しなのさかいの駅前広場

ぐったりやくも

進化する115系

線路際の住民です。
信越本線 横川-軽井沢間が廃線になり20年になるそうです、月日が経つのは早いですね。
 廃線20年のメモリアルイヤーという事でカトー、トミックスより関連商品がリリースされ カトーの碓氷峠シリーズ 第一弾?EF63と115系長野色が発売されました。

800番台、300番台に続き新たに1000番台とリニューアル115系が発売されましたが、いずれも色々な箇所に手を入れ 進化させてきています。

 ライトリムパーツを300番台に組み込んで見ました、これまで藤壺とか中目と云われ決定版の無かった貫通路付き湘南顔もライトリムパーツが新たに起された事により グッと引き締まりました、オレンジやクリーム色のパーツが欲しくなりますね。

 湘南色と並べると正面貫通路のホロ枠の造形に手を加えたのか、より精悍な顔立ちをした115系に近づきました。
 以前からこの造形に不満がありサードパーティのホロ枠を取り付けておりましたが、今回はその必要はなさそうです。

115系長野色の側面ドア窓や戸袋窓の形状は カトー国鉄車両の中でも秀逸な出来栄えでしょう!
 湘南色の妙に間隔の広いドア窓に違和感がありました、窓が大きくなりより国鉄型電車らしい仕上がりになりました。



トミックスのEF63と連結させてみます。
189系あさまセットと同時発売されたもので電車の動力と協調出来るため 重宝しており 115系長野色がフックなしカプラーになった事もあり 繋げて走らせると問題ありませんでした。
トミックスEF63のアンテナをカトー製品に変えれば良いかな~。
信越本線 横川~軽井沢間廃止廃線から20年経過しました、115系長野色を見るとあの峠に敷かれた線路を見ると 暇つぶしの様に撮影に行っていた頃を思い出します。
スポンサーサイト
  1. 2017/09/08(金) 07:13:00|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<KATO 115系1000番台 長野色・EF63 3次形 JR仕様 | ホーム | 気動車からアイドリング音が聞こえてくるかも>>

コメント

秀逸なライトリム

トミックスのEF63との連結。碓氷アイテムだけはこんなペアリングもアリかもしれません。
今回の115系はやはりライトリムの表現が秀逸で、どのメーカーがやってもイマイチとなる似顔絵の歴史がいっぺんに終わってしまいました。それだけ素晴らしいパーツです。是非とも300番台に換装させたいなと。

ただ、残念だったのが前面窓の黒Hゴム。工場での組立てが雑だったのか、ほとんどの個体でボディ側の白い塗料を擦って組み込まれています。なので黒いはずの窓の枠が白く汚れており、ユニクリーンオイルで拭いてもHゴムのツヤがとれてしまいます。窓ガラスを一度全部外して、ガンダムマーカーでなぞらないとダメみたいです。うーむ面倒なことで。
  1. 2017/09/09(土) 22:32:22 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

Hゴムに塗装が付着する現象がありましたか!カトーにしては珍しいですよね。
ライトパーツの別体化から始まった一連の騒ぎもこれで決着と言ったところでしょうか。
トミックスEF63は、アンテナが残念な形状ですので assyパーツに換装してみようと思いますが、はたして…
  1. 2017/09/09(土) 23:08:55 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

ご無沙汰です。

今回も115系のベンチレーターは当方の許容の物が1個も無くイベント化されたバリ取りをしておりました所で今回の記事を見ました。前面のHゴムは疑いもなく見過ごしておりました^^
増結含め6両全滅です(T_T)。  ホットスタンプの食いつきも悪いのでしょうか、白色が表面に乗っているだけなら爪楊枝を刷毛状にしたもので擦れば取れるのですが、黒色自体が剥がれてしまう様子です。しなのさかいさんがおっしゃるように修復も考えますが、リカバリーの弱い塗膜は再挿入で剥がれるのが落ちになりますね。当方では水性インクの製図用の極細ペンで分解せずになぞってなんとか済ませてみました。内側だけがかすれているので触ることはないかな~と判断しての処置ですので白色車体で側面等には向かない処置と思いますが^^
  1. 2017/09/13(水) 23:08:29 |
  2. URL |
  3. PIN #-
  4. [ 編集 ]

模型屋さんで聞くと同じ様な事になっているモノが多かったそうです、幸い我が家は基本増結4両のうち1両に塗料が付着していました。
塗装方法を変えたのでしょうね。
  1. 2017/09/14(木) 19:07:15 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

EF63を観た時にはジャンパホースが黒色に塗られており安堵しましたが115系は白色一色でして中途な対応だな~と思っておりましたが、今後も未塗装は続くのでしょうね^^ 当方の塗装処置を参考までにあげておきますと、まずはホース部分を黒のマッキーで塗り塗りまして、当然に赤ちん(今はあるのかな?)みたいに輝きが出ちゃいますが食いつきは抜群です。その後にVカラーの艶消し黒で塗り塗りです。しかし、肝心のEF63に全てホース付きを取り付けて双頭カプラーを密連側に倒すと右方向には全く首が振れません(・。・;  当方ではもともと意味不明な自連のナックル外側の出っ張りをあっさり切断で回避出来ましたが、カーブに制限がありますの告知では済まなく全くカーブが曲がれない仕様は如何なものでしょうか?まぁ、その辺を弄るのもこの趣味の夢の様な製品が通常に手に入る此のご時世に残された工夫や工作のかすかな楽しみを踏襲させて頂いてると思いライト付きルーペ越しに粗捜しも楽しさの一つかもしれません。
  1. 2017/09/15(金) 22:27:04 |
  2. URL |
  3. PIN #-
  4. [ 編集 ]

進化

思い出せばこの「東海顔」 1970年代にGMから一体成型車体でデカ目が出てから幾星霜、ようやく決定打となる顔になりました。それだけ造形やイメージが独特なのでしょう。

最近の製品は塗装ではなく印刷のため、窓枠の内側断面に地色が残っているのが気になります。
(KATOではキハ52や西武101などの乗務員ドアが顕著)
これを塗るとなると長野色水色は調合が意外と難しく、全バラしてまでと考えると気持ちが上がりません。
ん~ 惜しい
  1. 2017/09/19(火) 19:32:19 |
  2. URL |
  3. ホビぽっぽ #FVwvSS3E
  4. [ 編集 ]

ホビぽっぽ様の言われる様に東海顔の完成形ですね、
ライトリムに目が行きがちですが、厳ついホロ枠表現をする事で115系らしくなりました。
湘南色を楽しみにしているのですが…
  1. 2017/09/20(水) 19:19:45 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/1531-7d2f06e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)