しなのさかいの駅前広場

覆い隠すアイデア

レイアウト再着工宣言 2016

こんにちは。しなのさかいです。




家の中で夏休みに入ったのは娘たちだけで、毎朝ピクリとも動かない連中をうらやましく思いながら家を出る毎日です。
でも、自分もかつてはそうだったのです。
仕方がないな、許してやるか(笑)



趣味方面は、ぼちぼちと、ぼちぼちと。
相変わらず、なかなか休日の1日全てを趣味に注ぎ込むことはできませんけど、空き時間を見つけては細々と遊ぶようにしています。

最近は、また地面を耕すようになりました。
レイアウト再着工宣言も、もう何度目なんでしょう。
カトーの新165系の興奮が落ち着いてきましたので、久しぶりにその活躍できる舞台を整備してみたくなったのです。
コレクションを見渡せば、この5年くらいですっかり出来の良い車両ばかりとなりました。
そういう模型たちが活躍できる舞台、背景を整えたくなる欲求は、ここまで来れば当然と言うか必然の流れと言えることでしょう。





再着工のきっかけは、新165系だけでなく、井中温泉駅の「駅前広場」からでもありました。
ここには1ミリ厚のプラ板に「光栄堂」のアースモデルシート(品番は37だったかな。両面テープにバラストのような素材をまいただけのような製品です)を敷いて、砂ぼこりが舞う雰囲気の、未舗装の広場を仕立てていました。
ちなみに駅舎の土台とのレベルはフラットにしています。

この状態の地面に、さらにイタズラ的にグレインペイントの「2・浅灰」を塗ってみたところ、バラストの粒がやや地面に埋没したような雰囲気を得ることができたのです。





この工法(と言えるものでもありませんが)は、未舗装道路を量産するのには最適のようです。グレインペイントでは粒状感が物足りないないと思うアナタにおすすめ。
したがって、建物の配置を決めかねていた駅前のスペースはこのように決定。未舗装路を存分に楽しむことにして、かつ正面からのぞき込むときに建物のファサードを楽しむようにしました。

建物の裏側には、駐車場のような空き地を設けています。そのためのアースモデルシートも貼り付け済み。こちらはカトーのシートに似ているモノでした。





地方郵便局は一度ライトブルーに塗り替えていましたが、結局は元に戻す形で、初代のピンク色に。
今更なのでしょう。「ブラウン」はあっても「ピンク」は何処にも在庫が無く、箱が色褪せたラスト・ワンを池袋のお店で見つけたときはホントに助かった思いでした。





さらに横には鉄道官舎を並べています。
ネジを外して土台を地面に一体化させる工事を進行中。
土台を仕上げてから、一度外した柵、そして建物を差し込んでいきます。





さらにさらに、その手前には水田の用地を確保しています。
駅のホーム。そのホームと地面のレベルを揃えた上で鉄道官舎。その官舎の手前には、やはり未舗装道路。そしてさらにその手前には水田という、重層的な風景です。
たかが駅前の風景でも、建物の選定、建物が建つ過程や鉄道用地の範囲などを考察すると、決して安易には出来ず、地形の検討と同じくらいの時間を費やすことになりました。





その隣りのカーブ・モジュールには築堤とコンクリート擁壁を作ることにしました。
使用材はタミヤのスチレンボード。高密度ゆえの強度の高さとカットのし易さ、変形リスクの少なさから、やや値段が高めでも好んで使用しています。
コンクリート擁壁には5ミリ厚の、築堤には3ミリ厚のスチレンボードを、短冊状に切って、木工用ボンドで固定。
特にコンクリート擁壁は角度が揃うように、全ての短冊に角度定規を当てながら、慎重に作業を進めました。





雰囲気をチェック。
カーブの風景は列車を名役者に仕立ててくれますよね。
こう撮影するとなると、線路際の仕上げを急ぎたくなる訳です(笑)





そのボードの点対称的に反対に位置するカーブモジュール。ここには新たなトンネルポータルをこしらえて「いました」。





こうなる予定「でした」。
トンネルの内壁も木工用パテを塗り込んであり、あとは塗装というところまで来ましたが、緊急中断。
ここは大改良をすることになりそうです。





内側のレールを露出したまま、外側のレールを山で覆うこととします。
どうしてここまでやっておいて、そんな方針転換をするのでしょうか。

それはね。ここにイイ風景を作ることができる見込みがたったからなのです。





(おまけコーナー)



115系800番台。
やや雰囲気が変わって、気持ちも新たに当工場を出場します。
ベンチレーターの交換に止まらない進化。
まだまだ中央本線は熱いのですよ。ねえ。

ではまた。







スポンサーサイト
  1. 2016/07/25(月) 13:15:00|
  2. 鉄道模型(レイアウト)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<第38回鉄道模型ショウ2016(その1) | ホーム | 74070-1Dを手に入れて10-242を探す迷路に入る>>

コメント

心象風景

ああ、こういう光景はいいですね
少し前まで、というかついこの間までどこにでもあったような気がしますが、齢のせいで昔のことを詳しく思い出すようになったのかもしれません。
初夏の夜に優等列車の通過待ちをしていると、静まり返った駅に近所の田んぼからカエルの大合唱が響いてくるような・・・

トンネルの改築はもしかして115や165が交走する、あの仕様でしょうか?
  1. 2016/07/25(月) 16:55:21 |
  2. URL |
  3. ホビぽっぽ #YrcAaRgM
  4. [ 編集 ]

シリーズの舞台装置化

ホビぽっぽさん

コメントをありがとうございます!
トンネルの改築は…ここ数年ですっかりと充実したシリーズの舞台装置へと転換することになりそうです。そのためには単線の風景にして、背景を山にして…
田んぼも水を入れたばかりの、のどかな季節の風景がイイかなと思ったり。整合性や説得力のある地面を作るのは大変ですが、車両工作以上に研究の余地がある分野です。
  1. 2016/07/26(火) 21:44:06 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

駅前通りをアスファルトではなく砂利道にしたところは良いですよね!
あと 轍で味付けをするともっと良いと思います。
単線トンネルから抜け出た後にどんな風景を見せてくれるのでしようか?
楽しみです
  1. 2016/07/27(水) 23:07:53 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

わだち

線路際の住民さん

わだちね!
それはそうでした。やってみます。
グレインペイントが世に出たおかげで、ハードルも低くなりまして、意欲も湧いてきました。
地面を耕す仕事はやはり続けねば。
  1. 2016/07/30(土) 10:13:21 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

しなのさかい様
いすゞのバスが、駅前の雰囲気とマッチしていい感じですね。
官舎わきには洗濯物が干していたり、これからディテールアップも楽しそう。
温泉客を運ぶ電車のライトもいい味です。

トンネル、どんな風景になるのか、興味津々ですよ~
  1. 2016/07/30(土) 11:34:43 |
  2. URL |
  3. イケレク #-
  4. [ 編集 ]

のんびりとのんびりした風景を

イケレクさん

コメントをありがとうございます。
おっしゃるとおりで官舎の向きや並びにもこだわってみたつもりです。道路側には生垣があってもいいかな? まあいろいろ(笑)
妄想だけが広がって、なかなか前に進みませんけど、じっくりゆっくり部分同士の整合性、説得力を持たせるように進めています。
  1. 2016/07/31(日) 07:32:25 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/1443-9e11ebdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)