しなのさかいの駅前広場

欲しいのは、ふるさとだけ。

KATO 781系

こんばんは。しなのさかいです。




2016年の初秋、西多摩郡瑞穂町の夕方の西の空。
今年の秋もこうしてジワジワと深まっています。
それにしても、いい季節ですね。
ホームで蚊に刺されちゃいましたけどね。





カトーの「9月末大攻勢」PART2(勝手に命名)。
“まだまだ北海道の鉄道が楽しかった頃”の車両である交流特急電車・781系が発売されました。

今回は「登場時」と言うべき、運転台上にスタビライザーが設置されていない、1980年から1985年頃までの姿と言えそうです。
先行していたマイクロエース製781系も、ずいぶんと長い間、北海道の大きな穴を埋め続けてくれました。
お疲れ様でした。あらためて敬意を表します。





国鉄特急標準色に下枠交差型パンタグラフPS102。
そして、碍子の色は緑。
散々見てきたようなビジュアルの特急電車でも、決定的な違いがここまであります。
「また似たような電車を買っちゃったー」という罪悪感もそんなになく、初めて手にする車両だと言う満足感がありました。





こんなところもそうですよね。
屋根上の抵抗器のグリルが繊細に表現されていて面白いです。
モハ車の屋根上が賑やかになってしまったがために(重量が増えるため)T車にパンタグラフを設置したというのは興味深いエピソードでした。





スタビライザー無しの、プレーンな姿の運転台。
485系と比べると若干窓が下に拡大されているからか、運転台の様子がよく見えます。
カプラーはダミーなれど密自連形。
着雪対策であるライトの出っ張り具合などもこの角度から楽しむことができ、異質感が漂う国鉄特急電車をとことん楽しめます。





視点を下げて、テールライトの点灯具合。





台車も、モハ車の「T」以外は新規で台車スノープローも装着済み。今のカトー標準が満たされていました。



「おもしろいなあ」と思ったのは、485系などと異なって窓上部分にある方向幕部分。
室内灯を入れると、導光板から漏れる光が見えて、まるで方向幕自体が光っているように感じられたました。
そこで、手にとって顔を近づけてみたのですが…




ここ、ガラスにHゴムが表現されておらず、ボディ側にそれが表現されています。
グレーの色刺しも無いようですが、ガラスもボディとツライチになっていなくて奥まっている。
なんとなくカトー標準らしくないじゃないですか。

しかしよく考えてみると「おおっ?」と気づくことがあるのです。
おそらくHゴム部までをガラス側に表現すると、方向幕上のボディが赤い雨樋の部分だけとなり、ボディの構造上のウイークポイントとなることから(破損など)それを回避したんじゃないかなと。
こーいう割り切り方は決して悪くありません。

無理をしてHゴム部までくり抜いて、工場でガラスをはめた際に壊してしまう、というパターンは他社にありがちな話。
ガラスパーツをはめ込む際の重要な部分ですから、取り外しも考慮して方向幕部分のガラスも表にめいいっぱい出せなかったんですね。
コンマ数ミリの世界で調整が繰り返されるカトーの設計の一端を見た気がしました。

あ、コレは当方の勝手な推理です。

※10/9訂正
viviogx-tさんのご指摘及び当方の手元にある資料の再鑑により、781系の方向幕部はHゴム押さえではなく、ボディと同じクリーム色の金属押さえであることに気づきました。よって今回の製品の仕様に何かおかしいところがある、ということはありません。カトー様にはお詫びし、本記事の該当箇所を削除さていただきます。


その他、中間部のカプラーが新型になっているのも先の711系、165系、HB-E300系と同じ。
新車両には新型カプラーが採用されていくと見て間違いないでしょう。 





4灯のヘッドライトの点灯具合も良く、KM-1とKC-1の組み合わせで、ダイヤルをほんの少し上げるだけで停止状態のまま点灯。
撮影もし易かったかな。





それでは、再び寝る前の運転会です。




まずは711系とのすれ違いから。
711系はライト4灯化前なので時代的にアレですが、そーゆーことを言ってコラボして走らせないのは「損」です。
こうして見れば、どう見てもあの頃の札幌や旭川あたりの風景。それで良いのです。





札幌近くなので、架線の下でもキハ183系「おおぞら」が入ってきました、ってな雰囲気で。
交流特急電車とディーゼル特急気動車のすれ違い。
同じスラントノーズのキハと比べると、781系の丸みが目立ちます。
北海道総局の着雪対策を模型で再現、ということなのであります。





札幌駅で711系と並ぶ。





賑やかだった地上時代の札幌駅風。
おもしろいなあ。


「あの頃」の北海道の鉄道を再現するための、キーストーンのような特急電車がやって来ました。
781系が視界に入り込むと、年代設定に曖昧さが残るビジュアルも「80年代」としてビシッと引き締まり、時代を表すための説得力が増します。

グリーン車も入らない地味な6両編成の模型ですが、無ければ無いで困る模型…、それが781系。
この781系の製品化の意図には、どちらかと言うと「特徴ある列車の再現」というよりも「数多くの列車や車両とのコラボのためのもの」というところにある…そのように受け止めました。





だから、これでもかと先行して発売された車両たちと合う訳です。
やり出すと止まらなくて、50系51形、14系500番台、ED76 500番台とも並べてニヤける夜更け。

そして、これらは全てここ数年で発売されたもの。
車両をいじる必要もなく、こうしてどんどん本線へ入線させて、「あの頃」の景色を楽しみながら次の発想へと頭を使うことができます。
カトーがここ数年でやってきたことはこういうことだったのですね。

カトーの車両だけを出してみましたが、もちろんトミックスのキハ40やキハ22、キハ56とのコラボレーションもやりたくなります。
いやいや、やらなければなりません。とうとうここまで来たのですから。





「ライラック」と「いしかり」。
あなたはどちら派?
たぶんですが、持っていたはずの交通博物館の下敷の写真がどちらかだったという点で分かれるんじゃないかな。あはは。

ではまた。

スポンサーサイト
  1. 2016/10/08(土) 00:15:00|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:19
<<ナハネフ22の車掌室に電話機を... | ホーム | KATO HB-E300系「リゾートしらかみ」(青池編成)>>

コメント

流雪溝のある駅構内と781系の画像を見て
このローカル線ホームの存在が大きいですよね!
ある時は辰野駅に 時に札幌駅に…
新製品の展開は、このローカルホームを中心にして
いる様に思えます。
781系のライト表現に これが別パーツとはおもえない
位に隙間がありません 手に持って ニヤリと頬が緩んで
しまいました。
  1. 2016/10/08(土) 07:05:35 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

ローカルホームの使い勝手

線路際の住民さん

ライトリムの別パーツ化はトミックス製品に差をつけてしまいました。もはや心配するレベルではありません。
ローカルホームはホントにどんな列車にも似合う不思議なストラクチャーでして、思い切って転換して良かったと思います。後継ストラクチャーが出ないかなと思ってもいましたが、どうもそこらへんは無さそうですね。
  1. 2016/10/08(土) 09:30:35 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

私も購入しました。

カズヤです。 しなのさかい様、ご無沙汰しております。私も早速手に入れて走らせてます。お座敷レイアウトなので、脳内に江別のカーブを思い浮かべてニヤけてます。購入前にいろいろ調べてみました。量産車も短い期間でしたが、『いしかり』で活躍していたようですね。私的には、『いしかり』のイラストが好みですが変換マークを活用して気分でたのしんでます。もちろん711系も一緒に走らせてます。
  1. 2016/10/08(土) 14:52:15 |
  2. URL |
  3. カズヤ #-
  4. [ 編集 ]

お座敷バンザイ!

カズヤさん

どーもです(^ ^)
お座敷レイアウト、いいじゃないですか!
それでいいんですよ!
買ってすぐに江別の風景を描いて走らせて、そしてニヤけるなんて。製品が溢れている今のこの趣味の世界では、理想であり健康的です(笑)
ワイパーの件で711系にはいろいろと思いがあったことでしょうが、この781系と並べて走らせたらそんなに気にならない? 当方はご覧のように懐かしい風景を楽しんでいます。きっとカズヤさんも同じではないでしょうか。
とにもかくにも、今年の春までは、781系も711系も無い世界だったのです。こういう製品化の展開はユーザーの気持ちもついていけますから、非常に満足感があります。
この後もキハ183系500番台とかを期待しているんですが…どうかな
  1. 2016/10/08(土) 16:53:48 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

う~む・・・

お早う御座います

拙者、当初は導入予定でしたが、イマイチ馴染みが無いのと
予算、機関庫の飽和の都合上スルーすることに。

ですが、こう素晴らしい製品紹介されてしまうと、かなりグラついて居ります。

基本。見るもの乞〇の拙は最近エアーガン(ガスガン)の血も
再燃してきまして・・・

両社で葛藤しております(笑)

なんて不純な心だろう。
  1. 2016/10/09(日) 08:17:42 |
  2. URL |
  3. 海山鉄 #-
  4. [ 編集 ]

はじめまして

しなのさかい様
はじめまして。いつも楽しく拝見させていただいております。

この時代の北海道モノ、大変に魅力なのですが、現在当方コレクションを全盛期の東北本線にほぼ限定しているため貴殿のブログを見て癒している次第です。

さて、781系のHゴムですが、実車は900番台試作車のみ、ガラス(HM、ドア、方向幕)がHゴム支持となっており、量産車からは金属押え金支持となっております。HM部は無塗装、ドアおよび方向幕部は車体色同色となっており、今回の製品はそれを再現したものと思われます(特段KATOの擁護者ではないですが。。。)
たしかマイクロエースも900番台と量産車で再現を分けていた気がします(すでに手放してしまって記憶ちがいかもしれませんが)。

これからインプレやレイアウトの進展も楽しみにさせていただきます。
  1. 2016/10/09(日) 12:08:55 |
  2. URL |
  3. viviogx-t #-
  4. [ 編集 ]

ご指摘をありがとうございました

viviogx-tさん

ご指摘をありがとうごさいました。
ご覧いただけるように、記事を訂正(一部見え消しで削除)いたしました。
そもそも当方の思い込みで書いたところが反省点。さらにはヘッドマークの淵がグレーではなく銀色である理由に気づくべきだったということがもう一つの反省点です。
当方の記事を見て「仕様がおかしい」と思って買い控えた方がいないか不安になりながら、再度ここに記事を書くことの責任を認識しました。
viviogx-tさんにやさしくご指摘いただけたのでとても助かりました。

それから、あらためてはじめまして。
当ブログはこんな感じでのんびりとやっています。気が向きましたらまたこのコメント欄にお越しください。
東北本線に限定したワールドを楽しんでおられるとのこと、とても大切なことだと思います。
最近は、自分が目指すものを見極めたところにこの趣味の「一段階上の楽しさ」があるような気がしていて、そこへ行けるように日々もがいています。そんなのたうちまわる当方の香ばしい姿をご覧いただければ、なお一層、ここをお楽しめることかと(笑)
それでは繰り返しになりますが、今後ともよろしくお願いいたします。
  1. 2016/10/09(日) 14:35:12 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

全方位的には楽しめないものです

海山鉄さん

どーもです。
良い模型はやはり「良い」としか言いようがありません。自然とそういう言葉が出てしまいますから。
手元のコレクションがこういう模型だけとなるようにし、さらには将来の遊び方を想像して、そして限られた財源を投入する…。当方のやり方はそーゆー傾向になりつつあります。
結局のところ、いろいろな方面に興味があったとしても、なかなか全てを同じペースで楽しむことはできないのです(あくまでも当方のことです)。
以前は「老後の楽しみ…」というキーワードも使っていましたけど、最近はやめました。「老後の楽しみ」として温めていたものが「老後の苦しみ」とならないよう、今のうちに「楽しみ」の土台を作ることにしています。
今のうちに、です。
  1. 2016/10/09(日) 14:49:24 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

記憶そのもの

ご無沙汰しております。今回も素敵なお写真の数々ありがとうございます。中には私の頭に記憶として残っている絵そのものもありまして、何度拝見しても飽きません。
もちろん私も購入済みで、まだ一度もレイアウトから外していません。本製品は室内灯を装着すると側面方向幕が点灯状態になるのもポイント高いです。北海道シリーズは十分すぎる程充実しましたが、これで終わりでないことも願うばかりです。
  1. 2016/10/09(日) 18:25:06 |
  2. URL |
  3. やまだ #LLR6AlOk
  4. [ 編集 ]

カトーの北海道シリーズ、充実してきましたね!電車は、揃いましたが気動車はキハ82系だけ。ここら辺を何とかして頂ければ完璧かと。781系、マイクロの900番台を保有してますが、それなりの出来とは思いますが。蒸気は、C55あたりが有れば。
  1. 2016/10/09(日) 18:36:01 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

これからは品質的に充実させてもらいましょう

やまださん

コメントをありがとうございます。写真を褒めていただくと更新して良かったとそう思います。
いろいろなシーン、頭に浮かんできます。
やはり室内灯導光材と方向幕部分の“おいしい関係”に気づかれましたね! 暗くすると編成の中で規則的な位置に蛍光灯のような光がアクセント的に灯り、「あーこういう説得力もアリなんだな」と気づきました。
北海道の車両も充実してきましたが、品質的に見れば進化が必要な車両はまだあるように思います。カトーがその辺のユーザーの見方を汲んで、仕掛け続けてくれればと願うのは、当方だけではないと思います。やまださんもですよね!!
  1. 2016/10/09(日) 20:58:49 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

待つわ

?さん

気動車が足りないというのはカトー製品のことですよね。やはりトミックス製品だけでなくカトー製品でもDCを見てみたいというのは当方も同じです。
面的な展開がこれほど明確だと、ユーザーはついていけるし、期待もしたくなる訳です。

それと、当方もマイクロエースの781系を持っていました。初回の新塗装Uシート付きのやつです。屋根上のランボードが水色に塗装されていて感心した記憶があります。ドラえもんも持っていました。

やはりC55、でしょう。
待ちましょう。とにかく待ちましょう。
  1. 2016/10/09(日) 21:07:20 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

しなのさかいさん、仰る通りです。この時代の車両で品質的に納得できないものがまだたくさんあります。(バナナも真っ直ぐにしてもらえれば・・)
気長に待ちたいと思います。
  1. 2016/10/10(月) 09:56:20 |
  2. URL |
  3. やまだ #LLR6AlOk
  4. [ 編集 ]

品質レベルの地盤沈下が起こらないように

やまださん

トミックスのキハ183-500の反り具合は酷かったですね。買う気が失せるとはこういうことかと思いました。どうしてあの状態で問屋に出荷できるのかと。
そーゆーことなんです。品質的にダメなものは「製品化されなかった」ことと同じ。ユーザーはそう思い始めているので、そこらへんを失敗したメーカーも失敗をジッと見ているメーカーも理解して欲しいです。そうでないと鉄コレのレベルの品質が標準となりかねないです。それが一番こわい。
それにしてもキハ183-500。当鉄道で走り出すのはいつの日やら…
  1. 2016/10/10(月) 10:27:59 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

781系、引き取りにいけて無いので、顔の帯がどうか見に来てしまいました。
ちょっと、微妙かもですね。。。実物で勝負ですね。
183-500 はそり具合が、全然駄目でした。予約していなかったので、良かったけど。
GMの近鉄と変わらないのには。
H5も酷かったけど。
どうしちゃったのかなって思います。
  1. 2016/10/14(金) 18:40:57 |
  2. URL |
  3. Mu. #-
  4. [ 編集 ]

チョコチョコと覗きに来ています。
165系では、勧誘に抗えず。買ってしまいましたよ。
781系も良いなぁ・・・予約はしてるのですが、引き取れておらず。マイクロで3本あるはずなので。
スカートだけは分売パーツ…買おうかなと。やはり開口部が大きすぎるのは事実ですから・・・。
リアルネタで少し雑談を・・・。
西多摩郡瑞穂町と聞くと、一時期凄く通いました。
隣接の某所に納入をって仕事でですが。
営業の運転する車で走ると、なんだか凄くアメリカ的な場所もあって・・・でした。
打ち合わせ、10時15分駅前か。よし・・・泊まらなくて良いな。汗
始発の新幹線で東京回る? いやいや、新横浜で降りて北上ですがな! なんて、鉄オタを発揮したり。
夏場なのでまぁ遅れも無いだろうって、もし遅れたらタクシーで行く・・・なんて。
凄くヤッツケ仕事的なこともしましたが。
うまく流れ始めたからか、行くこともなくなってしまい、一時期通いつめたのに少しさびしいものです。
  1. 2016/10/14(金) 18:59:29 |
  2. URL |
  3. Mu. #-
  4. [ 編集 ]

八高線のアメリカンな車窓

Mu.さん

こんにちは。お越しくださりありがとうございます。
西多摩郡瑞穂町は福生市とも近いため、どうしてもアメリカンな文化が漂っているようです。
ご覧の電車で帰る際も、車掌は異国情緒で(笑)
そういう場所に一時的に通いつめると、どうしても懐かしくなるものですよね。
そして、そういう記憶が模型を買う動機になる…。

781系の出来栄えはご覧のとおりです。
専門的な見地からはいろいろとあるかもしれませんが、当方が常々申している通り、支払った代金分のの価値はある製品だと思います。「あそこがもっとこうだったら」とか「ここはこうじゃないでしょう」とか、悔しい思いをすることはありません。だからおススメできます。
マイクロエースのそれはそれとして、1つくらいカトー製品があるのもいいもんですよ。
  1. 2016/10/16(日) 09:32:14 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

北海道レクイエム

こんばんは。素晴らしいお写真ありがとうございます。かつて札幌で撮ったままの再現でジーンときました。KATO781を見て私の頭にも「まだまだ北海道の鉄道が面白かった時代」と浮かんだので、最初のコメントに驚いております。記憶を呼び起こす逸品と思います。(下敷きはいしかり+あまぎとライラック+踊り子両方持っています。)このところ北海道の鉄道はリストラが取りざたされ、大切な友人を失うようで心に穴が開いたようです。まさにこのところの模型化はレクイエムのように思えてしまいます。(鉄道にこびりつくように道路があるのはいじめのようです。)さて、私個人的にはここまで来たら青函連絡船をnゲージサイズでリリースして頂きたいですがいかがでしょうか。先日TOMIXにも製品化のお願いを書きました。住まいの大きさも絡んできますが。。。控車、桟橋セットなんかも出して頂き、是非函館を再現したいです。しなのさかいさんの楽しいブログまたお待ちしております。
  1. 2016/11/23(水) 20:45:49 |
  2. URL |
  3. 十和田丸 #-
  4. [ 編集 ]

青函連絡船の模型

十和田丸さん

はじめまして。ようこそお越しくださいました。
北海道のこと、民営化30年で重大局面を迎えています。当方も「どうなるのだろう」と見ていますが、単なる上下分離ではもう無理なんじゃないかなと思っています。JRの経営方針が利用者を向いていなかったからこそ、利用者が減り続けたのです。そのJRが経営を続けることこそ考え直されるべきでしょう。
だからこそ模型で北海道の鉄道を遊ぶのです。今こそあの頃の札幌駅のワンシーンを楽しんでしまいましょうね。
それから青函連絡船のこと。実は当方もホビーショーなどのトミーテックブースで度々同じことを要望しています。「価格はいくらくらいなら大丈夫ですか?」と逆質問を受けたこともあり、そのときは「数万円のビッグサイズのガンプラが売れることからその辺りでは」と答えましたが、どうなったかなあ。
今後ともよろしくお願いします。
  1. 2016/11/24(木) 23:00:09 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/1464-c029e7c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)