ481はOKなので、この新型スノープロウ付台車は中途半端にも1つ残るようになってしまいました。
でもまあ、このことはユーザーの誰もに共通することなので仕方がありません。



当方にとって問題となる、例外のもう1つ。
それが485系初期形「雷鳥」。

当方の「雷鳥」は2005年製の初回ロットなんです。だから台車はビス止め。
今回のスノープロウ付TR69は、今となっては標準と言えるビス無し仕様なので、残念ながら2005年ロットには取り付けることができません。
先頭車だけ床下をどうにかして…とも考えましたが、先頭車だけ微妙に車高も違うことになりそうだし、どうも精神衛生上よろしくない。
やっぱりキチンと12両全て同じ仕様じゃないといけませんよね(と自分に言い聞かせています)。

485系初期形「雷鳥」の最新のロットは、少し前の2014年のようです。そのときは買い換える必要性を感じていませんでした…。
「ならばいっそのこと買い換えるか」と立ち上がりました。





近所の量販店や職場近くのお店には在庫がありませんでした。
「あらら」と思っていたら、なんと隣町の隠れ家的なお店に10-241、つまり基本セットだけ売っていたのです。昨日の土曜日のことです。
「まあ、増結セットはどうにかなるだろう」。そんなことを考えながら、もう店員さんに声をかけていたと思います。





あー良かった良かった。
これで北陸特急のエース、485系「雷鳥」がスノープロウ付で蘇りました。
めでたしめでたし。






と言いたいところですが…
考えが甘かったようです。

困ったことに、10-242「増結セット」は本当にどこにもないのです。
総本山に電話しても店頭在庫なし。ここで無いと相当危険なレベルなのに、事前に確認しておかなかった自分がバカでした。
ネットで調べると、定価販売店は「在庫アリ」となっているんですが「基本セットと一緒に」という堂々としたHP上の注意書きが(笑)
むかーしむかし、リックドム(ガンプラ)にイデオンのプラモデルを抱き合わせて売る模型店があって、いろいろと子どもたちの中で評判になりましたが、「それって◯◯◯◯◯販売じゃないか?」とその当時から評判になっていましたっけ。

ガンダムとイデオンは関係ないけど、「雷鳥」の基本と増結は不可分?
まあ、そんなことを言っていても仕方がありません。
手持ちの2005年ロットの10-242「増結セット」だけは現役で2014年ロットの「基本セット」と混成させて遊ぶことにします。
車高だけじゃなく、塗装の色調などその他いろいろと困ることもあるのですが。





485系ほど複製区間が似合う国鉄特急はありません。
高速でかっ飛ばすボンネット・スタイルはいつ見てもイイもんです。





ぐいーんとカーブを曲がる姿でおしまい。

165系のASSYパーツが運んできた、ちょっと空転気味なレポートでした。
これもこれで、必要な列車だけをベストコンディションで持っていたいという自分キャンペーンの一環です。
そのうちどこかで会えるかなあ、2014年ロットの10-242。
すっかり品番を覚えてしまいました。
それにしても増結セットだけが先に無くなるというのも面白いですね。

もしかしてみなさん、サハ狙いだったのですか?
それともサロの初期形狙い?
真相は闇の中です。


ではまた。


スポンサーサイト
  1. 2016/07/18(月) 00:03:52|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<レイアウト再着工宣言 2016 | ホーム | クモヤ90の連結器を交換>>

コメント

編成もの

今でこそ検査の周期とか工場入場は編成で丸ごと行ったり来たりしているようですが、国鉄時代はモハユニットだけとか、そういうサイクルが多くありました。
なので実物でも塗装の艶やそれこそベンチレーターの汚れ方まで不均一なのが普通だと記憶しています。
(これは通勤・近郊型に限っての話かもしれませんが)

特急型はやはりズラッと揃った長編成が轟音とともに疾走する姿がいいですね。まさに「特別」な列車の風格がありました。
私は車輪の一部をやすりで平らに削ってあの音も再現しています。
  1. 2016/07/18(月) 08:39:58 |
  2. URL |
  3. ホビぽっぽ #DhbrllUw
  4. [ 編集 ]

スノープロウを付けると気分的にもグレードアップしますよね!
当方は 115系用スノープロウを取り付けながら必要に応じて489用の台車を使ってます。
さて気がつけば 我が家の165系が凄い勢いで増殖して165系スパイラルをさまよってます
  1. 2016/07/18(月) 18:22:26 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

台車スノープロウは青春だ~!

隠密です。
おおげつなタイトルですが…(;^_^A
台車スノープロウフェチとしては、今回のAssyはとってもありがたい部品です。

クロ481には合わない…、やはりそうですよね。
うちでも干渉しましたから…。

ここであきらめず、スカートスノープロウを削って、干渉しないように…
もはや病気です…(;^_^A

これまではGMのスノープロウにお世話になっていましたが、今後はこの165系用スノープロウの出番が増えそうです(^^;
  1. 2016/07/18(月) 22:23:45 |
  2. URL |
  3. 隠密 #oKzxZbq2
  4. [ 編集 ]

長編成ならではの楽しみ方

ホビぽっぽさん

コメントをありがとうございます。
車輪のフラット化を再現しているのですね。模型の車輪なら安価ですし、試してみるのも面白そうです。長編成ならではの楽しみ方、色のくすんだ、又はその逆のモハユニットが入っていたりと、いろいろ研究してみる余地がありそう。ついつい模型としては統一された編成美を求めがちなのですが、そんな気持ちのゆとりを持たなくてはいけないかも。そんなことを考えました。
  1. 2016/07/20(水) 20:46:52 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

これからどんどん

線路際の住民さん

165系はいろいろな部品といろいろな遊び方をもたらしてくれたようです。台車ごと買い直すか、それともクモハ115用のスノープロウだけを買って白山用TR69に接着するか。前者が品薄になりかけているようなので、後者でも経済的ですし、ありかもしれません。もっとも前者もこれからどんどん生産されそうです。
  1. 2016/07/20(水) 20:55:55 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

スノープロウの青春

隠密さん

これまでのそちらのこだわりからすれば、このASSYパーツは待望の…でしょうか。ならばガッツリ買ってしまいましょう(笑)
電連ナシカプラーもそうですし、このスノープロウもそうですが、カトーの常識がここにきて一歩前へ進みましたよね。この波に乗ってお互い青春を満喫しましょうか!
  1. 2016/07/20(水) 21:00:07 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/1442-5858ee2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)