しなのさかいの駅前広場

欲しいのは、ふるさとだけ。

KATO HB-E300系「リゾートしらかみ」(青池編成)

こんばんは。しなのさかいです。




関東地方の9月は、最後の日までこんな空ばかりで、ほとんど毎日、傘をさすか持ち歩いていました。
10月に入っても再び台風が一発やってくるようでして、またしばらくは傘が手放せない日々となりそうです。
カラッと晴れた休みの日、来ないかな。





そんなグズグズの天気の9月末、カトーからHB-E300系「リゾートしらかみ」(青池編成)が発売されました。
この日を待っていました。





4両セットですから中身はこのようにこじんまりと。
最近は、この4両ブックケースを手にするときのありがたみが一段と濃くなってきました。なんでだろう?
曇りの空ばかり見てきましたから、スカイブルーが目にしみます。





ユーザー取付パーツはゼロ。列車無線アンテナ、ホイッスル、信号炎管は既に工場で取り付けられています。
付属シールもナシ。
完璧な完成品です。





まずは「青池」のロゴマークから。
滲みやボケもなく綺麗に印刷されています。
個体によっては、かつての“ばん珍”のような擦られて付いたような塗料のラインが確認できましたから、買う前に店頭で確認できるとイイかもしれませんね。

それにしても様々な標記、ピクトグラムがロゴマークを引き立てていて、完成品モデルの真骨頂と感じることができます。
あ、方向幕(じゃなくて表示器)は「リゾートしらかみ」です。なので行先を決める必要もなく、だからシールも必要なし(笑)





「RESORT HYBRID TRAIN」のロゴも綺麗に入っています。
某番組で自転車に乗るおっさんが、橅編成のこのロゴを見て「なんだか意味がわからねえ」と言っていました。





当方としては、特に屋根の上のリチウムイオン蓄電池の表現が気に入っており、エッジの効いた四角いパーツに屋根と同じ銀色の塗装が精密感を醸し出している姿に満足。





車内に目を転じれば、キチンと展望スペースが再現されていました。津軽地方に入るとここで三味線の実演が行われる訳ですよ。
この模型、津軽じょんがら節をBGMにして走らせてみたら雰囲気が増すでしょうか?
今度実験してみます。





半個室スペースも再現。
ブルートレインのB寝台のような仕切壁がチラチラ見えるのは豪華列車っぽくもあり面白いですね。この車両は「リゾートしらかみ」ならではとなります。





カプラーは、話題の新型カプラーで、グレータイプの登場。
もうこれが標準化されるのでしょうか。今後のカトーの判断を興味を持って見ていきましょう。



では、家族が寝た後で軽く運転でーす。




単線デッキガーター橋が似合うハイブリッド気動車。
LED室内灯クリアの点灯具合も悪くありません。





上から見てしまうと「単線」とは言い難い景色ですが、別線とも捉えられましょう。
そうです、ここは単線区間なのです。





21世紀に入っても、こうして非電化路線に似合う新しい車両が登場することは嬉しいじゃないですか。



* * *



カトーのHB-E300「リゾートしらかみ」(青池編成)でした。
4両編成なのに先頭車両に動力ユニットが組み込まれているのを「理由がわからねえ」と言う人は、もう少し考えてみましょう。

それにしても、カトーからジョイフルトレイン「的な」車両がリリースされるのは久しぶり。そういう意味で感動しているユーザーも多いのではないでしょうか。
そうそう、カトーの製品化発表の翌日にマイクロエースの発売予定撤回がアナウンスされたのも話題となりました。

しかしながら、この模型の意図は、単にジョイフルトレインということに着目しているのではなく、やはりカトーのトレンドである「風景が見える列車」だから、ということなのでしょう。
当方は、そう解釈しています。





五能線の展望列車と言えば「ノスタルジック・ビュー・トレイン」が始祖(エヘヘ、トミックスのノスタルジック・ビュー・トレインは眺望車2両入りのリニューアル品ですよ)。

ローカル線の観光路線化が叫ばれている平成20年代ですが、信じられないことに、五能線は20年以上も前に風景や車窓を売り物にして観光路線化に成功しているのでした。
やはり「風景」は鉄道を捉える上で重要なファクターなのです。





このHB-E300系が走るところは、必然的に風景が素晴らしいところばかり。
陸奥湾沿い…有畑や吹越の付近の荒涼とした眺めも良いですし、姨捨から見る善光寺平も素晴らしいです。

この模型の開発によって、さらに風景や地面へと思いがシフトしていく流れは、ユーザーとしても素直に受け止めたいところです。
あ、マイクロエースもやっぱりがんばるそうですよ。

ではまた。


スポンサーサイト
  1. 2016/10/04(火) 19:00:00|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<KATO 781系 | ホーム | 第56回全日本模型ホビーショー(その4・完)>>

コメント

当方も只今 サウンドカードE233用を使い走らせてます、VVVFのハイブリッド車ですし 実車を見た事ないですから 違和感無く遊んでます。
ユーチューブの動画をチョットだけ視てから走らせ 旅気分を味わいます。
そのうち現実の世界で乗りに行きたいものです。
製品自体は、ソツなく全体的にバランスのとれたモノと思いますが、室内灯の灯りが前面窓縁に反射する等 詰めの甘さがチラホラ見えるのが残念でした。
かと言って致命的な事でも無く 今後のバリエーション展開に役立てて欲しいですね
  1. 2016/10/04(火) 22:00:49 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

しなのさかいさんについて

つつじヶ丘駅付近にお住まいなのですか?一番最初の写真が気になりました。それとも、関係ない写真ですか?

  1. 2016/10/05(水) 03:01:13 |
  2. URL |
  3. 63K 急行新線新宿行き #-
  4. [ 編集 ]

カトーは、どちらかというとオールド系に力を入れてたように見えましたが、ここに来て新しい車両も出してきましたね。新しい車両といえども、トミーには無い物語性を出してくれればと。
自分的には、オールド系を望んでますが。
  1. 2016/10/05(水) 18:21:50 |
  2. URL |
  3. 鉄人1028号 #-
  4. [ 編集 ]

次は…信濃国に

隠密です。
HB-E300、ついに発売になりましたね~。
というか、早くも…という感じです。
写真を拝見しても安心の品質だということがひしひしと伝わってきます。
ユーザーパーツが無しというのがスバラシイですね~。
とくに行き先シールは老眼者にはこたえる作業ですので、これが無いというのは大歓迎です。
塗装もスバラシイですね~、屋根上なんて惚れ惚れしちゃいます(^^)
ライトはHIDとハロゲンの色の差をだしているなんて、ステキです(^^)

このKATO HB-E300、近い将来、姨捨の風景が見られることになると思いますので、楽しみにしたいと思います(^^)
  1. 2016/10/05(水) 19:36:40 |
  2. URL |
  3. 隠密 #oKzxZbq2
  4. [ 編集 ]

そういう手もあったかー!

線路際の住民さん

E233系用サウンドカードを使う。なるほど割り切り方もありますが、遊んでなんぼですから面白そうです。こちらもやってみようかと思います。

  1. 2016/10/05(水) 21:53:12 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

つつじヶ丘

63K 急行新線新宿行きさん

ようこそお越しくださいました。
残念ながら、当方の居住エリアとは関係ありませんで、たまたま立ち寄ったところの空を撮影しただけなんです。混乱させたのなら謝ります。ごめんなさい。
でも、つつじヶ丘は数々のドラマの舞台にもなったところ。駅周辺をいろいろ散歩して昔のロケ地などを楽しみました。
  1. 2016/10/05(水) 21:56:31 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

ギンギラギンにさりげなく

鉄人1028号さん

オールド系ももちろん良いのですが、これはこれでイイなと思いました。
車両単体を見てしまえば、首都圏の電車と同様にギンギラギン。そこで終わりにしてしまうかどうかはユーザー次第、でしょうか。
  1. 2016/10/05(水) 22:00:13 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

やっぱり OBASUTE OVERSTAY

隠密さん

津軽の車両が発売されたのに、もう信濃の車両が発売されたような祝勝会ムード。
わかります、わかります。だって、先頭車がねえ(笑)
この品質であと何種類の楽しみが繰り返されるのか。そう思うとやっぱり姨捨にOVERSTAYしたくなるわけです。まだまだ信濃国がウハウハとなることを祈りましょう。
  1. 2016/10/05(水) 22:04:56 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/1463-5be48dc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)