しなのさかいの駅前広場

覆い隠すアイデア

2017年 あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。
しなのさかいです。



IMG_9375.jpg

2016年12月28日 1015M L特急ワイドビューしなの15号(木曽福島・原野間)


こんなことを書いてから4年経ち、こんなことを書いてから3年経ち、こんなことを書いてから2年が経ち、こんなことを書いてから1年が経ちました。

皆さんはNゲージ趣味を楽しめた2016年だったでしょうか。
当方は、12月になってややブレーキがかかりましたが、1年間を通じておおむね「楽しめる」状態に“近づいた”ような気がします。


2015年に達成した「室内灯組込率100パーセント」は、2016年も維持し続けることができました。
増備した車両にも、漏れなく室内灯を取り付け、どの列車もイキイキとした鉄道シーンを見せてくれるようになっています。
室内灯は各メーカーの純正品がメインで、例外的にTORM室内灯(タムタム謹製)を使用。
いわゆる「ハンドメイド室内灯」は組み込んでいません。
このことは、自分なりに「とりあえず買っておくような、そんな車両の買い方は無かった」と解釈しています。
室内灯分の代金を上乗せしてまで新車を導入するのですから、衝動買いなんて気持ち的に不可能なのですね。
このような方針のもと、手元に置く車両一つひとつの価値を、自分の中で高く維持することができました。

室内灯に加えて、トミックスのHG車両にはインレタ貼り・パーツ取付などの作業を地道に続け、多くの車両が次々と走行できるレベルへロールアウト。
インレタもサードパーティ製品を使うなどして。特に気動車は見栄えを良くしてみました。
2015年よりも手軽に、気分次第で様々な鉄道シーンを再現できるようになったのは間違いありません。

レイアウト・地面については土木作業、特に地形の研究と作業をすすめています。
地形の考証をきちんと終えてから、草や木といったディテールに取り掛かるよう、作業の先を急ごうとする気持ちをセーブするのが大変です。
ここらへんは理性との勝負かも。



さて。
「これがアンタの『楽しみ』なのかい?」と言われると、正直申しまして自信がありません。
さらに「楽しみというよりも『苦しみ』ではないか?」と畳み掛けられれば、某メーカーのかつてのキャッチコピーを揶揄した表現と重なりますが、「意外といい線を突かれちゃったな」と思えたりもします。


でも、これでいいのかも…。


「老後の楽しみ」。
多くの鉄道模型ユーザーが使ってしまう“魔法の言葉”です。
買い物に気持ちの整理がつかないときに、
「こんなのを買っちまって大丈夫か?」
「いやいや、老後の楽しみにとっておくから大丈夫」
という会話が心の中で、あるいは友人とのあいだで行われたりします。
これほど吸収力や包容力のある同義語は見当たりません。

しかし、果たして「趣味の課題」に取り組み続ける「老後」は本当に楽しいものなのでしょうか。
最近よく考えるようになりました。
これは老齢期の経済力のことを言っているのではありません。
老後になってから「楽しみ」として残してきたこと、キットをガツガツと組んだり、車両にインレタを貼ったり、レイアウトを作り続けるようなことをし続けて、本当に「楽しみ」と認識し続けることができるだろうか。
おそらく自分にはそういう趣味生活を送る気力はないだろうな、と想像するのです。

だからこそ、今のうちに老後の趣味生活の土台、基礎を作っておきたい。
そして、もし自分に人並みの「老後」というものが訪れたならば、ふわっとその土台に乗って、本当に穏やかな気持ちで趣味生活を送りたいのです。
それこそ自分だけの運転会をやって、記憶の中の鉄道シーンに浸れるような、そんな豊かな時間を送れれば。

そのための、本当の「老後の楽しみ」を迎えるための「準備」だと思って、「楽しみ」と「苦しみ」の境界線上で模型と向き合った、そんな2016年だったのかもしれません。
老後と言われるライフステージに立ったとき、自分はどんな模型たち、レイアウトに囲まれているべきなのか。
そのとき、自分の持つ模型たちには、しっかりとした思想があるといいな、と。
少なくとも「鉄コレ」の箱の雪崩に巻き込まれてひっそりと人生を終えるようなことだけは避けたいですね(笑)


唯一、遊び方を提案し続けてくれたNゲージメーカーも、いよいよ転換期を迎えたようです。
“紫色の新幹線”や“運用開始前の通勤電車”が見えてきたところで、この変化はついに顕在化してしまいました。
その一方、ここ5年くらいで受けた提案、説教、説法などは、手元の車両を見ればしっかりと再現できるようになっています。
受け止めた提案は、これからはユーザー自身が育てていくしかないのかもしれません。
真の「老後の楽しみ」へと育てる種は、この5年くらいで品種改良を経て着実に世に送り出されてきたのですから。

これからは、ユーザーが前へ出ていく番。
残念ながら、そういう厳しい時代に入ってしまった、というのが2016年の真の姿でした。


とにもかくにも2017年のスタートです。
いろいろな車両へ手を出しながらも、徐々に「自分の世界」へ収斂されていく過程は持っていたいですね。
今、飯田線シリーズや氷河特急の世界からNゲージの趣味をスタートする人たちがうらやましい。
本当にそう思います。

では、今年もよろしくお願いします。



スポンサーサイト
  1. 2017/01/01(日) 00:01:00|
  2. 駅ノート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:17
<<安曇野の蕎麦屋と公民館、そして木曽路。 | ホーム | よいお年をお迎えください。>>

コメント

あけましておめでとうございます

長文ですね~~  更新が0:01^^  仕込んでエンターキー待機て訳で(^_^;)
てっちゃんですね~  時刻は性格で おっと!正確で しかもさわりだけの定文でもなし

2017年もひきつづき楽しい記事を楽しみにお待ちしておりま~す。
  1. 2017/01/01(日) 00:12:52 |
  2. URL |
  3. PIN #-
  4. [ 編集 ]

新年あけましておめでとうございます今年もよろしくお願いします。
さて2016年は、ある意味での転換点となる年だったかもしれません。
165系アルプスが買い納めになり振り返ると 蕨地方の製品を殆んど購入していないのに改めて驚きました。
ネタの方向性の問題だけでなく 価格帯や製品化への共感を持つことが無かったのでしょう。
こう考えるとカトーのユーザーの共感を引くプロセスを踏んだ発売方法に 常に話題の中心であり続ける事が出来たのではないでしょうか。
2017年のメモリアルイヤーをどのように展開して行くのか 楽しみですね。
  1. 2017/01/01(日) 07:31:55 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

線路際の住民様

あけましておめでとうございます

数年前ほどからは、あちらの製品に関しては、中国事情か知りませんが価値に合わない無意味な価格帯になってからは当方の選ぼうとするブランドではなくなっておりますネ

購入後40年経過した動力付車両が何の問題もなく走りだすメーカーと、購入したら先ずメンテナンスのメーカーと一緒には考えたくもありません。
KATOのキハ91発売発表の時はちょいと「いやな夢」を観そうな気がしちゃいましたが^^

こちらさんの過去の記事に度々書かれていた[月刊KATO]とか言われて欲しくありませんからね~(爆);

線路際の住民様ももひきつづき楽しい記事をアップされることを本年も期待しております
  1. 2017/01/01(日) 08:33:37 |
  2. URL |
  3. PIN #-
  4. [ 編集 ]

謹賀新年

隠密です。
今年もよろしくお願いいたします(^^)
老後の楽しみ用にとりあえず購入しておく…
これはでれしもが思うことですね。
しかし、加齢とともに衰える体力・視力・気力、これはそれなりの年にならないと気づかないもの…。
私は老眼が人より進行が早く、ユーザーパーツ取り付けには+5.0を使わないと見えません(^^;
シール貼りはそれでも不足と感じる時も…。
机の照明も以前より明るいモノにしないと見えなくなってきましたし、つくづく年を感じます。
ですので、新車導入時にセットアップしておく、これは大切だと思います。
老後は、主に走らせて(撮って)楽しむNゲージにしたいと思います(^^)

今年もよろしくお願いいたします(^-^)/
  1. 2017/01/01(日) 08:46:07 |
  2. URL |
  3. 隠密 #oKzxZbq2
  4. [ 編集 ]

加齢

あけましておめでとうございます
今年もお邪魔させていただきます。

早速「年頭のご挨拶」のような深いお話しに共感してしまいました。
私も50代になってから”天命を知る”とはこういうことなのかもしれない という感覚が湧いてきて、時間の過ごし方にも転換点が来ているような気がしています。
棚積みになったキットの箱はもう何年も開けることがないままだったり、気が付けば1両の組み立てにやたらと年月がかかっていたり・・・
発売当時は期待を込めて購入したはずなのに。

もう「あのころ」のようなバブリーな発売状態はないと思いますが、それにしても自分のモノの持ちようを見直すことは趣味に限らずそういう時代になってきたのだろうと思います。
  1. 2017/01/01(日) 10:19:57 |
  2. URL |
  3. ホビぽっぽ #ax4px7aw
  4. [ 編集 ]

謹賀新年

あけましておめでとう御座います

いや~年頭から重めのおはなしですね。
趣味の世界ですので拙者がどうこう言える立場
でもないのは承知しておりますし
しなのさかい様の思うがまま進めていただければと

拙者は常に鉄道模型に『興味・関心を持って接する』
爺になっても変らず『興味・関心があることに挑戦する』です。

ただ、爺に為っても鉄道模型趣味を、鉄模弄りを出来れば
最高だな!!と思って居ります。

この後鉄模界がどのような進歩をするのか?
ワクワクドキドキです。

悲しい事もあるかも知れませんけど、一喜一憂しながら
続けていければいいな~

すいません
馴れ馴れしく、自分勝手なことをほざきまして(謝)

今年もよろしくお願い致します。
ちなみに拙者昨年末に模型部門だけ独立させました
拙者も未だ好き勝手にブログを書いておりますが
もしお時間が有ればお立ち寄り下さい!


  1. 2017/01/01(日) 17:49:18 |
  2. URL |
  3. 海山鉄 #-
  4. [ 編集 ]

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いいたします。

昨年は記事の書き込みもなかなか出来ず、忘れた頃に登場するにとどまりましたが
多分今年も変わらないと思います。
それでも何かネタが有れば書き込み出来ればと思っています。

「老後の楽しみ」の話題が出ていましたが、数年後に定年を迎える自分にもとても関心が有る事です。
  1. 2017/01/02(月) 00:03:06 |
  2. URL |
  3. 北の扇形庫から #Wd3nJgFU
  4. [ 編集 ]

はじめまして

あけましておめでとうございます。いつも楽しく、また考えさせられながら拝読いたしております。老後の楽しみ、耳が痛いです。確かに、と思いまして今年は配属車両のグレードアップに努めようかと思います。今後も楽しく、時にはっとさせられる記事を楽しみに致しております。
  1. 2017/01/03(火) 07:12:40 |
  2. URL |
  3. かわせみ #-
  4. [ 編集 ]

おめでとうございます

PINさん

あけましておめでとうございます。
リアルタイムでエンターキーは押していません。念のため(笑)
読者の皆さんと共感できるような記事をアップしていければ…とは思っております。
本年も変わらぬごひいきのほどよろしくお願い申し上げます!
  1. 2017/01/03(火) 12:15:16 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

ドキドキをもう一度

線路際の住民さん

本年も変わらぬお付き合いを。
企画力は単なる「望まれる車両」という視点だけだと、案外と製品化されたときに「ふーん」と冷めた反応となったりするものです。誰も望んでいない車両を、ユーザーの心をこじ開けるように説得力やストーリー性を持たせて製品化するところに「なにを考えているんだ??」と唸ってしまう面白さがある訳ですよね。
ドキドキワクワクをもう一度、西落合にはお願いしたいと思います。
  1. 2017/01/03(火) 12:22:55 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

〇年後の自分と趣味の楽しみ方をイメージする

隠密さん

本年もよろしくお願い申し上げます。
老後は走らせて、撮影してというお話、全くその通りだと思いました。
そのためには、今のうちに、徐々にではあっても、自分が年老いたときのこの趣味との向き合い方をイメージしていく必要がありますよね。
迷いはあっても、その迷いやブレが収まっていく。今の趣味のやり方はそういきたいものです。
  1. 2017/01/03(火) 13:06:28 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

時間の過ごし方も

ホビぽっぽさん

本年もよろしくお願い申し上げます。
こちらこそ、いただいたコメントに深く共感してしまいました。
「時間の過ごし方にも転換点…」というところ、正にこの趣味にシンクロするところですよね。
鉄道模型趣味においては、自由時間の全てを模型作業に費やしてもダメで、知識の涵養、人との付き合い方、価値の見出し方などなど全方位形でなければとも思います。
「楽しい」「おもしろい」という言葉を添えた画像だけを情報発信するだけでおしまいとならないようにしなくては。
繰り返しになりますが、本年もよろしくお願い申し上げます。
  1. 2017/01/03(火) 14:53:39 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

海山鉄さん

好き勝手のブログで申し訳ございません。
本年もよろしくお願い申し上げます。
  1. 2017/01/03(火) 15:05:00 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

2017年も仲良くしてください!

北の扇形庫からさん

そろそろ大きい方と小さいほうのどちらかに絞りますか(笑)
とにもかくにも、お互いに、地道にマイペースでのんびりとやっていきませう。
日本精密模型のマニ60、こんどまた見せてくださいネ。
本年もよろしくお願い申し上げます。
  1. 2017/01/03(火) 15:31:35 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

コメントをありがとうございます!

かわせみさん

はじめまして。ようこそお越しくださいました。
当方と同じようにNゲージ趣味をやっていて「このままでいいのかな」という思いがあるようでしたら、またコメントをお寄せください。当方もまだまだ考え中なのです。趣味の方向性が脱線しているようなそうでないような…。
それと、本年もよろしくお願い申し上げます。
  1. 2017/01/03(火) 16:06:48 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

新年明けましておめでとうございます。
今年は353系の投入で中央線の特急車両置き換えにより、その余波で踊り子/ビュー踊り子用にまで影響を受けそうです。JR東日本在来特急車両の世代交代が起きそうです。昨年は、原宿の宮廷ホームも公開されました。ここ試験に出ますね。
  1. 2017/01/06(金) 07:45:56 |
  2. URL |
  3. 鉄人1028号 #-
  4. [ 編集 ]

試験に出るかなー?

鉄人1028号さん

あけましておめでとうございます。
353系、大丈夫なんでしょうかね。聞くところでは新宿・松本間で「プシュー、プシュー、ンゴゴゴゴ」っていう音がしっぱなしのようですが。
宮廷ホームですか。どうかなー。
  1. 2017/01/09(月) 11:47:34 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/1481-51ec9c24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)