しなのさかいの駅前広場

四季島に旅情は感じない

KATO HB-E300系「リゾートビューふるさと」

おはようございます。しなのさかいです。




カトーから、HB-E300系「リゾートビューふるさと」が発売されました。

現実の世界では、登場からそんなに時間も経過していない列車ですが、走る路線が大好物ということと、手軽な観光列車ということから親しみが湧いていて、迷うことなく入線。
2両セットという手軽さも財政的にはちょうどよかったです。





印刷は問題なし。ただし、ボディの白い部分に擦れたような跡がありました(画像ではわかりにくいですね)。
箱の内側に入れるPET樹脂との擦れなのか、それとも工場の生産過程でのことなのかは不明ですが、印刷工程の後のことではあるようで、折角の技術力が打ち消されてしまうのはもったいないなぁという思いです。






本形式については、2016年10月4日にHB-E300系「リゾートしらかみ」(青池編成)でレビューを済ませているので、あらためて書くこともありません(笑)
やはり屋根上機器のエッジの効き方がたまりませんですよ。
ということで、運転区に入線したシーンのつもり。
211系が見切れてますが気にしないでください。





デッキガーター橋を快走!(電化区間だけど!)





タキ1000の貨物列車とのすれ違い。
気分は篠ノ井線?
背景のことについては、また次回(結構なハイペースで進んでいます)。





LED室内灯クリアを組み込んで、快速「ナイトビュー姨捨」が夜の駅に入線。
これから“ナイトツアー”に出発です。
向かい側のホームにいる211系は電気を落として翌朝の始発に備えています。

この「リゾートビューふるさと」。
「快速」という種別で沿線風景に着目した点が「いつかは乗ってみたい」と思わせる起因となっているみたい。
それから、姨捨駅が観光資源になるという点は「この国かなはまだまだ観光資源が眠っている」ということを示唆しています。

パンタグラフが無いにもかかわらず電化区間ばかりを走る印象がありますが、実際には小海線にも飯山線にも入線しています。
したがって、長野県を縦横無尽に走る手軽さもウケます。
信州の鉄道シーンを再現するにはうってつけのアイテムのようです。



4両編成の「リゾートしらかみ」のとき、先頭車に動力ユニットが仕込まれたため、「意味がわからん」という声の中に「あーなるほどね」という憶測が混じっていました。
で、早くもその憶測が現実となりました。
そういうことなんです。
このシリーズはまだまだ可能性がありますね。
4両編成の緑の方なんか、おもしろそうです。





なんの中継?

今回は軽めの報告でした。
ではまた。
スポンサーサイト
  1. 2017/07/31(月) 08:20:00|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<擁壁のつづきとホッパー施設のつづき | ホーム | KATO キハ85系「ワイドビューひだ・南紀」(その2・完)>>

コメント

兎追ひし~

こんにちは

RVふるさと入線おめでとう御座います。

拙者も導入しましたよ!
一昨年前に拝顔しましたので、はい。

クオリティも高く、短編成でも見栄えがするので
どのシチュエーションでも活躍できますね!

最後の中継で雪が降っていたら
『行く〇来る〇』
何ちゃって!?
  1. 2017/08/03(木) 17:52:53 |
  2. URL |
  3. 海山鉄 #-
  4. [ 編集 ]

2両セットのコスパ

海山鉄さん

ねえ、何の中継なのかしら(笑)
このカトーの「ふるさと」、たったの2両なのにとてもコスパが良くて。どうしてカトーの2両セットは満足度が高いのか。
そちらも導入されたみたいですね。ガンガン遊んじゃいましょう。
  1. 2017/08/04(金) 20:23:23 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/1521-66b3c74f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)