しなのさかいの駅前広場

スリーブの絵には秘密がある。

碓氷峠にPEA

おはようございます。しなのさかいです。




気が抜けたコーラのようなムードの1月が進行中です。
近所の量販店での買い物も全くなく、実にふわっとした日々が過ぎています。

そんな冬晴れの空の下で「国分寺崖線」という、地形ファンの方々には有名な場所の上に初めて立ってみました。
東京の住宅街の中に突如現れる自然の地形でして、地図からはなかなか想像できない、風光明媚な場所でした。
知っているような場所でもいろんな発見があるものです。






我が家の碓氷線廃止20年記念イベントは、年を越して21年目にスタートして、合計6両のEF63は、ようやく本線運用につきました。
パーツを付けましたよー。
前面のごちゃごちゃ感は、かつてはこのスケールでは考えられなかったものでして、デフォルトパーツで再現できるようになっているというのは幸せなことです。
「夢屋」のEF63なんていうのもありました。このロクサンを知っている世代からすれば、カトーの製品がどれだけ有り難いものかと。
それにしても夢屋のロクサン、懐かしいなあ。





茶色いEF63がいると時代がピタリと特定されて「あーあの時の盛り上がりは…」なんていうおもひで、記憶が蘇るのです。
とにかく峠を行き交うEF63はスターでした。

レイアウト工事については、第二次プラスター処理が線路際まで進んでいる様子をご覧いただいています。
下塗りをしてからバラスト工事に突入する予定で、こちらのレポートは追って。





フルリニューアル版・189系「グレードアップあさま」もようやく運用開始となりました。
昨年末まではしばらくレイアウト工事を優先させていましたから仕方がありませんね。

1997年9月に発売された「さようならあさま」が懐かしいです。
廃止まであと一週間というところにジャストタイミングで店頭に並んだ、伝説のアイテムでした。
そんな貴重品も近所の中古店ではジャンク品扱いですから。確実に時は経ちました。
2両増結セットなんて、一時中古店で2万円まで跳ね上がったように聞いています。
20年を経ての完全リニューアルは、そんなことを考えるきっかけとなりました。





14系 急行「能登」と。
「能登」は碓氷峠を登る姿でやりたかったけれど、EF62とEF63でプッシュプル運転することは難しかったようです。
アンチクライマーが必要となりそうな場面が何度かあり(?)、慌てて峠を降りる運用専用にしました。
14系「能登」についてはトミックスの編成もありますから、後日に比較してみます。





と、ここまできて「そういえば…」と思い出したのが「パノラマエクスプレスアルプス」でした。
2000年頃に奇跡的な再生産が行われたので買っていました。
購入店は山梨県にある「レールパル351」さんで、身延線を乗り鉄していたときに鰍沢口駅で途中下車して、タクシーで訪問。
アナログ的に模型店を訪問することがとても有効だった、その最後の頃です。





ジョイフルトレインとは言い得て妙で、1/150の世界でもホームに滑り込んできただけで華やぎます。
碓氷線廃止20年ということで、この列車を思い出したのは当方だけではないはず…ですよね。
今回カトーからリリースされた列車たちだけだと、どこかシステマチックで、記憶の中の風景がやや固定的でした。
チョットした変化球、「遊び方の提案」は必要なことなのです。
組み込んだ室内灯はTORMの汎用タイプです。これを使うと展望席(天窓手前)まで光らせることができますので興味のある方はお試しを。





今となっては前面のLEDに微妙な点を感じながら、それでも現在の模型として見劣りしないし、十分遊べます。
そして、実によく走るんです。

165系は2016年にフルリニューアルを遂げましたけど、この165系PEAは旧世代とはいえ旧製品の165系とは別モノですから。
カトーからはいくつかのジョイフルトレインが発売されてきました。
新製品に合わせてこうしたアイテムもプチリニューアル(再生産)されると面白いと思いました。
いずれにしろ、新製品の企画そのものが「時間と空間」をそのまま切り取れているか否か、ということなのでしょう。





うーん、やっぱり面白いです。

展望席の天窓が埋まっていない?
そういうことは別にいいのです。
でも「フジサン特急」の金型を使うのもアリでしょうか。


EF63を並べて撮影した後、どうしても陳腐さが目立つので、タミヤのAS-16スプレーで線路の間にある融雪溝に塗装を施しました(これはレイアウト作業の話)。
溝の底にもカッティングシートで施しをして、コルクボードの底面を見えないようにしてあります。

年が明けてもレイアウト工事は順調です。
それにしても、模型店での買い物が無くなりました。

ではまた。
スポンサーサイト
  1. 2018/01/18(木) 09:00:00|
  2. 鉄道模型(車両)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<第二次プラスター作業終了 | ホーム | サクッと行く、江ノ電さんぽ>>

コメント

パノラマエキスプレスアルプスの晩年タイプとして ふじさん特急の金型が使えますね!
中央線シリーズとしてチョットした変化球でアリだと思います。
我が家も189系あさまを購入しましたが、なかなか趣味活動に手が回らず棚の中でお休み中なんです、カトーのロクサンと上手く協調しないのが残念ですが、実車のようにユックリ走らせれば問題ありませんでした。
サウンドカード 抵抗車の発売が待ち遠しいですね。
ところでこの115系.117系用と云うタイトルが気になるのは何故でしょう?
  1. 2018/01/19(金) 20:42:28 |
  2. URL |
  3. 線路際の住民 #-
  4. [ 編集 ]

碓氷峠にPEAについて

おはようございます。初めましてkeio201です。いつも楽しく拝見させて頂いております。
私もこの模型を所有しており、とても気に入っております。室内灯の件は是非、参考にさせて、
頂きます。私は、ジョイフルトレインと言えばこの列車とスーパーエクスプレスレインボーの2つが
気に入っており、模型の世界で末永くは知らせたいものです。
  1. 2018/01/20(土) 04:43:01 |
  2. URL |
  3. keio201 #-
  4. [ 編集 ]

117系

線路側の住民さん

117系ですよね。
115系のカードで兼ねることができるので、単に、念のため製品名に含ませておくということではないでしょうか。
マイクロエースの100番台は窓割が違っていて残念でした。
  1. 2018/01/20(土) 21:25:09 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

PEAとSER

keio201さん

ようこそお越しくださいました。
いつもご覧いただいているとのこと。本当にありがとうございます。昨年末はややサボってしまいましたが、年明けからは通常運行に戻したいと思っています。
実はスーパーエクスプレスレインボーも紹介しようかと思っていて、しませんでした。追加でこちらにも触れましょうか。
室内灯ははめてみるとお分かりいただけると思います。片側(展望席側)の土台パーツは使わずに、座席パーツの上に乗せておくだけで安定するはずです。トライしてみてください。
  1. 2018/01/20(土) 21:33:54 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/1547-f16d8694
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)