しなのさかいの駅前広場

覆い隠すアイデア

単線ラーメン架線柱の下で

こんにちは。しなのさかいです。


いろいろとパトロールしていると、カトーから発売された「単線デッキガーター曲線鉄橋」は、レイアウトの有無に関わらず「買ってみよう」という新たな需要を掘り起こしたようです。
公式ホームページでも呼びかけているように、まずは書割りの背景と共に楽しむというだけでも、というユルい遊び方の提案が当たったと見ています。

当方も建設中のレイアウトにこの曲線鉄橋を組みこもうと画策しました。が、なかなか作り始めた地形との整合性がとれないため、現在は保留中。
ターンテーブルと同じようにいつかは導入してみたいアイテムです。


さて、その鉄橋は新しい橋脚と新しい架線柱も連れてきました。
前者は前述の鉄橋と同じ運命なのでやはり保留扱いとなるのですが、後者はそうはなりません。





「単線ラーメン架線柱(橋脚用架線柱台付)」。
ラーメン架線柱の登場だけでもうれしいのに、架線柱台まで付いてきました(しかもこちらも12個入り)。
左は従来製品の「単線鉄橋橋脚No.5」に付属する架線柱台。右が今回の架線柱に付属する架線柱台です。
情報量がぜんぜん違いますね。





ご覧の通り、当方のレイアウトの山岳区間には既に「単線鉄橋橋脚No.5」で5本のデッキガーター橋を渡してあります。
ここを非電化区間と割り切って遊べればそれでイイのですが、デッキガーターに合うパンタグラフ付きの車両が増えてくるとそうもいかない(笑)
ここに合うマトモな鉄骨式架線柱が欲しくて悩み続けていたのです。
トミックス製品は当方としては「ナシ」でした。





ここで架線柱台のはなし。
「単線鉄橋橋脚No.5」には先ほどの付属する架線柱台を使うべきところですが、やはりムード的には今回の架線柱台がイイに決まっています。
新型の円柱(円錐)型橋脚に合うように設計されていますから、こんな風に一部をカットして合わせてみました。
上から橋脚に差し込む部分もヤスリをかけて気持ち程度薄くすると安定して差し込むことができるようです。
架線柱を差し込む部分は、そのままでは緩いので流し込み接着剤で二つのパーツをくっつけています。





そして架線柱を差し込むとこのように。
両者の関係、接点がよりリアルになりました。





クレオスの8番を吹いて、橋脚に差し込んで、デッキガーター橋を戻してみました。
ここまでやって気づいたのは、普段の目線から(画面の奥から見て)架線柱台が隠れてしまうということ。
まあ、架線柱を抜いて非電化区間に戻したときには架線柱台が見えないこととなるのですから、これでもいいんですよね。





同じくクレオスの8番を吹いた架線柱を立てて外観チェック。
直線でも曲がっていても、結局のところデッキガーター橋には銀色の架線柱が似合います。
この風景を手に入れる日を待っていました。

さあ、寝る前に飯田線の車両たちでさらに風景を楽しんでみますか。





まずはクモニ83103。
そろそろリニューアルされた80系300番台もやってきますから、そのためのイメージトレーニングです。
どこかで見たような風景。





クモハ52004のサイドビューで。
ようやく届いた架線柱の下、様々な電車が水を得た魚のように走り去っていきます。





ED19がワフだけを連れて進入。
ワフだけ、というのがイイでしょう。
「セメント輸送列車」セットには「こういう遊び方もしなさい」という隠れたメッセージが入っているようです。





デッキガーターの上に乗った途端、あたりに轟音が鳴り響きます。
でも小さい機関車ですから、その音もどこか軽めだったんでしょうね。





今では信じられない“大人のメルヘン”のような編成が南へと去って行きました。





最後は313系1700番台で。
そろそろ飯田線もサウンドカードで遊べるようになりますね。



複線ワイドラーメン架線柱が発売されてから時間が経ちましたが、期待していたとおりの「抜けっぷり」で単線バージョンが発売されました。
これも「風景と共に楽しむ」ことを是としているカトーの考え方だからでしょう。
この企画の方向性はどうか失わないでいてもらいたいです。
西武40000系にそんな風景は見えてくるでしょうか。


今回の「単線デッキガーター曲線鉄橋」たち。
「車両を増やすだけの趣味」に偏ってしまう傾向にある昨今のNゲージ趣味の世界に、風景との楽しみを気づかせてくれる好アイテムだったようです。
少なくとも当方は、これをきっかけにして、停滞していた山岳モジュールとも再び真剣に向き合うことができそう。
いろいろやってみますね。


ではまた。

スポンサーサイト
  1. 2016/11/16(水) 12:40:00|
  2. 鉄道模型(レイアウト)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<C59  あさかぜ | ホーム | KATO D51 標準形(長野式集煙装置付)>>

コメント

橋脚から生えてるんじゃないの?と思うくらいのフィット感がイイですね!
コンクリート橋脚だけでなく石積みやレンガ張りの橋脚にすれば、よりシュールな風景を楽しめるでしょう。
同時発売の曲線ガーター橋のデッキが曲線の内側なんですが、デッキが外側のも欲しいな〜なんて想ってます。(伯備線布原は外側です!って何処からか聞こえてきたような…)
複線にすると寝覚めの床になったりするんですね。
  1. 2016/11/16(水) 21:48:47 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

鉄骨あるある

こんばんゎ。
KATOからやっと出ました~、鉄骨架線柱。
TOMIXではすでに製品化されていますが、それはファイントラック用ですので、今回のユニトラック用はとっても歓迎ですね。
地上用としても使えるところが、これまたウレシイですね。
信濃国でも意外と鉄骨架線柱ってあるんですよね~。
従来の橋脚への取り付け加工、参考にさせていただきま~す♪
  1. 2016/11/16(水) 23:14:08 |
  2. URL |
  3. 隠密 #oKzxZbq2
  4. [ 編集 ]

点検通路

線路側の住民さん

レンガ積みの橋脚は歴史あるトミックス製品がとてもいい感じであり、これに似た橋脚があるといいなと思っていました。
それと点検通路の向き、ですよねー。今回の曲線鉄橋が内側なのは、将来に…だからかな。
  1. 2016/11/20(日) 19:02:18 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

正面からが大事

隠密さん

どうもです。お忙しそうで模型いじりは難しい日々、でしょうか。
トミックスの架線柱は正面から見るとただの棒になってしまうのが嫌でした。レイアウトの写真撮影もはかどるので、歓迎できるアイテムです。
トミックスの築堤も面白そうですね。
  1. 2016/11/20(日) 19:09:24 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/1472-6108abdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)