しなのさかいの駅前広場

きのくにシーサイドがバラシ売りに

関西漂流(その1)

「20年後に見る西の世界」編からつづく)


1年に1回は関西地区を旅行していた学生時代。
その頃は、JR西日本の新快速運用に221系が投入された直後。
当方は、その国鉄時代を感じさせないスタイリッシュなデザインだけでなく、「快速」というよりは「特急」というカテゴリーに近い120Km/hによる運転に、もの凄い衝撃を受けたのでした。
さらに、モーター音が甲高く響く車内から北側を見ていると、じわじわと六甲山地が近づいてくる…。

こうした、当方にとってのJR神戸線(東海道本線)の心象風景は、足を踏み入れなくなった20年間、ずっと心の中に強く刻まれたままだったのです。

ですから、Nゲージで新快速の車両が発売されるたびに思わず手を伸ばしてしまう。
模型を手にすることで、現地に行けなくても、せめて自分の頭の中でそんな風景を再現しようと、そうし続けていたんだと思います。
鉄道模型、特にNゲージには、そうした効能があると思っています。





当たり前ではありますが、そんな心象風景を、20年の時を経て現実の世界で再生される車窓が近づいてきて、ちょっとした高揚感を覚えました。
大船あたりでは似ていても味わえない、不思議な感覚で、この風景を見ずに帰ることなど想像できません。

この後、だんだんと家並みが近づいてきて、急斜面を流れる川がいくつも見えるようになってきました。
懐かしい展開。





そして、阪急電車が並走するようになると、神戸の中心・三宮。
背景には新神戸の街並み。

通勤電車が並走するシーンは、その電車に乗っているとどこかドラマチックで、その地域の生活の断面を観察しているような、豊かな気分になります。





京都から1時間弱もお世話になった223系2000番台を見送りました。
どうでもいい話ですが、三宮の高架下にはどうやら炭火焼肉のお店があるらしく、ホームに立っているだけで、その煙で包み込まれてしまい、ブランドイメージのある神戸にしては大した歓迎方法だと(笑)
しかも、まだ日曜日の午前中なんですけど。





それから、貨物専用線が多い関東ではあまり考えられませんが、この区間は都心部の繁華街であるにもかかわらず貨物列車が往来しています。

この日もこうしてEF210-305が、無動力のEF210を次位に連結して走り去っていきました(立場が逆のような気もするけれどこれでいいんですかね)。
東京に置き換えるとすれば、日中の有楽町や新橋のあたりを走り抜けている感じ、でしょうか。
とにかく似ていて異質。







ちょっとだけ改札の外に出て、開店時刻を迎えたばかりのホビーランドぽち・神戸店を強行偵察。
「ぽち」の取扱品にも地域のカラーが出ていて、見ていて面白いなと思いました。
特に、事業者限定「鉄道コレクション」は、店舗ごとに違うモノが山積みになっていて、「熱が冷めて弾け飛んだ方がこの地方にもいらっしゃるのね」という生暖かい目で見てしまったり。
こういうところも地域観察のポイントでしょう。





それにしても、六甲山地を背景に、ひっきりなしにコンテナ列車が行きかう姿が気になって気になって。
山、繁華街、そして長大な高速コンテナ列車。
関東の者にとってはどう見てもアンバランスであり、新鮮な風景です。

できればこんな中にEF210が走る姿を撮影したかったのですが、あいにく時間切れでした(ここで撮影のために粘っていては、旅でなくなってしまいますので)。
まずは、こちらの地域全体を見ることが今回の旅の第一の目的ですから。







「明日も来ることだし」と思い直して打ち切り、再びJR神戸線へ乗り込みました。





運転台にある表示器、カッコいいな。
同じモノをチャリンコに付けて街をかっ飛ばしたいです。







再び新快速に乗って尼崎まで戻りました。
尼崎駅ホームにぶら下がる「尼崎」の看板は、JR神戸線、JR宝塚線、JR東西線の3色そろい踏みで、一度見てみたかった物件。
ちょっとした名所、ですよね。





ここからJR東西線に乗り換えて、終点である京都府の木津(といってもほとんど奈良)まで漂流することにしました。
20年前に関西を訪れたときは既に開業していたものの、乗ることなく帰ってしまったので、学研都市線(片町線)を含めて今回が初乗車です。
Nゲージの世界で「片町線」というと、オレンジバーミリオンの73形電車だったりするので、そんな固定観念も払拭しなければなりません。
そんなことも狙い。


ところで、JR東西線は、開業までの長い間は「片福連絡線」と呼ばれていました。
片町と福島とをバイパスするから「片福」。
その片町駅も消えて(大阪城北詰駅に代わって)から20年が経ちました。
そんな経緯を知る人もだんだん少なくなっているのでしょう。
「片町駅」と「湊町駅」の存在は、子どもの時は本当に謎でした。

それにしても、尼崎から奈良方面へ一気に移動できるなんて素晴らしいです。
この発想はどことなく関東風で。





乗り込んだのは207系のリニューアル車。
パッと見、207系とは気づかなくて、これはなんだろうと2秒ほど考えてしまい。
まだ初日であり、JR西日本の車両に触れただけなのに、走る電車が実に多様で、頭は大混乱。
国鉄が解体して、各社で独自の車両を持つようになったのですから、そりゃそうなのですが。

というわけで、尼崎からは地下に潜ったのでした。


(つづきまーす)
スポンサーサイト
  1. 2018/03/05(月) 20:00:00|
  2. 鉄道旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<関西漂流(その2) | ホーム | 20年後に見る西の世界>>

コメント

ブランク

私の関西の思い出はいまだに153系新快速の合間に青い103系が全力疾走、かろうじて117系が引っかかるという「いにしえ」です。
関西に行ってないわけではないのですが、印象としてはそこで止まっています。

記事にアップされた事柄、私も異文化のようでいて親近感のある不思議な感覚がありました。それでいてなぜか心地よいこの距離感、なんなのでしょうね。

京都には学生の修学旅行では理解できなかった、日本人の原点のような要素が埋もれていて、大人になってから行くとその良さに気付くところがあるように思います。
続きも楽しみです。
  1. 2018/03/05(月) 22:04:48 |
  2. URL |
  3. ホビぽっぽ #sowQq82.
  4. [ 編集 ]

修学旅行のやり直し

ホビぽっぽさん

正にその通りで、本文には書きませんでしたが、学生時代に関西方面にハマった理由は、高校卒業時に、ケガで修学旅行に行けなかった友人と二人で修学旅行をやり直したことがキッカケとなったからなんです。
1年後に再び訪れると、実に気づくことが多く、それは東京とは似ていて非なるモノがたくさんあるということでした。今から思えば、地域の暮らし方への興味と憧れという志向、それを求める旅のスタイルの原点ではなかったかと。
ですから、京都も寺社仏閣だけでなく、細かい路地を歩くことにも強い視点を持つようになり、それには郵便局巡りという使命も重なっていたりします。
観光とは異質なモノを感じること。大雑把でもそんな定義があれば、なんだって光る石ころになるのでしょう。
ご期待に添える内容となるか不安ですが、この旅の全容をご紹介することを一つの使命として、駄文を打ち続けますので、よろしくお付き合いください。
  1. 2018/03/05(月) 22:40:40 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

私のホームグラウンドへようこそ。(^-^
どこで撮ってる写真か、サラッと言えますよ。

焼肉屋ありますあります。
そのひとつが、思いっきり火事だしてましたが。爆

今日普通に横断歩道も渡ってましたよ。
そごうの前、新神戸トンネルの表示のある写真のところ。

先月末で南側のホテルの建物に入っている、37年営業したOPAが閉鎖になってしまいました。
解体されて建て替えだそうですが。
阪急からポートライナーへの動線が非常に厳しくなりそうです。
ポートライナーも三宮駅は1981年から基本的に変わってないんですよね。
思えば凄いことかも。
  1. 2018/03/06(火) 01:25:08 |
  2. URL |
  3. Mu #R5EkgtWQ
  4. [ 編集 ]

三宮の煙とにおい

Muさん

どうもです。
そうでしたか、そちらのホームグラウンドに足を踏み入れてしまったのですね。これは迂闊なことは言えません。気を引き締めて書かねば(笑)
でも、三宮駅のホームの煙とにおいを理解してくださる方がいて良かったです。あれはちょっとやり過ぎというか、いっそのこと鷹取工場の集煙装置を取り付けた方がいいと思います。

変わる景色もあれば変わらない景色もあるわけで、今回、そうした点をいろいろと(特に2日目に)見させていただきました。生活する上では不便かもしれませんが、坂のある街って魅力的です。
今後ともお手柔らかに!
  1. 2018/03/06(火) 22:57:23 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

おおっ。と思ってつい書いてしまいました。
何度か書き込みもしていましたので、繋がりがあるとなんだか嬉しいです。
私も客先納入で、羽村に通っていたことを書きましたから。逆だなと。
何人かで更新されているとのことでしたから、ごっちゃになっているかもしれません。

神戸の坂、凄くきついですけれどまだ可愛いものです。
芦屋の辺りなんてすさまじいです。どうやって舗装するんだろうとか。

神戸は海側山側で通用しますが、他ではあまり言いませんね。

三宮駅は貨物列車、普通に通過しますね。
根岸線でいきなりEF65がタキ牽いてくるようなものかと思いますよ。
ちなみに大阪駅には現れませんが、京都駅も通過しますよ。

EF210-300 番台は、セノハチ用ですが吹田に配置ですしガンガン本務機で走ってます。

  1. 2018/03/07(水) 00:18:37 |
  2. URL |
  3. Mu #auyQKGwQ
  4. [ 編集 ]

芦屋

Muさん

芦屋の坂はそんなに大変なのですかー。
一度、三宮と同じように芦屋のイメージというものを体感したみたいと思っているのですが(高級なイメージがありますから)、その取っ掛かり、どこへ行って体感すればいいのかわからなくて未だに未知の領域です。そのうちに…(笑)

押し太郎、ちょっと興味が湧いてきました。カトーから製品化されるのを待つこととします。
  1. 2018/03/07(水) 23:10:37 |
  2. URL |
  3. しなのさかい #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinanosakai.blog100.fc2.com/tb.php/1555-ebd4e6c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)