しなのさかいの駅前広場

覆い隠すアイデア

トミックス C11-325を弄る (その2)




線路際の住民です

先ず 集電効率を上げる為に 車体と前輪・従台車の間に抑え板のスプリングを調整する事で車輪が線路に圧着するようにしましたが、若干 良くなたかな?位で
まだまだ考えなければイケナイようです。

 動輪のゴムタイヤを外して見るとそれなりに改善されますが、牽引力が落ちる訳ですから(それでもトミックス旧客4両OK)他にどうしようもない時の選択肢にするとします。





暫く走りを見ているうちに 車体が上向きになり前輪の浮き上がる動きに気がつきました。

試しに前輪を抑えるスプリングを外してみましたが却って跳ね上がりが目立つ様になったのと、車体の前側か上向く事を見て スプリングを復元した後 従台車を抑える板に手を加えます。



抑え板に薄いプラ板を貼り付けます、これは以下の事に対しての改善を期待しました。

1.スプリング効果を高め従台車の線路と圧着度を高め集電効率を高める。
2.上向くだった車体を補正する。
3.従台車と車体の連結棒の動きをある程度抑制する事で車体の無駄な左右動を無くしポイントの割り込みを防止する。
しかし 前輪自体に不安がある為 カトーのassyパーツと交換します、良く見ると車輪断面が違うんです。
トミックスの微妙に鋭いフランジ形状が車輪の向きによってトングレール先端の割り込みをするんです。

こうして 集電輪が常に線路に圧着する状態を作り出せるのでは? と期待しました。

結果は、驚く位の改善でした、安定した集電効率が求められる サウンドボックスもストレス無く使えます。

項目3については、かつて美女木方面から発売されたD51が、トミックスのダブルスリップで脱線時の対策をした経験に基づきました。




異音について 原因が特定出来ませんでしたが、組み直すと かなり改善された事からモーターから伸びるドライブトレインの緩みと歪みに起因するものと 今のところ考えております。



とりあえず当初の目標は達成出来たようで、サウンドボックスを使い走らせると楽しいですね!
高崎旧客セットを牽いて出張運転の再現です。




この修理を通して 改めてカトーのSL動力ユニットの凄さとノウハウの蓄積が詰まっている事を認識させられました、トミックスも経験を蓄積しながら進化して行くものでしょう、次回作を期待したいものです。





スポンサーサイト
  1. 2017/04/26(水) 15:11:44|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<トラ90000は山の中がお似合いです | ホーム | トミックス C11-325 を弄る (その1) >>

コメント

蒸気機関車の神様サイトは、余り製品の酷評といいますか、批判的なコメントは散見されませんでしたが、トミーのC 11に関しては物言いがついてますね。走行に関しては『有井の方が走りがいい』と。カトーのようにてを加えずに、直ぐに遊べる模型を望みます。
  1. 2017/04/26(水) 19:26:56 |
  2. URL |
  3. 鉄人1028号 #-
  4. [ 編集 ]

大手メーカー製品ですから それなりに安定したモノであって欲しいですよね。でもあまりにも完成度が高いと手が出せないもどかしさもありますが…
旨く行かない事もあったC11 ですが、技術の蓄積という面から大きいと思います。
あの先輪と従台車を抑える板を見ると 色々な事を考えているのかな〜と思います。
  1. 2017/04/26(水) 22:20:55 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/1503-f41bede0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)