しなのさかいの駅前広場

四季島に旅情は感じない

飯田線パズル



 線路際の住民です。

開放ピットレールで車体を下から見上げると
台車が剥き出しになる様はまるで検修庫に居る気分、
直ぐに売り切れるワケです。



  このところ 鉄道模型を弄る時間が
取れないのですが、空いた時間で飯田線シリーズの
assyパーツを組み合わせて ナニか出来ないか調べると
クモハ50008が目にとまりました。

  クモハ51200のボディを見ているうちにクモハ42009の
床板とPS13パンタグラフを装着する為 クモハ53000屋根板を
組み合わせるとクモハ50008らしくなりました。

 窓枠・ドアの形状が異なり タイプになりますが、
飯田線旧型国電の最期まで残った同車らしい雰囲気を
漂わせてくれます。

1両毎に違う個性の強い飯田線旧型国電で特定の車番で
作り上げると言うよりも雰囲気を再現する事で楽しむのもアリでしょう。

そのうちに製品化されたりしてね!
スポンサーサイト
  1. 2017/03/19(日) 07:28:48|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「0326 ホビセンフェスティバル」に行く | ホーム | いまこそちくま(その2・完)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/1496-916f9549
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)